ガジェット 暮らしのアイテム

SIMロック解除したauGRATINA4GにソフトバンクAQUOSケータイ2のSIMを刺して使用可能。

投稿日:2017年8月16日 更新日:

買ったものの、使っていなかったauのGRATINA4Gがいつのまにか101日経過して、SIMロック解除できるようになっていました。

最近契約した、ソフトバンクのAQUOSケータイ2 601SHのSIMカードが利用できるのかちょっと興味がでてきたので、試してみました。

結果からいうと、ちゃんと使えました。

 

auのSIMロック解除条件が変更になります。

auだけが、端末を購入した本人でなくても、オークション等で買った白ロムを持ち込みで、SIMロック解除に対応してくれていたのですが、今後条件が一部変更となることになりました。

参考SIMロック解除の受付条件を一部変更/au

2017年12月1日以降は、一括購入した端末であっても、契約者本人でないとSIMロック解除ができなくなります。

白ロムを購入する際は、ドコモやソフトバンクの端末ように、SIMロック解除された端末を購入するか、販売者にSIMロック解除をお願いしないといけなくなります。

私が持っているGRATINA4Gもオークションで手に入れたものなので、このまま持っているといずれSIMロック解除することができなくなると思われます。

 

auショップに持ち込みでSIMロック解除を行う。

契約中の端末であれば、パソコンやスマートフォンから無料で手続きをおこなえます。

しかし私のGRATINA4Gは、オークションで購入した白ロムですので、auショップで手続きをしてもらうしか方法はありません。ちなみにauで契約している回線はありませんが、それでも大丈夫でした。

SIMロック解除したい端末と身分証明書を渡すだけ。

手数料は3240円。その場で支払いました。

 

SIMロック解除したGRATINA4GにソフトバンクのガラホSIMを刺す。

ロック解除してもらった、au GRATINA4G KYF31 に、ソフトバンク AQUOSケータイ2 601SH のSIMを刺してみました。サイズはどちらもnanoSIMなので、そのまま入ります。

ただ刺しただけだと、アンテナマークに×が。

メニューから設定していきます。「設定」から「その他の設定」を開く。

「端末情報」を開く。

「SIMカードの状態」を開く。

コードを入力する画面になりますが、コードは無視して、右下にある「更新」を開く。

「OK」を押すと再起動します。

アンテナピクトの×がなくなり、通信できるようになっているのがわかります。

 

山間部での通話はきびしいかも。

通話ができるのは、確認できました。

しかし、対応バンドを見てみると、バンド1のみ。

自宅で使えているので、普段使いには問題ないかな。

参考SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧/au

おとくケータイ.netって安心なお店?実際に契約してわかったこと。

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-ガジェット, 暮らしのアイテム

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.