旅行 日本 沖縄県

沖縄離島の伊江島を本島から日帰り観光。青い空と海にやられる。

投稿日:2018年7月7日 更新日:

沖縄北部に位置する、沖縄の離島のひとつ、伊江島。

沖縄本島から出ている船に乗って30分で行けるので、本島観光の合間に寄ることができるアクセスの良い観光スポットです。

今回は、レンタサイクルを借りて伊江島を日帰り観光してきました。

ちょうど梅雨明けした6月末の沖縄。

記事内で使用している画像は一切加工していませんので、

写真の上手な方が伊江島を訪れれば、きっと映える写真が撮れると思います。

 

伊江島へは本部港から出ているフェリーで片道30分。

伊江島へのフェリー運賃は往復で、1,370円でした。

所要時間は30分。

私は朝9時の船に乗り、午後1時の船に乗って帰ってきました。

伊江島での滞在時間は3時間半。

レンタサイクルでの観光は正直忙しなかったです。

伊江島1周できませんでした。

島の隅々まで見てまわりたいならバイクか車を借りることをおすすめします。

 

伊江島フェリー運航時刻表

車を乗せて行くこともできます。

 

フェリーの出ている本部港は、美ら海水族館の近くにあります。

本部港フェリーターミナルの駐車場は無料です。

 

本部港から伊江島へ

朝9時、本部港から出る始発便に乗船。

車がいっぱい停まっている所が駐車場です。

駐車場にレンタカーを置いて出発。

沖縄本島としばしお別れ。

エアコンの効いた船内の席もありましたが、デッキで過ごすことに。

本島から瀬底島へつながる道路。

伊江島が見えてきました。

伊江島に到着。

 

伊江島をレンタサイクルで観光。

伊江港ターミナルを抜けると向かいにタマレンタ企画があったので、そちらで自転車を借りました。

レンタサイクルは24時間の利用で1,000円でした。

原付バイクだと24時間3,500円、5時間までなら1時間800円。

軽自動車だと6時間3,500円。

軽自動車を借りれば良かったかな。

ママチャリです。カギはしなくていいとのことでした。

竹富島の倍以上あるんじゃないかな。

思ってたより広い。

中心地から離れるとほとんどお店がありません。

伊江島ターミナルから自転車で5分くらいの所にファミリマートがあったので、飲み物を買って行きました。

 

ニャティア洞

道は整備されているので自転車でも走りやすいけれど、

緩やかな勾配があって普段運動をしない私にはキツイ。

伝説の地ニヤテイヤ

古来から子授け神として崇められている、「ビジル石」がある。

ビジル石を持ち上げ軽いと感じれば女の子、重いと感じれば男の子だと云い伝えられている。

洞窟みたいなところです。

そういえば浜比嘉島で寄ったシルミチューも子授けに縁がある場所でした。

子供でも授かるんかな…

洞窟から見えた海がキレイだったのでビーチへ。

GIビーチ

ニヤテイヤ洞の近くにGIビーチはあります。

砂浜はそれほどキレイじゃないけど、透き通っていて青い海。

今年もビルケンのサンダルで来ました。

伊江島に来られる方は日焼け対策をしっかりしておきましょう。

自転車で移動している間、日陰がほとんどなく、直射日光がもろに当たります。

ちょっと日焼けしておこうと企んでいた私でしたが、

もう日焼けは満足と思ってからも太陽に晒され続けることになり、

最終的に軽い火傷をしてしまいました…

この時は、海をひとり占めできて大変満足していましたが、

翌日、私の焼けた腕を見た店のおばちゃんから、「内地の人はそういう失敗するんだよ。沖縄の人は日が暮れてからしか海へいかないよ~。」と言われ、ビーチに人がいない理由がわかりました。

 

ゴヘズ洞穴

日陰に入れる場所を探していると目に飛び込んできた「ゴヘズ洞穴」という看板。

穴は涼しいに違いないと思い目指すことに。

間違いなく目の前に穴があるけれど、フェンスで囲まれていて入れません。

穴に入りたい私に、穴を見せつけるなんて。

しばらく穴を覗きました。

穴は広いようです。

覗いていても仕方ないので、別のスポットへ。

 

湧出

せっかく来たので湧出わじいも寄ることに。

展望台があって、ここにはトイレと自動販売機がありました。

水が湧き出ていて、今も飲料水として使用されているそうです。

スロープがあるので車いすの方も大丈夫です。

見下ろすと車が停まっていて人がいたので、どこかから下に降りれるみたい。

どこから水が湧いているのかわかりませんが良い眺め。

 

城山(タッチュー)

