三重県 旅行記 日本

不思議な包容感のある伊賀一宮敢國神社を参拝。

投稿日:2017年12月22日 更新日:

ご無沙汰してしまい申し訳ありません。

ブログのことを忘れていたわけではなく、活動の幅を広げようと計画をしていたら結果的にブログから遠ざかっていてしまいました。

三重県伊賀市にあります伊賀一宮敢國神社を訪れました。

おそらくここが2017年最後の神社参拝になるだろうと思います。

数多くある神社仏閣の中から、実際に足を運ぼうと思える神社に巡り合うのも何かの偶然。

 

伊賀一宮敢國神社を参拝。

三重県伊賀市一之宮にある敢国神社。

道中にラブホテルや工場があって、あんまり良くない場所だなと思いながら駐車場に到着。

伊賀一宮敢国神社について

一宮とは、

ある地域の中で最も社格の高いとされる神社のことである。一の宮一之宮などとも書く。
wikipedia/一宮

敢国神社は、

7世紀の中期658年に、大彦命(おおひこみこと)・少彦名命(すくなひこなのみこと)の二神で創建されたと伝わっています。

  • 主神:大彦命(おおひこのみこと)
  • 配神:少彦名命(すくなひこなのみこと)
  • 金山比咩命(かなやまひめのみこと)

主神・配神

通常、神社では複数の神を祀っており、その中で主として祀られる神を主神(しゅしん)・主祭神(しゅさいじん)、それ以外の神を配神(はいしん)・配祀神(はいししん)・相殿神(あいどのしん)などという。
wikipedia/祭神

大彦命とは、

記紀等に伝わる古代日本の皇族。

『日本書紀』では「大彦命」、『古事記』では「大毘古命」と表記される。
wikipedia/大彦命

少彦名命とは、

スクナビコナ(スクナヒコナとも。表記は少名毘古那、須久那美迦微、少彦名、少日子根など。)は、日本神話における神。

スクナビコナは、国造りの協力神、常世の神、医薬・温泉・禁厭(まじない)・穀物・知識・酒造・石の神など多様な性質を持つ。
wikipedia/少彦名命

金山比咩命とは、

『古事記』では金山毘古神、『日本書紀』では金山彦神と表記する。金山毘売神(かなやまびめのかみ、金山姫神)とともに鉱山の神として信仰されている。
wikipedia/金山比咩命

 

ご利益は、縁結び、安産、家内安全、商売繁盛、学業向上、延命。

表参道の途中で、裏参道へ入ると一気に空気感が変わりました。

チュンチュンと鳥の鳴き声が優しく聞こえていたので、そのせいかもしれません。

小さな鳥居の前を通り過ぎる。

大石社。

階段をのぼった上に、縁結びの社があります。

車いすの方はちょっと上れないと思います。

私、金運はありませんが、人との縁には恵まれていると思っているので、これからも良縁に恵まれるようお伝えしてきました。

お金を欲しいと思って行動しはじめると、同じようにお金だけが欲しい人が私の世界にあらわれます。そんなお金が欲しい者同士では、与え合うことは難しく、奪い合いになります。それが今年最後の自分への戒め。

立地としては良くない感じがしたのに、敷地内は何か特別なものに守られているよう。

拝殿。

清め塩。料理にも使えるみたいです。

平日でしたが巫女さんがいて、人の手によって大事に維持されているのが伝わってきました。

安産と子授けの守護「桃太郎岩」

伊賀忍者ゆかりの神社仏閣御朱印めぐり

敢國神社がある伊賀市は、滋賀県甲賀市とならんで忍者の里として有名です。

伊賀忍者回廊特製御朱印帳は1620円。

敢国神社での御朱印受付は午前8時から午後4時まで。

時間外でも神社ポストを利用すれば、御朱印を送ってもらえるそうです。

敢国神社へのアクセス。

敢国神社の基本情報

電話 0595-23-3061
駐車場 不明
カーナビマップコード入力:131 739 054*78
公式ページをチェック  伊賀一宮敢國神社

 

来年もたくさんの場所を訪れることができますように。

 

【ゼロ磁場】雨上がりの瀧原宮は幻想的なパワーを感じるスポット。

続きを見る

-三重県, 旅行記, 日本
-

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.