犬が教えてくれたこと

犬との出会いと別れが教えてくれたこと。

2016年10月19日

toypoodle

犬と出会う。

心身ともに疲れて仕事を辞めてしまった私には時間だけがありました。

とにかく癒しを求めていた私に「仔犬飼わない?」と声がかかりました。大きく育ちそうだったり、マズルや手足が長くなりそうだったりで、お安くなったトイプードル。私にお似合いでした。

命あるものだからそんな簡単には決められず、時間をかけて犬の飼い方を調べました。

「躾が大変。」

じゅうぶんに躾に付き合う時間はある。

「病気をしたらお金がかかる。」

金銭面にはやや問題あり。

今まで自分を飾るために使っていたお金を回すことでなんとかしようと決心しました。

そしてやってきたのは生後2か月のトイプードル。

犬を飼い始めてから「表情が変わったね。」と人から言われるほどに生活は一変しました。

犬を飼ったことで、一万円だった靴が千円になってしまいました。けれど、値段が違うだけで靴が履けなくなったわけじゃありません。今の世の中よほどのことが起きないかぎり失うものはありません。

そして気づきました。

「高い金額のものを手にすることが幸せ。」といった、世間一般の常識に振り回されなければ、小さな幸せをより多く感じられることに。

 

犬と別れる。

私が小学二年生のときに親が連れてきた、白黒の毛が混じったふわふわのシーズー犬。

そこから私はシーズー犬を本当の兄弟のように思って過ごしていました。

本気で噛み返されることもあって本当は嫌われていたのかもしれないけど家族の一員でした。

私が大人になって一緒に過ごす時間は少なくなっていましたが、虹の橋を渡る時は必ずそばにいるとずっと決めていました。

そう決めていたのに、あの日の私は今にも息絶えそうな相棒を置いていつものように出勤しました。

家に帰ると十七年間一緒に暮らしたシーズー犬はもう居ませんでした。見たら悲しむだろうと親がすでに焼き場に連れて行っていました。

世間体を気にしてしまいました。祖父母を亡くすよりつらいことだったのに。最後はそばにいようとずっと心に決めていたことを簡単になかったことにしました。「ペットの死くらいで仕事を休んじゃいけない」という考えが普通だと知っていたから。

シーズー犬との別れをきっかけに、介護士の私は「自分の生活よりも利用者を優先することが介護士として本当に素晴らしいことなのだろうか?」と疑問を抱くようになりました。

どちらかを取らなければならない時、亡くなりそうな愛犬のそばにいることを選べる人間のほうが、介護士として正しいのではないか。

大切なものを大切にできてこそ、利用者のこともそれなり大切にできるのではないかと。

 

家族を大切にできない人間が他人を大切になんてできない。

犬との出会いと別れが教えてくれたこと。

愛犬を飼い始めて1年半が経ち見た目は立派な成犬になりました。

毎朝私が目覚めると、久しぶりに会ったかのように喜こんでくれます。だから私も毎日を新鮮なものにしてあげたいと思う。

これから10年は一緒にいてくれるだろうから、少しでも多くそばにいれる時間を作りたい。

また同じことを繰り返さないよう、家族を大事にできない人間が他人を大事になんてできないと自分に言い聞かせて。

今は犬のそばで過ごす生活をどうやったら実現できるか考えています。セラピードッグだったら一緒に仕事できるかもしれないな。

 

-犬が教えてくれたこと

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.