ひとり旅 京都 国内旅行

京都化野念仏寺の千灯供養に参詣。夏の終わりを感じる。

投稿日:2017年8月26日 更新日:

京都嵯峨野にある化野念仏寺。

化野念仏寺では、毎年8月23日・24日に、「千灯供養」が行われ、八千体にも及ぶ無縁の石仏に灯りが供えられ、多くの参詣者でにぎわいます。

数年前に来たことがあって、それから毎年夏が来るたびに、行きたいなとは思いつつ行くことができていませんでした。

そして今年、久しぶりに化野念仏寺の千灯供養を訪れることができました。

年一度の行事は、100年生きれたとしても、体験できるのはたったの100回。

夜勤明けで、やめておこうかと悩んだのですが、来てよかった。

化野念仏寺の千灯供養に車で行こうか迷っている方の参考になればと思います。

 

化野念仏寺の千灯供養に車で行く。

18時前、京都に到着。

本当は、混雑を避けて、化野念仏寺から少し離れたところに、車を停めて歩く予定でしたが、化野念仏寺から最寄りの駐車場はどんな感じか気になり、見るだけでもと思い行ってみることに。

化野念仏寺から最寄りの駐車場である今井駐車場。

到着すると、おじさんが普通に中へと誘導してくれたので、誘われるままに中へ入る。

嵐山を訪れる人は、歩いて訪れる人が多いためでしょうか。それとも空がまだ明るいためか。

千灯供養がはじまる18時前だったので駐車場にはまだ空きがあり、難なく駐車することができました。

化野念仏寺からさらに近い場所に、松山駐車場もあるのですが、停められる台数が少ないようなので、今回は今井駐車場のほうにお世話になりました。

今回利用した、化野念仏寺から近い今井駐車場の料金は、1回1000円。

千灯供養の間は、特別料金になっているようでしたが、まぁそんなもんでしょう。

大きな看板もあるし、駐車場のおじさんが案内してくれるので、道はわかりやすい。

看板の下の道を通っていきます。

歩いて5分ほどで、着いてしまいました。

無縁の仏様が眠る場所に建てられた化野念仏寺。

化野という場所は、葬地だったそうです。

そこに葬られた人を追善するために、石仏が立てられるようになり、その地がいつしか念仏寺と呼ばれるようになる。

階段を上ると受付があり、拝観料1000円を払う。

中に入るとわかるのですが、お墓です。

お墓なんですが、一人一本ずつ手渡された、ろうそくに火をともし供えるので、日が暮れると幻想的な風景に。

いかにも墓石といったものを避け、写真を撮る。

まだ明るいので、人の数もそれほど。

18時になって、千灯供養がはじまり、お坊さんの念仏が空に響く。

なんの関わりもない人のためにここへ集まり、手を合わせる人の姿。

死んでしまった人は、そんなこと本当は知らないかもしれない。

けれど、いつか死ぬ私にとっては、このような場所があることで、なんとなくだけれど死が寂しいものではないような気になれるから有難い。

散策しながら暗くなるのを待つ。

お焼香の意味

お焼香のとなりに、説明書きが置かれてた。

  1. 一心不乱に、霊を念じ香を薫じる。
  2. 戒香(心身を清める)、定番(心身が清浄となる)。
  3. 三毒の煩悩(むさぼり、いかり、おろそか)を焼き捨てる。

千灯供養の間は、特別なご朱印をいただけます。

俗世間つもりちがい十ケ条

  • 高いつもりで低いのは、教養
  • 低いつもりで高いのが、気位
  • 深いつもりで浅いのは、知識
  • 浅いつもりで深いのが、欲
  • 厚いつもりで薄いのは、人情
  • 薄いつもりで厚いのが、面の皮
  • 強いつもりで弱いのは、根性
  • 弱いつもりで強いのが、我
  • 多いつもりで少ないのは、分別
  • 少ないつもりで多いのが、無駄

そのほかにも、ところどころに教えがある。

豆腐のようになりなさい。

たぬきの云われ。

無縁仏に手を合わす。

続いて、延命地蔵尊。

数千体の無縁仏にろうそくを灯し供養する。

日が暮れはじめ、千灯供養に訪れる人が、ぐっと増える。

どんどん人が増える。ピークを迎える前に帰ることに。

千灯供養の開門時間

  • 毎年8月23日・24日
  • 開門 17:30~20:30

化野念仏寺周辺では、愛宕古道街道灯しが開催。

お土産屋さんや食事処がある通りに行燈が並べられライトアップされる。

鳥居を発見するも、名前がわからず。

軒先でお茶する人たち。

外国の観光客の方もちらほら。

時間があったら、嵐山を散策したかったけれど、今回はこれまで。

化野念仏寺のアクセス情報

電話075-861-2221
駐車場近隣に有料駐車場あり
カーナビマップコード入力:7 665 722*34
公式ページをチェック  化野念仏寺

 

 

 

美しい水鏡と神秘的な空気を纏う龍王ヶ渕|奈良県宇陀市
美しい水鏡と神秘的な空気を纏う龍王ヶ渕|奈良県宇陀市

ひとり旅 京都 国内旅行

車で行く天橋立三社参り。

京都府北部にある日本三景のひとつ「天橋立」へ、三社参りをしに車で行ってきました。 天橋立にある三つの神社を参拝する三社参り。 天橋立神社・元伊勢籠神社・真名井神社を順番に参拝してきたので紹介したいと思います。   天橋立神社をお参り。 天橋立は車では入っていけないので、近くの智恩寺駐車場に車を停めて歩いていきます。 一日600円です。 智恩寺を通り抜けると、すぐに廻旋橋が見えてきました。 運よく船が通る瞬間に遭遇。 橋を渡ったら、しばらく松並木を歩きます。 天橋立神社は、天橋立の真ん中ではなくて ...

ReadMore

ひとり旅 京都 国内旅行

天橋立・伊根を一人旅。癒しを求めて丹後半島を巡る。

新年明けましておめでとうございます。 別記事「心が弱い介護士とありがとうを言わない認知症の婆さん。悪いのはどっち?!」に書いたのですが、昨年末は心を擦り減らし、エンプティーランプが点滅しているような状態でした。 自分の感情を後回しにして、人のためだけに使える心のエネルギーというのがあるのですが、それがカラっぽになる寸前。 というわけで、新年早々癒しの旅にでることにしました。 年末から抱えたストレスを持ち続けないために、擦り減った心を癒し、自己中に過ごすことが今回の一人旅のテーマ。 旅行中はもちろんですが、 ...

ReadMore

ひとり旅 京都 国内旅行

京都化野念仏寺の千灯供養に参詣。夏の終わりを感じる。

京都嵯峨野にある化野念仏寺。 化野念仏寺では、毎年8月23日・24日に、「千灯供養」が行われ、八千体にも及ぶ無縁の石仏に灯りが供えられ、多くの参詣者でにぎわいます。 数年前に来たことがあって、それから毎年夏が来るたびに、行きたいなとは思いつつ行くことができていませんでした。 そして今年、久しぶりに化野念仏寺の千灯供養を訪れることができました。 年一度の行事は、100年生きれたとしても、体験できるのはたったの100回。 夜勤明けで、やめておこうかと悩んだのですが、来てよかった。 化野念仏寺の千灯供養に車で行 ...

ReadMore





YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

!6215

-ひとり旅, 京都, 国内旅行

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.