北海道 旅行 日本

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

投稿日:2018年9月17日 更新日:

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

 

北海道知床にある夕陽のあたる家に宿泊しました。

ゲストハウスの部類に入る夕陽のあたる家ですが、北こぶしグループなので、ハイクラスホテルのサービスを良いとこどりできてしまうとてもお得感があるホテルでした。

 

知床夕陽のあたる家 ONSEN HOSTEL に宿泊。

外観に少し古さを感じるけど、2018年6月にリニューアルされているので、中に入るとビックリするくらいキレイ。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

共用キッチン。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

お酒飲みながら買ってきた食材を料理している方がいて、楽しそうでした。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

調理器具や食器が借りれます。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

15時から20時、7時から9時のあいだ、コーヒーや紅茶を置いてくれてあるので自由に飲むことができます。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

ロビーのソファ。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

ものすごくリラックスして過ごせます。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

夕焼けで赤く染まる空が良く見える。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

建物は5階建て。

客室にあるのはトレイと洗面台のみで、お風呂は1階に大浴場があります。(バス付き和洋室が2部屋あり)

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

和室に泊まりました。他には、ベッドルームと和洋室があります。

布団は押入れに入っているのを自分で敷きます。

寝巻の用意はなく、浴衣が500円でレンタル可。

窓から見える景色がキレイでしばらく全開で過ごしてました。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

トイレと洗面台はわかれています。

アメニティは歯ブラシのみ。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

 

夕食付プランは北こぶし知床ホテルの豪華ビュッフェ。

夕食付きのプランにすると、北こぶし知床ホテルのビュッフェと大浴場が利用できます。

送迎もしてもらえますが、私はレンタカーで向かいました。

ちょっと服装に気を使いたくなる佇まいをしている、北こぶし知床ホテル。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

ええとこです。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

歩いているだけで楽しい。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

「ペットラウンジ」と書かれている。

どうやらペットと泊まれる客室がないかわりに、ペットホテルのような場所があるらしい。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

すごい種類の料理。

和洋中にデザートまで揃っています。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

夕食付にして当たり。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

ラーメンも美味しかったし、サーモン丼も美味しかった。

一品ずつの味がクオリティ高いです。

全種類食べようと思ったら1泊では難しいんじゃないかな。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

あと、北こぶし知床ホテルの大浴場も利用できるので、食後にゆっくりお風呂につかって帰りました。

北こぶし知床ホテルからも送迎車がでています。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

夕陽のあたる家に戻って、ランドリーがきれいだったので洗濯をしながら、ゆったりホテルで過ごしました。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

朝になって停電していたんだけど、自然が多いところなのでしばらく気づかない。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

気持ちいい朝でした。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

次は北こぶし知床ホテルのほうに泊まるかと聞かれれば、私は同じようにまた夕陽があたる家に泊まって夕食だけ食べにいくのでいいかな。

 

被災時にも頼りがいのあるホテル。

北こぶしグループのゲストハウス「知床夕陽のあたる家」宿泊レビュー|ハイクラスのサービスが1万円以下で受けられる!

私が夕陽のあたる家に宿泊したのは平成30年9月5日。

翌日、平成30年9月6日に、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、北海道で最大震度6強を観測しました。

北海道全域が停電するという事態に。

幸いなことに、知床ではほとんど揺れを感じることなく、停電だけの被害で済みました。

私は地震のあった朝にチェックアウトしたのですが、もしも私がその日に、夕日のあたる家を予約していて宿泊することになっていたら、どうなっていたのでしょうか。

調べた結果をご紹介したいと思います。

 

公式ホームページに、震災のあったその日のうちにホテルの対応がアップされました。

内容は下記。

※※ 9月6日(木)は当館は休館致します。※※
ご予約のお客様は「北こぶし知床 ホテル&リゾート」でお部屋をご用意致します。

----------------------------------------------------

 

【地震による直接的な被害】
当地、知床ウトロは地震による直接的な被害はございません。

【停電による影響】

現在、北海道全土で停電が発生しております。
当グループ施設は、

北こぶし知床 ホテル&リゾート → 自家発電装置が稼働中
KIKI 知床 ナチュラルリゾート → 自家発電装置が稼働中
夕陽のあたる家ONSEN HOSTEL → 停電中

となり、北こぶし・KIKI知床に関しては電気をご利用いただけます。

【施設の営業につきまして】

9月6日(9:50)現在、
北こぶし知床 ホテル&リゾート → 通常通り営業中
KIKI 知床 ナチュラルリゾート → 通常通り営業中
知床夕陽のあたる家ONSEN HOSTEL → 休館となります。

※ 知床夕陽のあたる家ONSEN HOSTEL ご予約のお客様は、代替え施設として北こぶし知床 ホテル&リゾートにご宿泊いただきます。

---------------

当地にお越しの場合は、交通機関・道路情報をご確認いただき
細心の注意でご移動ください。

出典:夕陽のあたる家

北こぶしグループの「北こぶし知床 ホテル&リゾート」と「KIKI 知床 ナチュラルリゾート」が自家発電装置を備えているため、自家発電装置のない夕日のあたる家を休館にしてしまって、予約していた宿泊客を「北こぶし知床 ホテル&リゾート」に泊めるという対応をとっていたことがわかります。

災害対策を立ててから公式サイトにアップするまでとてもスムーズなので、上記のお知らせが更新されたのは自家発電装置のあるどちらかのホテルから行われたのでしょう。

夕陽のあたる家はゲストハウスでありながら、北こぶしグループのハイクラスホテルと同じような管理のもとで運営されているのがわかりますね。

ホテルに自家発電装置があるかどうかはとても大事。

 

北こぶしグループ

北こぶし知床 ホテル&リゾート

1名1泊2食付:18,000円~

自家発電装置のある宿

 

KIKI 知床 ナチュラルリゾート

1名1泊2食付:13,000円~

自家発電装置のある宿

 

夕陽のあたる家

1名1泊素泊まり:4,500円~

 

釧路センチュリーキャッスルホテル自慢の朝食が出ないだけなら許せた。

続きを見る

-北海道, 旅行, 日本
-

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.