トラベルグッズ 暮らしのアイテム

初心者が軽登山にトレイルランニングシューズを使用してみた感想。

投稿日:2017年9月17日 更新日:

先日はじめて登山にチャレンジし、立山黒部アルペンルートの雄山を登りました。

雄山登山について事前に調べていたとき、

「小学生でも登る山。」と安心させてくれるような書き込みがあったと思えば、

「3000メートルの山だから舐めちゃいけない。必要最低限の準備はしていくべき。」と書いていたり。

そんな書き込みを見たので、愛用の歩き疲れない&雨に濡れても大丈夫なビルケンのアリゾナEVAで行くわけにもいかず、軽登山向けの安い登山靴を探すことに。

「5000円以下の登山靴」で探し始めるも見つかるのは、登山初心者には馴染みのないブランドと、いかにも重そうな登山靴ばかり。見た目だけの登山靴を掴むのは避けたい。

「トレッキングシューズ」「ハイキングシューズ」で検索して見つかるものは、値段が高いし普段使いには不便そう。

「ウォーキングシューズ」「ランニングシューズ」だとスニーカーに近いが、登山向けでない。

そして、あれこれ探していて辿り着いたのが、「トレイルランニングシューズ」。

 

adidasトレイルロッカーというトレイルランニングシューズ。

adidasという安心感。アウトドアに疎い人でも知ってますよね。

私は5千円くらいで購入したのですが、なぜか値上がりしています。

adidas Online Shopでの販売が終了してしてしまったようで、その時は在庫処分だったのかも。

楽天やアマゾンでも在庫限りの販売になると思われます。

ニューモデルが出ています!

外観

黒部峡谷でトロッコ電車に乗っている間、ちょっと退屈だったのでとった写真。

裏側に突起があり、しっかりグリップするように作られています。

横。平地を歩くのも問題なし。

 

トレイルランニングとは

マラソンと登山、両者の要素を併せ持つのがトレイルランニング。

昔はランニングのスタイルで入山していたものが、近年のトレイルランニングの普及によって専用の装備も開発されるようになった。

トレイルランニングシューズもそのひとつで、登山靴でもランニングシューズでもない、軽く走りやすくグリップの良いシューズをトレイルランニングに使うことが認知されてきた。
Wikipedia:トレイルランニング

マラソンする気は、まったくもってないんですが、この靴は軽登山になら使用しても大丈夫だと、判断しました。

 

トレイルランニングシューズで軽登山した感想。

メリットは、登山靴に比べて軽いこと。靴を履いていることを負担に感じることがないので、軽快に足が上がります。グリップもスニーカーに比べればしっかりしているので、斜面を歩くのに安心感があります。

デメリットは、運動不足の登山初心者の私は、なんどか足首を捻りました。ハイカットであれば軽減できたかもしれません。あと、乾きやすい素材ではあるみたいですが、防水ではありません。

アンクルソックスを履いていったら、足首見せてる人がいなかったので、不安になって立山駅で1足2000円近くする靴下を買ってしまいました。買ったものの登ってみると、9月初旬で天気が良かったので、山頂でも暑いくらい。ケガを防ぐという面では意味はあったかもしれませんが、防寒の面では不要でした。わざわざ安い登山靴を探して買ったのに。

雄山に登ってみると、短パン足見せ軽装備の本物のトレイルランニングの方がいて、それはそれで格好良かったですよ。

 

立山から室堂日帰り一人旅。雄山登山は初心者でも大丈夫。
立山から室堂日帰り一人旅。雄山登山は初心者でも大丈夫。
車で行く熊野古道一人旅。初心者おすすめルートを歩いてきました。




YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-トラベルグッズ, 暮らしのアイテム

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.