ひとり旅 ハワイ 海外旅行

LCCでハワイへ格安ひとり旅!チケットを購入する前に知っておきたい注意点。

投稿日:2017年2月16日 更新日:

LCC HAWAII

エアアジアの関西空港ーホノルル便がH29年6月28日より就航いたします。

夜勤中にぼーっとしていたところに、ツイッターで流れてきたエアアジアの広告をみて、勢いで決済直前までいきましたが、

「航空券は安いけれど、他にお金がかかるんじゃないか・・・」という不安がよぎり購入を断念しました。

いつものように空想トラベルで費用を予想してみます。

LCCエアアジアでハワイ行き航空券を購入する。

日本とハワイを結ぶ初めての格安航空会社(LCC)となる「エアアジア」。

マレーシアの航空会社です。

エアアジア公式サイトで検索してみたのですが、この前見た時は往復3万円くらいで購入できたのですが、ほぼ席が埋まってきているのか、往復20万円とかになります・・・。

またキャンペーンをすると思うので、その時に狙って購入するといいでしょう。

プレミアムフレックスというオプションを追加しなければ、機内食はなし、7㎏以上の荷物を預けることもできないようです。

復路の飛行機は現地空港出発日で予約しなければならないので注意。19時間の時差があります。帰国した日と仕事が重なったりしたら大変なことになります。

 

クレジット決済で海外旅行傷害保険に入る。

楽天カードを私はもっているのですが、楽天カードで空港までの交通費や航空券代金をクレジット決済すると保険が適用されます。

ちなみに、楽天プレミアムカードあれば、持っているだけで旅行保険が自動付帯となります。プライオリティパスも使えるようになり、空港のプレミアムラウンジが無料で利用することができます。

参考海外旅行傷害保険/楽天カード

補償金額に不安のある方は、別途保険に加入しましょう。

補償は楽天カードを持っている本人にしか適用されないので注意。

 

海外旅行保険適用&マイルが貯まるクレジットカード

初心者でも簡単にJALマイルが貯められるのが「JALカード」の良い所。

>>>JALカードキャンペーン中!

 

ホテルを予約する。

楽天トラベルで探してみたのですが、ワイキキのホテルは高い!

ドミトリーとかだとあるかもしれませんが、ホテルで一泊1万円以下はありません。

一泊1万5千円はかかりそうです。できればバス停の側で安いホテルに泊まりたいところ。

ハワイとの時差ー19時間を計算してホテル予約する必要があります。

 

ESTAの申請。

ビザを持っていない人が旅行でアメリカに入国するには、ESTAを申請する必要があります。旅行代理店を通さない個人旅行になるので、自分で申請しなければなりません。

公式ESTAの申請から申請を行います。支払いは14ドル。クレジットカード払いのみ。

参考ESTA申請を自分でやってみよう/初めてのハワイ旅行

 

ハワイでスマホが使えるよう準備。

海外でもスマホさえ使えればなんとかなるので、空港についてすぐ使えるようにしておきたいところ。

ホノルル空港では、プリペイドSIMを売っていないので購入できません。ワイキキ中心まで出れば、売っているお店があるのですが、ハワイ初心者は日本から用意しておきましょう。

グローバルWiFiイモトのWiFiといったポケットWiFiをレンタルする。または、シムフリーのスマホを持っているなら、ハワイで使用することができるZIP SIMのようなSIMカードを購入しておいて、現地で差し替えます。

ホノルル空港からワイキキエリアへ行く。

個人手配では、空港からホテルまでの送迎がありませんので、自分で行くことになります。

ホノルル空港からホノルル中心まで約10キロ。電車はないので、ワイキキエリアへはタクシー、エアポート・シャトルバス、レンタカーがおもな交通手段となります。

  • チャーリーズタクシー:ワイキキまで29ドル

日本から予約>>>http://charleystaxi.com/jp/services/flat-rate-airport-transfers/

  • スピーディーシャトル:片道15.48ドル(2名)1名の金額は不明。

日本から予約>>>http://www.speedishuttle.com/jp/waikiki

  • レンタカー:日本で国際免許証を取得しておくと、ハワイで車の運転ができます。
  • 市バス:2.75ドル

大型荷物は不可と書いてあるのですが、割と大きな荷物を持って乗車したという方もおり、英語に自信のある方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

参考ホノルル国際空港からホノルル市内へのアクセス/AllAbout

 

ザ・バスで観光する。

ザ・バスとは、オアフ島全体を網羅しており、島一周もできてしまうという公共交通機関です。

前払い。どこまで行っても2ドル75セント。1日乗り放題の1DAYPASSは5.5ドル。

グーグルマップのバスマークをクリックすれば、路線図を見て、観光地を決めることができます。スマホがあれば、海外でもなんとかなるのですが、バス旅専用のガイドブックを一冊購入するのもいいと思います。

