エッセイ 介護士の動機

あったらいいのに。介護施設併設のドッグカフェを開業したい。

投稿日:2017年3月20日 更新日:

保護犬の居るドッグカフェがあったらいいのになあと思い、今日は書いてみようと思います。

高齢者住宅&若年ひきこもり(もしくは自立度の高い障害者)住宅&LGBT独居中年住宅に併設されるドッグカフェwithドッグラン。

介護施設に併設するドッグカフェというものを始めるのにはどのような資格や知識が必要になるのでしょうか。

高齢者のグループホームと障害者のグループホームを掛け持ちで働くパートタイマー介護士の戯言としてお読みいただければと思います。

カフェを開業するのに必要な資格とは。

  • 食品衛生責任者(1店舗に一人必ず必要)
  • 防火管理者(店内の収容人数が30人を越える場合)
  • 調理師免許(なくても開業可)

カフェを開業するのに絶対必要な資格というのは、食品衛生責任者だけなんですね。各都道府県が実施する、食品衛生責任者養成講習を丸1日受講するだけで取得できるのでわりと敷居は低い。

 

ドッグカフェを開業するためには。

ドッグカフェに必要な資格

あったほうがいい資格

  • ドッグトレーナー
  • アニマルセラピスト
  • トリマー

参考ケイコとマナブ.net

愛玩動物飼育管理士の資格は動物取扱責任者として登録するのに必要になります。それ以外の資格は絶対に必要ではありませんが、あったほうが有利になると思います。

どちらかというと、私は猫カフェのようなドッグカフェをイメージしています。お客さんが犬を連れてくるというよりは、店内に犬がいるカフェ。犬カフェ?

あるもんですねぇ。

そう、こちらのようなお店を私もやってみたい。いぬかふぇまいら行ってみたい!

 

地域で開催される認知症カフェや講演会場として場所を提供する

少しだけ市の相談員をやっていたので知っているのですが、地域の方に向けて役所は講演会などを積極的に行っているんですね。講師にも会場にも支払う予算がちゃんと出ているんです。ドッグカフェを貸して、講演会などに利用してもらうのもいいかなと思います。

 

ドッグカフェが施設入所者の食堂となる

併設する高齢者や障害者が食事をする食堂として兼用する。住民の食事は基本カフェでする。

こちらから出向いて状況確認するのではなく、朝・昼・晩と食堂へ出てきてもらうことで確認をする。

日中は居住者の高齢者や若者にボランティアとして手伝ってもらう。

 

開かれた空間にするために

地域にある福祉施設の外出援助でも利用してもらいたいので、料金は安く設定する。飲み物のみでセルフサービスにしてもいいかもしれない。

地域にあるケーキ屋さんや和菓子屋さんの協力を得て、お店の宣伝を行うことを条件に、試供品として提携をお願いするのもありなんじゃないでしょうか。「おいしかったらお店で買ってね!お店はこちら〇△□」な感じで。

 

何よりもお金がいる

あとは、資金の調達と経営センスが必要でしょう。地域住民の憩いの場所として提供したいので赤字にならなければいいと私は考えているが、金儲けのできない事業に協力したいと思う人はいないでしょう。店舗を構える資金の調達のハードルが高い。なんせ今の私はパートタイマー介護士・・・

ドッグカフェの経営に寄付を募ることは可能なのでしょうか・・・

「ドッグカフェ 寄付」よし今度調べてみよう。

ひきこもりと高齢者が暮らす家
ひきこもりのブロガーが管理する高齢者向け住宅があってもいいと思う。

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。
限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、「あの時しておけばよかった。」と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-エッセイ, 介護士の動機

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.