エッセイ 少額寄付

ワンだふるサポーターになりました。

投稿日:2017年11月25日 更新日:

ブログ開設当初の目標だった、ピースワンコジャパンのワンだふるサポーターにようやくなりました。

たった月1000円の少額寄付ですが、寄付するよりも、愛犬のペット保険に加入したほうがいいんじゃないかとか、色々思うことはありました。

ピースワンコジャパンの評判について調べていると活動を批判する内容のものも見られ迷いました。

けれど、「ああしたい。こうしたい。」と心に思うだけの物事をひとつでも実現するのが今の私には必要。

 

ピースワンコ・ジャパンとは。

ピースワンコジャパンは、

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンが運営する団体。

広島県神石高原町に、神石高原シェルターがあり、

広島・湘南・世田谷・福山に譲渡センターがあります。

 

各譲渡センターについて

譲渡センターでは、神石高原町で保護されている犬から5~10頭が連れてこられ、里親希望の方に保護犬の特徴や性格などを紹介しています。

 

ピースワンコジャパン活動内容

殺処分ゼロチャレンジ

  • 動物愛護センターに保護された犬猫を引き取きとる保護活動。
  • 新たな里親を探す譲渡活動。
  • 目標は、東京オリンピックが開かれる2020年までに全国の犬の殺処分ゼロを達成すること。

災害救助・セラピー犬の育成

  • 保護された犬の個性や適性を観察し、災害救助犬やセラピー犬として育成をする。

犬と愛犬家の楽園創り

  • 人とのふれあいの場として、ドッグランやドッグカフェを運営。

 

ピースワンコジャパンの評判。

2017年5月10日発売『週刊新潮』ピースワンコ・ジャパン事業に関する記事掲載がありました。

【お知らせ】『週刊新潮』5月10日発売号の記事について」で、「殺処分ゼロ」がゼロではなかったこと、保護犬の増加にともなう飼育環境の劣悪化の疑い、保護犬に不妊去勢手術をしていないこと、について説明をしています。

殺処分がゼロではないことについては、病気や怪我で助からないと判断された犬・猫が、安楽死されていることを認めています。

飼育環境については、現在1200頭余りの犬を飼育するのに、約50人の専属スタッフと1日平均10人前後のボランティアが従事しており、犬舎等の清掃は外部に委託している。犬舎施設は約2000平米、敷地は4万平米以上の広さがあり、檻に入れて世話をしているわけではないとのこと。

不妊去勢手術をしないのは、シーズン中の雌犬を隔離することで繁殖制限ができているから。犬が施設に来た時点で妊娠している場合の中絶・堕胎はしていないため仔犬が生まれることはある。猫についてはコントロールが難しいため不妊去勢を優先しているとのこと。

 

遊びに行っても楽しそうな神石高原シェルター。

ピースワンコジャパンのパートナー施設として、神石高原シェルターに併設オープンした体験型観光施設「神石高原ティアガルテン」。

大きなドッグラン、宿泊施設、レストランがあり、犬連れ旅行にぜひ行ってみたいと思いました。

ドッグラン

https://jinsekikogen.com/dogrun/

ご利用時間9:00〜17:00(夏季〜18:00)
定休日水曜日
料金
ドッグランのみを利用する場合
1頭:850円/2頭目以降:500円(回数券あり)
料金
ティアガルテンを利用する場合
愛犬の入園料(200円=3ヶ月有効)が1頭無料

  • ドッグラン利用の方に「愛犬3ヶ月入園パス引換え券」をお渡しします。
  • 飼い主は入園料(500円=3ヶ月有効)が必要。

ドッグラン以外にも沢山のアクティビティを体験することができます。牛や馬、ヤギとのふれあい牧場、地元の有機野菜などを味わえるカフェやモバイルショップ、保護犬たちの世話を体験できる施設、木々の間で遊び回れるツリーデッキ、ツリーライブラリーなどがあります。

参考神石高原ティアガルテン

 

ピースワンコジャパンの活動を支援する。

ワンだふるサポーター

月額1000円からの継続的な寄付で、ピースワンコ・ジャパンの活動を支援するプログラム。寄付は、保護した犬の新しい飼い主が見つかるまでの飼育費(食事代、医療費など)や災害救助犬・セラピー犬の育成などに使われます。サポーターには年3回のニュースレターが届きます。

 

 

ワンだふるファミリー

月額3000円からの継続的な寄付。シェルターに保護されてからも、長い間、家族に恵まれない犬がいます。そんな犬たちを遠方から家族として支える会員制度。サポーターにはニュースレターや誕生日カードが届くほか、ブログを通してワンコからの近況報告が届きます。

 

 

ふるさと納税

ピースワンコ・ジャパンの施設がある広島県神石高原町にふるさと納税(寄付)をすることで、殺処分ゼロを応援。寄付額のうち2000円を除いた額が所得税や住民税から差し引かれ、さらにピースワンコジャパンからお礼の品が届きます。5000円以下はシールとお礼状、1万円以上で返礼品あり。

 

今回のみ支援する

一口1000円からクレジットカード、銀行振込、郵便振込で寄付することができます。

 

 

チャリティグッズを購入する

ピースウィンズ・ショップは国際協力NGO ピースウィンズ・ジャパンが運営するオンラインショップ。
エシカルグッズの販売収益は、フェアトレードの豆の買取や、ピースウィンズ・ジャパンの活動に役立てられます。

 

 

遺贈寄付

遺言書を作って遺産を寄付することを遺贈といいます。犬や猫を残して飼い主が亡くなった場合に、ピースワンコジャパンが引き取ってくれます。

 

 

 

ワンだふるサポーターになったわけ。

犬は大好きですし殺処分は減ってほしいけれど、正直私が寄付する理由は犬のためではなく、自分のお金の使い方を変えたいだけです。

お金なんてのはいくらあってもそれに合わせて欲しい物も増えるだけだし、余ることなんてありません。

お金が余るのを待っていたら、いつまで経っても寄付なんてできません。そんなわけで少額寄付をはじめたのですが。

寄付について調べていると、本来なら税金として持っていかれるお金を寄付に充てることができるのを知り、お金持ちが寄付する理由がわかったりもして。寄付の節税効果についてはいつか記事にしたいと思っています。

そして今回、前から疑問だった、保護犬活動の広告費用にお金を使っているのかどうか、のヒントになりそうな一文(※ご寄付額の最大15%を事務所の管理運営費、広報や提言活動のための費用などに活用させていただいています。ご了承ください。)を見つけることもできました。この辺は私自身の活動に活かしたいと思います。

 

bremen
500円からできる寄付。SEKAI NO OWARIが掲げる動物殺処分ゼロ活動支援プロジェクト「ブレーメン」

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。
限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、「あの時しておけばよかった。」と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-エッセイ, 少額寄付

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.