ひとり旅 国内一人旅 奈良ひとり旅 関西東海

室生龍穴神社は龍神の息が届きそう|奈良県宇陀市

投稿日:2017年11月17日 更新日:

最近神社に呼ばれない・・・

そろそろ何か縁がないものか。

秋なので紅葉狩りを兼ねてどこかへ行こうと、無理やり探し始めてみました。

近場で穴場な紅葉スポットとして私が最初に目を付けたのは、「室生寺」でした。

室生寺と私との間に何か縁を感じれるものがないか調べているうちに、たどり着いたのが「龍穴神社」。

ピンとくるものがあったので、目的を「龍穴神社」に変更し行ってまいりました。

2017年11月の記録です。

 

隠れたパワースポット龍穴神社。

ピンときたのは、この前に「龍王ヶ渕」へ行ったからかもしれません。

龍王ヶ渕へ行った時には、「木」に良い気を感じているのではないかと自己分析していました。

しかし熊野古道へ行ってみると、木々が逆に気持ち悪かった。

先日伊勢志摩エバーグレイズに行ったのですが、そこにあった湖を眺めていると気分が良く、そういえば龍王ヶ渕には池があったなと思い出していました。

今回ピンときたのは、きっと頭の中に「龍王ヶ渕」があったからでしょう。

龍つながり。

 

連理の杉(夫婦杉)

奥まで歩いてみます。すごいパワーを感じてたびたび訪れる人もいるみたいですが、私にはわかりませんでした。よくある神社って感じ。

スピリチュアルな方たちの間では、結構有名でわざわざツアーを組んで訪れる方もいるようです。

久しぶりに早起きしたら日差しが眩しいこと。

 

なんだかすごそうな龍の神。

龍とは神仏では一体何を象徴するものなのか。

弁財天の化身ともいわれている龍神。

神社では、龍は雨乞いをする民に「水」をもたらす神として祀られています。

さらに龍神について調べてみると、スピリチュアルなものがわんさか。

私にはまだ早い世界。

スピリチュアルなところまでいくと、人にも水とか風とか属性があるらしいのですが、その辺は今後のお楽しみに置いておくことにします。自然の流れでまたたどり着いたその時には、より深く意味を探ることにしましょう。

 

龍穴神社から少し離れたところに、「天の岩戸」と「龍穴」があります。

案内図の赤色の道。

山道ですが車で行くことができます。

 

天の岩戸。

ところどころ穴の開いたガタガタ山道を走ると見えてきました。

天岩戸あまのいわととは

太陽神である天照大神が隠れ、世界が真っ暗になった岩戸隠れの伝説の舞台である。
天岩戸/wikipedia

「天照大神」ってどこかで目にした言葉だと思って調べてみました。

天照大神は、太陽を神格化した神とされる。
天照大神/wikipedia

天照大神を祀る神社のひとつとして、前に参拝した瀧原宮神社の名前がありました。

神社はすべて何かしら繋がりがあるものなんでしょうか。

縁を感じて喜んでいますが、私が無知なだけかもしれません。

 

龍神が潜む竜穴(奥宮)。

天の岩戸からさらに少し上ったところに龍穴はあります。

階段をおりていきます。

拝殿が見えてきました。その奥に竜穴はあります。

そんな大きくはない穴です。

その前を流れる招雨瀑しょううばく。この日は水量が少なかった。

本格的なカメラを持って撮影にきている方がいたので、私はささっと写真を撮って帰ってきました。

現地では特に感じるものはありませんでした。

が、この記事を書きながら調べていると、

天照大神は太陽の神・・・

そういえばこの日はとんでもなく眩しかった。

妄想が捗る。

 

室生龍穴神社の基本情報

電話0745-93-2177

御朱印をもらうには事前連絡が必要です。

駐車場なし(路肩に駐車可能)
カーナビマップコード入力:
公式ページをチェック  龍穴神社/宇陀市観光協会情報サイト

 

 

犬と参拝!奈良県吉野山の吉水神社で健康祈願と犬用お守りを授かる。
犬と参拝!奈良県吉野山の吉水神社で健康祈願と犬用お守りを授かる。

続きを見る

奈良県宇陀市にある廃校カフェ!ワールドメイプルパーク「Cafeカエデ」で給食ランチはどう?

続きを見る

美しい水鏡と神秘的な空気を纏う龍王ヶ渕|奈良県宇陀市
美しい水鏡と神秘的な空気を纏う龍王ヶ渕|奈良県宇陀市
車で行く熊野古道一人旅。初心者おすすめルートを歩いてきました。
才知の神。天河大辨財天にブログ繁栄を願い事|奈良県吉野郡天川村

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。
限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、「あの時しておけばよかった。」と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-ひとり旅, 国内一人旅, 奈良ひとり旅, 関西東海
-

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.