旅行記 日本 沖縄県

初めてでも大丈夫!沖縄本島北部のおすすめ観光プラン。

投稿日:2018年3月12日 更新日:

沖縄本島北部 大石林山

まだまだ知られていない観光スポットがありそうな沖縄本島北部。

沖縄本島北部(伊平屋いへや村・伊是名いぜな村・国頭くにがみ村・今帰仁なきじん村・本部もとぶ町・伊江いえ村・大宜味おおぎみ村・ひがし村・名護なご市・金武きん町・宜野座ぎのざ村・恩納おんな村)のなかから今回は、

伊江島・本部・名護・国頭村の4か所について、実際に私が一人旅で観光してきた画像を添えてご紹介します。

 

伊江島で青い海を望む。

伊江島をサイクリング

伊江島は、沖縄北部の本部町にある美ら海水族館から近く、本部港ターミナルからフェリーに乗って行くことができる離島です。

天気が良いと、ものすごい海が青くなるみたいです。

自転車で走り回って、島を見渡せる城山ぐすくやまに登って、青い海を目にしたい。

フェリー往復料金:1,370円

参考船舶運航時刻・運賃表/伊江村

 

旅行記


沖縄離島の伊江島を本島から日帰り観光。青い空と海にやられる。

続きを見る

 

伊江島でおすすめホテル

カーサ・ビエント

カーサ・ビエント

伊江島で宿泊してのんびり過ごすのもいいかなと思います。

泊まるなら「カーサ・ビエント」という民宿が気になっています。

「ククムイ」というカフェの2階部分が民宿になっていて、個室1泊1名4,000円で泊まれます。予約は電話のみ。

食べログをチェック >>> ククムイ

 

本部町で夕方の美ら海水族館をのんびり散策。

定番の観光スポットの美ら海水族館は、沖縄北部の本部町にあります。

美ら海水族館

一日遊べるくらい大きい水族館ですが、他の観光スポットを見て回ったあと、人の少なそうな夕方に入場するとゆっくりできて良さそうな気がします。

通常料金が1,850円のところ、16時から入館すると1,290円で入ることができます。

営業時間は、10月~2月(8:30~18:30)、3月~9月(8:30~20:00)となっています。

参考美ら海水族館

 

本部町でおすすめグルメ

カフェ阿吽の焼きカレー

山の中にあるカフェ。

カフェ阿吽店内からの眺め

 

焼きカレーをいただきました。沖縄っぽい食事に飽きてきた方におすすめです。

焼きカレー

お店の外には、人懐っこい犬と猫がいてます。

食べログをチェック >>> カフェ阿吽

 

名護市で古宇利大橋を渡って泊まって食べる。

屋我地島やがししまから古宇利大橋を渡る

名護市の屋我地島から、絶景ポイントで有名な古宇利大橋が架かっていて、

古宇利島へと続いています。

2015年3月曇天の古宇利島

名護市でおすすめホテル

名護市の屋我地島にある、2018年3月にオープンした、1日限定1組の宿「n-house」。

古民家の2階部分、30畳がゲストルームとなっていて、部屋から古宇利島が望めます。1階が食堂なので、食事に困ることはなさそうです。

6人まで泊まれるのですが、私としては一人でも泊まれるのかが気になり調べてみたところ、2018年4月末までなら何人でも一人当たり1泊5,500円で予約できます。

n-house

 

ホテルルートイン名護

名護市にあるホテルルートイン名護に泊まりました。

周辺にお店が沢山あって、好立地のホテルです。

ホテルルートイン名護玄関前

ベッド

枕元にUSBポート有り

客室ユニットバス

大浴場

 

名護市でおすすめグルメ

キャプテンカンガルーのビッグサイズハンバーガー

私が訪れた日は休業日でした。

食べログでチェック >>> キャプテンカンガルー

 

幸ちゃんそばの沖縄ソーキそば

ソーキが甘辛く煮てあって柔らくて美味しかったです。

食べログをチェック >>> 幸ちゃんそば

 

 

 

本島最北端の国頭村くにがみそんでパワー充填。

沖縄北部の国頭村へ行くと大自然を感じられます。

大石林山だいせきりんざんは犬連れOKのパワースポット

沖縄北部の中でも一番北にあるのが国頭村です。

何か良さそうなところはないかと調べていて、気になったのが大石林山。

北部は「やんばる」と呼ばれ、亜熱帯のワイルドな森が広がる地域。

その中でひときわ大きな岩山が大石林山で、自然のエネルギーを吸収できるパワースポットとしても人気があります。

あのユーミンがエネルギーをチャージしに訪れている場所なので、パワースポット効果がありそうで気になります。

参考大石林山

バリアフリーのコースやペット同伴で周れるコースがあります。

犬連れ可

 

ガジュマル(2018.6)

 

悟空岩(2018.6)

国頭村でおすすめの宿

沖縄北端にある大石林山を知ったのは、泊まってみたいと思った民宿「旅の宿 朝日家」が国頭村にあったから。

ここに泊まってどこへ行こうかと考えるとあまり選択肢がないのが残念です。コンビニも近くにはないみたいで不便ですが、朝日に期待できそうなので気になります。

素泊まり1室1名6,000円~。

宿の隣には、オーナーさんのカフェ「水母」があります。一度閉店されたみたいですが、2018年3月23日(金)より営業を再開されるそうです。営業は、金土日の13時から17時。

食べログをチェック >>> 水母

旅の宿 朝日家

隣のカフェでお茶だけでもできるかなと思って寄ったのですが、閉店してました。

朝日家から見える海辺。

ドラゴンボールのジオラマのよう。悟空が吹き飛ばされて突っ込む崖だ。

 

カフェ・ヒロコーヒーファームの本格的コーヒー

沖縄本島北部の国頭村をぐるっと1周したときにあったコーヒー屋さん。

このお店の前の通りは、ツーリングをしているバイクの方とたくさんすれ違いました。

お店の裏のコーヒー畑でとれた豆を使用しているみたいです。

暑い日だったので、自家製アイスクリームコーヒーフロートを注文。

コーヒーだけじゃなく、上にのってるアイスもものすごい美味しい。

中で休憩していると、

知り合いのお客さんに「深煎り?」とか聞いていたので、豆から選べるのかもしれません。

コーヒーの葉で作ったハーブティーが自由に飲めるように置いてあります。

爽やかでおいしかったです。

コーヒー豆を購入することができます。

 

 

沖縄中部 うるま市 観光
初めてでも大丈夫!沖縄中部のおすすめ観光プラン。

続きを見る

-旅行記, 日本, 沖縄県
-

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.