最後にタッチューを目指します。

小さい山ですが、島の中で一番背が高い。

広い空に視界からはみでるくらい長い飛行機雲。

タッチューへ向かう坂道が自転車だと大変でした。

ハンドルを握っていたので、手の甲が日焼けして真っ赤に。

城山登山口前にお店があったのでさんぴん茶買ってクールダウン。

駐車場もあります。

自転車をおいてタッチューを登ります。

日陰なのが有難い。

途中から階段に。

一段一段が大きくて、腿上げ運動しているような気分。

10分くらいで頂上へ出ました。

しゃがみこんで日に照らされながらボーっと景色を眺める。

「すみません。」と声を掛けられ振り向くと、

韓国の方がいて、写真撮影をお願いされました。

来月韓国へ行くので何か一言でも韓国語で話したかったのに、

何一つ言葉が思い浮かばず。撮ってあげて「カムサハムニダ」じゃないしなとか、

そんな事を考えていたので、肝心の写真のほうをちゃんと撮ったのか覚えておらず。

記念の写真大丈夫だったでしょうか…

青い空と青い海。

日差しはしばらく勘弁と思えるほど満喫したので、

本部港へ向かう13時のフェリーに乗り込み伊江島とお別れ。

 

 

歩き疲れない&雨に濡れても大丈夫なサンダル!ビルケンシュトックのアリゾナEVAをレビュー。
歩き疲れない&雨に濡れても大丈夫なサンダル!ビルケンシュトックのアリゾナEVAをレビュー。

続きを見る

旅行 日本 沖縄県

沖縄観光の穴場スポット!ふれあい動物園「ネオパークオキナワ」で鳥に囲まれる!

一人旅をしていると触れ合いを欲することがあります。 そんな時は、出会いを求めて夜の街にでも繰り出せばいいのですが、 私の場合はふれあい動物園。 沖縄一人旅中の私は、名護市にあるふれあえる動物園ネオパークオキナワを訪れました。 ネオパークオキナワは名護市にあるので、美ら海水族館からもアクセスしやすく、動物好きの人ならけっこう楽しめる沖縄観光の穴場スポットです。   ふれあえる動物園「ネオパークオキナワ」。 入園料:大人660円(ふれあい広場・国際種保存研究センターへの入場はそれぞれ別に300円が必 ...

ReadMore

旅行 日本 沖縄県

沖縄離島の伊江島を本島から日帰り観光。青い空と海にやられる。

沖縄北部に位置する、沖縄の離島のひとつ、伊江島。 沖縄本島から出ている船に乗って30分で行けるので、本島観光の合間に寄ることができるアクセスの良い観光スポットです。 今回は、レンタサイクルを借りて伊江島を日帰り観光してきました。 ちょうど梅雨明けした6月末の沖縄。 記事内で使用している画像は一切加工していませんので、 写真の上手な方が伊江島を訪れれば、きっと映える写真が撮れると思います。   伊江島へは本部港から出ているフェリーで片道30分。 伊江島へのフェリー運賃は往復で、1,370円でした。 ...

ReadMore

旅行 日本 沖縄県

ラジェントホテル沖縄北谷に宿泊レビュー。2018年6月オープン!

2018年6月、沖縄本島中部の北谷町に、新しく出来たラジェントホテル沖縄北谷に宿泊してきました。 人気の観光スポット、アメリカンビレッジへ歩いて行ける距離にあります。 リゾートホテルとビジネスホテルの間をとったようなホテルで、一人旅で利用しても落ち着いて過ごすことができました。新しいホテルなので海外からの団体利用客が少なかったです。   ラジェントホテル沖縄北谷に宿泊。 ホテルでチェックインをお願いすると、「予約していただいたお部屋よりも広いお部屋を用意しております。」と言ってくださり、アップグ ...

ReadMore

旅行 日本 沖縄県

沖縄ソーキそば「すーまぬめぇ」は店選びに失敗したくない人におすすめ。

那覇空港に着いてレンタカーを借りて、朝から何も食べていなかったので昼食をとりにいくことに。 那覇市にある「すーまぬめぇ」で沖縄ソーキそばをいただきました。 味よし雰囲気よしで、沖縄についてまず始めに食事するのにおすすめのお店です。 沖縄本島中部へ向かう私も高速道路に乗る前に寄れる場所にあって助かりました。   那覇空港から車で約20分「すーまぬめぇ」。 予定が決まっていない方も、とりあえず「すーまぬめぇ」へ行って食事をしながら、次どこへ行こうか予定を立ててもいいと思います。南部はちょっと遠くなり ...

