旅行記 滋賀県

石塔寺を愛犬とお参り。インドのアショカ王の石柱は滋賀にあったよ!

2020年7月18日

 

石塔寺 犬連れ

滋賀県東近江市にある天台宗のお寺「石塔寺(いしどうじ)」を愛犬と一緒に訪れました。

数万基の石仏石塔が並ぶ、日本のお寺の雰囲気とは少し違った独特な境内を愛犬と散策してきました。

 

阿育王塔が発掘された石塔寺を愛犬とお散歩してきました。

東近江市は琵琶湖からは離れた山側にあります。

道中に見えた、川や緑がきれいで癒されました。建物がなく自然そのままで北海道ぽかった。

石塔寺の駐車場は無料です。

石塔寺 駐車場

石塔寺の駐車場

「阿育王山(あしょかおうざん)」と書かれています。

阿育王あしょかおうはインドのアショカ王のことで、アショカ王が世界に撒いた84,000基の石塔のうちの1基がこの山中で発見されたそうです。

石塔寺 犬連れ

記念写真を撮って歩き始めるとすぐに、とんでもない階段が目に入る。

石塔寺 階段

階段の手前に社務所があります。

拝観料:大人400円・小中学生100円

受付で犬同伴で入場できるか確認すると、歩かせても大丈夫とのことでした。

事前情報なくて犬連れ可なのかよくわからなかったんだけど、石仏がいっぱいの京都の化野念仏寺が犬連れOKなので、石塔寺もOKな気がしていましたが、その通りでよかった。

石塔寺 拝観料

山門をくぐり、本堂へ。

石塔寺 山門

石塔寺 山門

緑がきれいです。夏以外の季節にきても映えそう。

石塔寺 犬連れ

本堂に手を合わせ階段を上りに行きます。

石塔寺 本堂

社務所の前にいた人に「頑張って~」と声をかけてもらう。

石塔寺 階段

実際にのぼりはじめると、下から見上げた印象よりも全然平気。

一段一段が高くないのでもも上げみたいにならないから足は楽です。

石塔寺 犬連れ

てっぺんまで5分もかかってないと思う。

山上は日本のお寺っぽくなくて、アジアンな雰囲気が漂っています。

京都化野念仏寺はザ・お墓って感じがしますが、石塔寺はお墓っぽくなくて、インドの古跡のような感じがします。

 

阿育王塔に関わるインド人と中国人と日本人

一番大きな石塔が、阿育王塔。

石塔寺 阿育王塔

阿育王塔

この阿育王塔なんですが、

平安中期に、中国の宋に留学した比叡山の僧・寂照法師が、日本の近江渡来山に阿育王塔が埋まっていると聞き、手紙で日本に知らせ、手紙を入手した義観僧都が一条天皇に伝え、一条天皇の命令で塔を探索していた武士・野谷光盛が大きな塚を発見し、発掘すると阿育王塔が出土した。

といわれています。(で、実際は朝鮮半島系の渡来人が祖国を偲んで建てたものらしい。)

中国まで日本人が船で渡ってるのも、中国にインドの話が伝わってるのも、石塔を世界に撒いたというアショカ王の存在も、事実というのが私には信じられません。

石塔寺 犬連れ

石仏・石塔群

大昔にはじめて海を渡って日本にやってきた男女がいたんだろうけど、それが日本では天皇家の祖先で、天照大神という神として歴史に残されているのが不思議。

日本人ってどこから来たんでしょうね。

石塔寺 中山通幽

私が石塔寺を知るきっかけとなった比叡山延暦寺でみた中山通幽氏(福田海の開祖)の名前はどこにも見当たらず。

「善根功徳のために五輪塔石仏を山上に奉納したるに、年を重ねて無数になれり、但し現在の如く整然たるは、昭和初期、岡山県の福田海を大施主とする、集坐偉業の賜物なり。」とだけパンフレットに書かれてました。

 

そして、アショカ王が日本に撒布した石柱はふたつで、もうひとつは琵琶湖の「沖の白石」らしいです。

 

石塔寺へのアクセス情報。

所在地〒529-1501 滋賀県東近江市石塔町860
駐車場無料駐車場あり
電話0748-55-0213
アクセスちょこっとタクシー(予約制:株式会社近江タクシー湖東 TEL:0120-17-2510)
公式ページをチェック  なし

 

京都化野念仏寺の千灯供養に参詣。夏の終わりを感じる。

続きを見る

 

-旅行記, 滋賀県
-,

© 2020 ワイライク