冷房が強く効いているところがあるので荷物は少なくしたいが、上着は必要。

参考ザ・バスを乗りこなす!/Myハワイ

 

ハワイはアメリカ。チップが必要。

いるところ・いらないところ、ややこしいです。

ハワイに行きたいなら、ここで節約するのは諦めて、どこへ行っても払うつもりで行動できるように、お金を用意しておいたほうが良さそうですね。

参考ハワイでの通貨とチップのお話/初めてのハワイ旅行記

 

まとめ。

上に書いてきた注意点に気を付けながらプランを立てたとして、ハワイひとり旅に掛かる費用を計算すると、航空券を最安値で購入できた場合、3泊5日で小遣い込みで10万円くらいには抑えることができるのではないでしょうか。

12800円という激安キャンペーンのエアアジアLCCを使えばハワイ旅行が5万円くらいで行けるんじゃないかと思ったのですが、ハワイはホテル代が高いし、食事代も高いので、勢いで購入しなくて良かった良かった。

 

 

トラベルグッズ 暮らしのアイテム

丈夫なエコバッグはこれ!レジカゴ型の「Leeマーケットバッグ」!

丈夫なエコバッグをお探しの方に、「Leeマーケットバッグ」をご紹介します。 「Leeマーケットバッグ」は、レジカゴサイズのエコバッグ。 レジカゴ型エコバッグの便利さを知らずに、一般的なよくあるレジ袋型のエコバッグを使用されている方も多いのではないでしょうか。特に男性は。 レジカゴ型のエコバッグをもっていると、スーパーで買い物をしたときに、商品を袋詰めする手間が省けてものすごく便利なんですよ。 今もレジカゴバッグを使っているのですが、5年から10年近く使用しているので、劣化もしているのでいい加減買い替えたく ...

ReadMore

トラベルグッズ 暮らしのアイテム

スマホからコンデジへ!私がLUMIX LX100Ⅱを購入した理由。

今までブログに使う写真はスマホのカメラで撮影していましたが、パナソニックのコンデジ、LUMIX LX100Ⅱ(DC-LX100M2)を買ってしまいました。 「今の時代、スマホで十分キレイな写真がとれるのにコンデジなんている?」 「10万円以上するカメラを買うのなら他に選択肢があったんじゃない?」 なんて思われる方もいるのではないでしょうか。 そういう意見は実際にあって、目にすると本当に買って良かったのだろうかと不安になってくるところがあります。なので、 私がLUMIX LX100Ⅱを購入した理由を自分を納 ...

ReadMore

トラベルグッズ 暮らしのアイテム

LUMIX LX100Ⅱが発売開始!少しでも安く買う方法を調べてみた。

https://panasonic.jp/dc/compact/products/lx100m2.html 2018年10月18日(木)に、パナソニックからデジタルカメラ「LX100Ⅱ(DC-LX100M2)」が発売開始しています。 コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)なんですが、カメラが趣味の方にも、「画質の良い写真が撮れる」と日常的に持ち歩くサブカメラとして好評だったのが前機種「LX100」。 4年が経ちようやくLX100の後継機「LX100Ⅱ」が発売されました。 今現在このブログの写真はほぼ、スマホ ...

ReadMore

トラベルグッズ 暮らしのアイテム

LCCに機内持ち込みできる最大サイズのリュックCabinZeroをレビュー。

LCCを利用するときに気を付けたいのが荷物の量。 LCCでは機内持ち込みできない荷物を預けると別料金が発生します。 荷物を減らすのが基本ですが、冬場や旅行期間が長くなるとどうしても荷物が増えてしまうので、機内に手荷物として持ち込み可能な最大サイズのバッグを探してみました。 小型のキャリーバッグはよく見かけるのですが、移動中に手を塞がれるのが嫌なので、背中に背負えるリュックタイプでデザインがタウンユース寄りのものとして見つけたのが、「Cabin Zero(キャビンゼロ)」のバックパックです。 機能性とデザイ ...

ReadMore

トラベルグッズ 暮らしのアイテム

H.I.Sモバイル「変なSIM」の設定方法。デュアルシム端末で実際に使ってみた。

海外へ行くならどうしても試してみたかった、H.I.Sモバイルの「変なSIM」。 先日の韓国旅行で実際に使ってみたのでご紹介したいと思います。 私が普段使用しているデュアルSIM端末で「変なSIM」を使った設定方法について書いています。   H.I.Sモバイル「変なSIM」? H.I.Sモバイル「変なSIM」は海外で通信するためのSIMカード。78の国と地域で通信可能になります。 SIMフリーかSIMロック解除をした端末に挿入して使用します。 SIMカード本体価格:1,980円 データ通信料:24 ...

ReadMore

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-ひとり旅, ハワイ, 海外旅行

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.