ReadMore

沖縄中部から北部を一人旅!定番から穴場の観光スポットを巡るプラン。

旅行 日本 沖縄県

沖縄中部から北部を一人旅!定番から穴場の観光スポットを巡るプラン。

沖縄一人旅の計画です。 まだまだ知らないところが色々ありそうな、沖縄本島中部から北部の人気観光スポットから穴場までレンタカーで巡るプランを計画しました。 沖縄本島中部(うるま市・沖縄市・読谷よみたん村・嘉手納かでな町・北谷ちゃたん町・北中城きたなかぐすく村・中城なかぐすく村・西原にしはら町・宜野湾ぎのわん市・浦添うらそえ市) 沖縄本島北部(伊平屋いへや村・伊是名いぜな村・国頭くにがみ村・今帰仁なきじん村・本部もとぶ町・伊江いえ村・大宜味おおぎみ村・東ひがし村・名護なご市・金武きん町・宜野座ぎのざ村・恩納お ...

ReadMore





!トラベルグッズ

愛用しているトラベルグッズはこちら

トラベルグッズ 持ち物

丈夫なエコバッグはこれ!レジカゴ型の「Leeマーケットバッグ」!

丈夫なエコバッグをお探しの方に、「Leeマーケットバッグ」をご紹介します。 「Leeマーケットバッグ」は、レジカゴサイズのエコバッグ。 レジカゴ型エコバッグの便利さを知らずに、一般的なよくあるレジ袋型のエコバッグを使用されている方も多いのではないでしょうか。特に男性は。 レジカゴ型のエコバッグをもっていると、スーパーで買い物をしたときに、商品を袋詰めする手間が省けてものすごく便利なんですよ。 今もレジカゴバッグを使っているのですが、5年から10年近く使用しているので、劣化もしているのでいい加減買い替えたく ...

ReadMore

トラベルグッズ 持ち物

スマホからコンデジへ!私がLUMIX LX100Ⅱを購入した理由。

今までブログに使う写真はスマホのカメラで撮影していましたが、パナソニックのコンデジ、LUMIX LX100Ⅱ(DC-LX100M2)を買ってしまいました。 「今の時代、スマホで十分キレイな写真がとれるのにコンデジなんている?」 「10万円以上するカメラを買うのなら他に選択肢があったんじゃない?」 なんて思われる方もいるのではないでしょうか。 そういう意見は実際にあって、目にすると本当に買って良かったのだろうかと不安になってくるところがあります。なので、 私がLUMIX LX100Ⅱを購入した理由を自分を納 ...

ReadMore

トラベルグッズ 持ち物

LCCに機内持ち込みできる最大サイズのリュックCabinZeroをレビュー。

LCCを利用するときに気を付けたいのが荷物の量。 LCCでは機内持ち込みできない荷物を預けると別料金が発生します。 荷物を減らすのが基本ですが、冬場や旅行期間が長くなるとどうしても荷物が増えてしまうので、機内に手荷物として持ち込み可能な最大サイズのバッグを探してみました。 小型のキャリーバッグはよく見かけるのですが、移動中に手を塞がれるのが嫌なので、背中に背負えるリュックタイプでデザインがタウンユース寄りのものとして見つけたのが、「Cabin Zero(キャビンゼロ)」のバックパックです。 機能性とデザイ ...

ReadMore

トラベルグッズ 持ち物

H.I.Sモバイル「変なSIM」の設定方法。デュアルシム端末で実際に使ってみた。

海外へ行くならどうしても試してみたかった、H.I.Sモバイルの「変なSIM」。 先日の韓国旅行で実際に使ってみたのでご紹介したいと思います。 私が普段使用しているデュアルSIM端末で「変なSIM」を使った設定方法について書いています。   H.I.Sモバイル「変なSIM」? H.I.Sモバイル「変なSIM」は海外で通信するためのSIMカード。78の国と地域で通信可能になります。 SIMフリーかSIMロック解除をした端末に挿入して使用します。 SIMカード本体価格:1,980円 データ通信料:24 ...

ReadMore

トラベルグッズ 持ち物

安くて使い放題って本当?「韓国データ」のWiFiをレンタルしてみた。

はじめての韓国旅行だった私は、現地でSIMカードを購入できる自信がなく、事前に日本でポケットWiFiをレンタルしたものを持参して韓国へ行くことに。 1日590円で使い放題という格安のグローバルモバイル韓国DATAを借りたのでご紹介します。 個人旅行だとまず空港から出ることを考えなければならないので、仁川空港に着いてすぐにスマホが使えるととても便利です。 実際にレンタルしたので、韓国データの口コミをお探しの方にも参考にしていただけると思います。   GlobalMobile 韓国WiFiの特徴。 ...

ReadMore

-旅行, 日本, 沖縄県

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.