持ち物・買い物 格安SIM

FUJI SIMはデュアルSIMスマホと相性抜群!Androidでテザリングが可能。

2018年6月9日

モバイルルーターのレンタル会社FUJI WiFiから、大容量のデータ通信用SIMカードのレンタルサービス、【FUJI SIMプラン】が新しく登場しました。

私が使っているHUAWEI Mate 10 Proのようなデュアルシム対応のSIMフリーのスマホに入れて使えば、外出時にはモバイルルーターを持ち歩く必要がなくなり荷物をひとつ減らせ、自宅ではテザリングで固定回線代わりとして利用できるのではないかと考え、FUJI WiFI の FUJI SIM 200ギガプラン を契約してみました。

るる子
思った通りの使い方ができてとても便利になりました!

(テザリングとは、スマートフォンをモバイルルーターのように使用する機能。スマホをWiFiの親機にしてデータ通信を他の機器に分け与え、タブレットやゲーム機器をインターネットに繋ぐことができます。)

 

FUJI WiFi の FUJI SIMプラン。

FUJI WiFiの新プラン、データSIMカードのレンタル「FUJI SIM」がはじまりました。

mineoやLINEモバイルなどの格安SIM会社で契約できる、データ専用SIMカードと同じようなものでネットで契約をすると自宅にSIMカードが送られてきます。

契約は1か月だけでも可能で、2年縛りや契約解除料がありません。

回線はソフトバンク。

ソフトバンクショップでは、データ通信専用のSIMカードを単体で購入することはできません(持ち込み機種変更は可)が、FUJI WiFiのFUJI SIMを利用することでソフトバンク回線の大容量データ通信SIMカードが手に入ることになります。

それがどんな人に有難いのか?

 

FUJI SIM プランに適しているのは?

SIMフリー端末を使用している人は、2年縛りとかキャリアの契約に縛られるのが嫌な人が多いと思います。

そんな人が気軽にキャリア回線の大容量のデータを安く利用できるところにFUJI SIMの良さがあります。

FUJI SIMプランの価格

プランは4つ

  • 20ギガ:月額2,400円
  • 50ギガ:月額3,100円
  • 100ギガ:月額3,800円
  • 200ギガ:月額4,800円

 

3ヶ月~13ヶ月の期間分をまとめて支払うことで上記価格よりさらに割引があります。200ギガプランを13ヶ月一括支払いにすると月額3,980円。14ヶ月目以降も3,980円で利用できるので、1年以上使うつもりであれば、まとめて支払ったほうがお得になります。

初回のみ契約事務手数料2,000円がかかります。

>>>FUJI SIMの料金を詳しくみる。

 

デュアルシム(DSDS)の端末を使用して、2枚入るシムカードトレイにそれぞれ、通話専用SIMカードとFUJI SIMを入れれば、通話かけ放題・データ大容量・モバイルルーターを1台で満たす端末にすることが可能です。

通話かけ放題のSIMカードは別途必要。

かけ放題の維持費を一番安くするには?ソフトバンクと格安SIMのデュアルシムがおすすめ。

続きを見る

 

  1. デュアルシム(DSDS)のSIMフリースマホを使用している。
  2. 外出先でも動画を見たりデータ消費量が多い。
  3. 極力荷物を減らしたい。

これらを満たしていればFUJI SIMは特におすすめです。

 

アンドロイド端末のみテザリングが可能。

FUJI SIMでテザリングができるのは今のところAndroid端末だけとなっています。

残念ながらiPhoneではテザリング機能は使えません。

 

HUAWEI Mate 10 Pro でテザリングを使う

HUAWEI Mate10ProにFUJI SIMを挿してテザリングを試してみました。

SIMトレイにFUJI SIMを入れて、

「設定」→「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」→「Softbank  4G シンプルスタイル」を選ぶとインターネットにつながるようになります。

本来は同封されていた説明書を見ながら手動でAPNの設定をするみたいですが、自動で表示されました。

次にテザリングが利用できるように設定します。

「設定」→「無線とネットワーク」→「テザリングとポータブルアクセス」

「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」で、テザリングをオンにし、パスワードを作成します。

あとは、使用したい機器側でMate10ProのWiFiを受信しパスワードを入力するとテザリングでインターネットが利用できるようになります。

次からは、ホーム画面のアクセスポイントをタップしてオン・オフが簡単に切り替えられます。

FUJI SIMを使ってみた感想。

速度測定してみました。

ダウンロードとアップロード、両方ともいい感じに速度が出ています。

自宅のパソコンに繋いで、アマゾンプライムビデオを見てみました。

高画質でも途切れることなく快適に視聴できています。

というか、最高画質にすると1時間再生するだけで7GB近くデータ通信量を消費するって知ってましたか?

最高画質で再生してたら200ギガあっても足りなくなりそう。

テザリング中に少し問題があって、通話用SIMのデータ通信をOFFにしていると、電話がかかってきたときにSIMが切り替わると通話しているあいだ通信ができません。

あと、テザリングはバッテリーの減りが早くなりますが、外出先でテザリングを使わないのであれば、オフにすることでバッテリーの無駄遣いは防ぐことができます。

FUJI SIMでテザリングをして自宅の固定回線代わりに使用する場合は、こまめにスマホを充電する必要があります。

スマホをケーブルで充電しながらのテザリング(USBテザリング)も可能なので、その辺はうまく使い分けるといいと思います。

 

その後のこと

FUJI SIMの200ギガを1年以上使っていたのですが、Huawei Mate10Proが壊れたタイミングで、楽天モバイルに買い換えました。1メガ使い放題にひかれて契約したのですが、私の使い方(テザリングでつないだPCでネットをしながら動画や音楽再生。)では1メガでは不便すぎてひと月我慢できず、FUJI SIM100ギガをおまとめで再契約してしまいました。

>>>FUJI WIFIのFUJI SIMを詳しくみる。

トイプードル
FUJI SIMの速度制限が解除されるのはいつ?

続きを見る

-持ち物・買い物, 格安SIM

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.