和歌山県 旅行記 日本

車で行く熊野古道一人旅。初心者おすすめルートを歩いてきました。

2017年10月7日

熊野古道について、知人から話を聞いたり、テレビ番組で取り上げられているのを見て、一度行ってみようかと思うように。

歩かないといけないので、車では行けないと思っていたのですが、調べてみると目的地の駐車場に車を置いて、出発地点までバスを使えば、車で行っても楽しめることがわかりました。

さらには、熊野古道は犬と一緒に歩くこともできるんです。

私の愛犬は連れて行かなかったのですが、道中の画像を載せているので、犬連れしようか迷っている方にも、参考にしていただければと思います。

 

熊野とは。

三重県の熊野市のことだと思っていたのですが、違うことをはじめて知りました。

和歌山県の南部も含めて、「熊野」だそうです。

熊野は、和歌山県南部と三重県南部からなる地域であり、熊野三山くまのさんざん(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3つの神社の総称。日本全国に約3千社ある熊野神社の総本社である。)を中心とする熊野信仰の中心地。
熊野/Wikipedia

 

熊野古道には複数のルートがある。

熊野古道はというと、熊野の熊野三山をお詣りするために、昔の人たちが歩いた道のこと。

信仰が高まった多くの人たちが、遠くから歩いて熊野三山に参詣したそうです。

http://www.hongu.jp/kumanokodo/

世界遺産「熊野参詣道」

  • 田辺から熊野本宮に向かう中辺路なかへち
  • 田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路おおへち
  • 高野山から熊野本宮へ向かう小辺路こへち

最も多くの参詣者が歩いたとされる熊野参詣道の中辺路を、今回私も歩いてみることにしました。

 

初心者におすすめ!発心門王子~熊野本宮大社コース。

発心門王子ほっしんもんおうじ~熊野本宮大社までのコースは約7㎞で、途中休憩などを含めて約3時間の道のりです。

道も歩きやすく、初心者向けのルートと言われています。

途中にトイレや休憩所はありますが、軽食や飲み物くらいは持参したほうがいいと思います。

スマホの電波は、ソフトバンクはところどころ圏外になるところがありましたが、ドコモはつながっていました。auはわかりません。

 

目的地の熊野本宮大社に車をとめておく

朝7時、熊野本宮大社に到着。

10月にもなると、さすがに朝は肌寒く、上着を重ねて着ました。

無料の駐車場に車をとめておき、発心門王子までバスで向かいます。

私は、瑞鳳殿ずいほうでんの駐車場が空いていたのでそちらを利用しました。

参考駐車場のご案内/熊野本宮大社

熊野本宮大社からバスに乗って発心門王子へ

駐車場から歩いてすぐ、大通りにあるバス停からバスに乗って、発心門王子へ。

料金は460円。乗車時間は15分くらい。私は7:30発に乗りました。

平日の始発便。乗客は私だけでした。

下車するときに、運転手さんに「犬連れでも乗車できますか?」と尋ねると、「カゴに入れていれば大丈夫」と教えてもらいました。

これだったら、犬を連れてくればよかったとちょっと思った。

熊野本宮と熊野古道は事前に調べて、犬と一緒に散策できるとわかっていたのですが、熊野古道へ向かうバスにも犬連れで乗れることがわかりました。

発心門王子から熊野参詣道中辺路を歩く

バスを降り、周辺を写真におさめる。

鳥居の向こうに山中へと続く道があり、古道というくらいだから、この道なのだろうと進みかけるが、案内には、目的地の熊野本宮とは違うことが書かれている。

なんと出だしから道に迷ってしまった。

スマホで調べてみると、バスで来た道を少し戻らなければならないことがわかりました。

参考発心門王子~熊野本宮大社ウォークマップ/わかやま観光情報

バスで来た道を少し戻ると、熊野古道へと入る道が見えてきました。

発心門休憩所があってトイレもあります。

この辺りは人が住んでいて庭で畑仕事してたりするから、わからないことがあったら聞けば教えてくれると思います。

無人販売の露店がところどころに。

アスファルトで歩きやすい道。

木々に覆われた道へ。

小さい秋を見つける。

水呑王子跡を抜けると、さらに山奥。

のどかな田園風景に癒されていたが、自然の法則に反するような規則正しく生える木々を見て、ちょっと気味の悪さを感じはじめる。

山を抜けほっとする。

一人1500円から素泊まりできるそうです。

NHK連続ドラマ小説「ほんまもん」の撮影ポイント。お店は閉まってました。

撮影ポイントから撮影してみるが、ドラマをみていなかったので、正直わからない。

「高山植物や野獣の宝庫である。」と書かれている通り、なんか獣っぽさが気になっていました。

本物の獣も出そうなんですが、また違う何かがその辺に隠れてそうな感じ。

心清らかな人が歩いた道というよりは、助けを求めて歩く困窮した人の姿が頭に浮かびます。

そんなことを思いながら歩いていると休憩所に。開店前で掃除中でしたが、ここでは軽食がいただけるようです。

「蘇生の森」ってなんか意味あり気な名前で、帰って調べたけれどわかりませんでした。

三軒茶屋跡の休憩所。ここではじめて自分以外の観光客に出会う。

ここからはあと2㎞ちょっと。半分以上歩いてきました。

ここからの道が一番気持ち悪くて終始鳥肌が立っていました。

私ブツブツ恐怖症なんですが、それに通じるものがこの道にはあるみたいで、特に地面から出てる根っこの感じがダメです。わかってくれる人いるでしょうか。

景色のよさそうな見晴台があるみたいでしたが、寒気がするのと、足も疲れてきていたので、素通りしてしまいました。

シダの葉っぱも、良く見ると気持ち悪いんですよね。

住宅街へ出て、熊野本宮までもう少しのところまで来ました。

熊野本宮大社をお詣り。

熊野本宮大社に到着。裏側から入るところに着きました。

熊野本宮大社は、車いすの方も参拝することができます。

そして、ペットも抱っこで参拝できます。

八咫烏ポストの色が黒いのは、全ての色を合わせた尊い色で、神の遣いの八咫烏の色であり、本宮の大地を象徴する色。

通常のポストとしても機能しています。

ジョジョの荒木飛呂彦氏がデザインしたお守り。

外国人参拝者向けに、お参りの仕方が丁寧に書かれていました。

二礼・二拍手・一礼

結構大きいです。

お詣りをして、熊野本宮をあとにしました。

出てきたところが、正面になります。

最後に、熊野本宮から500mほど離れたところにある、日本一の大鳥居、大斎原おおゆのはらへ。

高さ約34m、幅約42mあるそうです。

なぜか違う道に出てしまい、遠くから写真だけとって車に戻りました。

近くまで行ったらすごい迫力ありそう。

 

わたらせ温泉の大露天風呂に寄って帰る。

熊野本宮大社から車で10分ほどのところにある、わたらせ温泉大露天風呂へ寄って帰ることに。

露天風呂って雑誌の画像を見て決めると、大体が写真で見るより狭いんだけれども、ここの露天風呂は想像を超えてきました。

大露天風呂は、縁を囲むように座っても100人以上は入れるんじゃないかな。

そんな温泉に、ひとりでつかって贅沢な時間をすごすことができました。

  • 日帰り入浴 大人:700円 小人:300円
  • 入浴時間 6:00 ~ 21:30 (年中無休)

わたらせ温泉 ホテルひめゆり

ホテル宿泊者は無料で大露天風呂を利用できます。

 

今回のルートマップ

 

固定回線代わりに使える!モバイルルーター「SAKURAWiFi」をレビュー。

-和歌山県, 旅行記, 日本
-

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.