三重県 伊賀名張 旅行記

炊飯土鍋「かまどさん」が人気の伊賀焼長谷園を散策してきました。

2018年3月26日

三重県伊賀市にある、伊賀焼窯元 長谷園(ながたにえん)へ行ってきました。

長谷園は、天保三年(1832年)の創業ながら、伝統と現代のライフスタイルを融合させたオリジナルの陶器を製作販売しています。

ふっくらしたおいしいご飯が炊ける土鍋「かまどさん」が人気の窯元です。

陶器の購入はもちろんできますし、国の登録有形文化財や遊歩道が敷地内にあるので、歩いているだけでも楽しめます。

 

 

伊賀焼窯元 長谷園本店のお庭を愛犬とお散歩してきました。

駐車場は無料です。

歩いてすぐのところにも別の駐車場があり、車を止めるのには困らないと思います。

お店の中に連れて入らなければ大丈夫だろうと思い、愛犬を連れて来てしまいました。

長谷園周辺はのどかで、春にはあちこちで桜が咲いているので、歩いているだけでも癒されます。

長谷園の敷地は広く、

  1. 母屋
  2. 第一展示室
  3. 第二展示室
  4. 第三展示室
  5. 大正館(休憩室)
  6. 体験工房
  7. 16連房登り窯
  8. 展望台・遊歩道

があります。

並んでいる古い建物は、「登り窯」「大正館」「主屋(母や)」「別荘」など12件が国の登録有形文化財に指定されています。

店先に製作途中の陶器が並べられていて、人の手で作られているのが感じられました。

作陶体験ができます

5名様より要予約(TEL:0595441511)

〈 絵付け 〉¥2,000(税抜)〜
〈 土いじり 〉1kg ¥2,500(税抜)〜

 

登り窯・展望台を犬連れ散策

人がいなかったので、愛犬を連れて展望台まで散策してきました。

愛犬を連れていたのですっかり忘れてしまったのですが、登り窯の手前左側に休憩室があって持ち帰ってもいい伊賀焼の器に入ったコーヒー(350円)がいただけます。

登り窯は今は使われていないようです。

長谷園 登り窯

長谷園 登り窯

天保3年から昭和40年代まで使われていた窯で、この大きさで現存しているのは日本でこれだけとのこと。

登り窯の階段を上ると展望台があります。

見晴らしはそれほどでしたが、周辺の桜が咲きはじめると綺麗だと思います。

今にも開きそうな蕾。

展望台からさらに山の中へ遊歩道は続いていたのですが、「ハードなコースになっております。」という注意書きを見て引き返してきました。

 

土鍋「かまどさん」が購入できる長谷園本店

せっかくなので少しだけのぞいてきました。

店内には、おしゃれで高級感のある土鍋が並んでいます。

ふっくらしたごはんが炊ける土鍋「かまどさん」は通販でも購入できます。

電気炊飯器タイプの「かまどさん電気(86,184円)」が発売されていました。

冷凍したご飯をにいれてチンすると炊き立てのようにふっくらする伊賀焼のおひつ「陶珍」。

 

再訪:伊賀焼のカップがもらえるコーヒー自販機

自動販売機のコーヒーを飲みに、再度長谷園を訪れました。

長谷園 コーヒー 

よくある紙カップの自動販売機なんですが、長谷園の自販機は紙カップの代わりに伊賀焼のカップをセットして注ぎます。

そして使用した伊賀焼のカップは持ち帰ってOK。

1杯350円のコーヒーに伊賀焼のカップがついているのでお得です。

長谷園 伊賀焼のカップ コーヒー 

自販機に伊賀焼のカップをセットします

建物の中は昭和世代には懐かしい雰囲気。

長谷園 伊賀焼のカップ コーヒー 

大きく開けた窓から入るそよ風を浴びながらコーヒーでいっぷく。

普通のカフェでは落ち着かない私でも、ゆったりできました。

黄昏たくなったときにまた来たいです。

長谷園 伊賀焼のカップ コーヒー 

 

伊賀焼の郷 長谷園へのアクセス情報

 

営業時間 9:00〜17:00
定休日 お盆・年末年始
駐車場 無料駐車場あり
カーナビマップコード入力:453 000 117*54
ホームページをチェック  伊賀焼窯元 長谷園

 

食事は、長谷園から車で5分ほどのところにある、炭焼き豚丼がおいしい「楽豚」がおすすめです。

テイクアウトができるので、犬連れでも大丈夫ですよ~。

 

 

岩倉峡公園 吊り橋 犬連れ
愛犬と岩倉峡公園の吊り橋を渡ってきたよ!

続きを見る

三重県伊賀市青山高原へ犬連れドライブ。青い空に白い風車が爽やか。

続きを見る

不思議な包容感のある伊賀一宮敢國神社を参拝。
不思議な包容感のある伊賀一宮敢國神社を参拝。

続きを見る

伊賀上野城 犬連れ
伊賀上野城を愛犬と見てきたよ!天守閣は抱っこで入れます。

続きを見る

-三重県, 伊賀名張, 旅行記
-

© 2020 ワイライク