エッセイ 揺さぶる音楽

新たな旅立ちを後押ししてくれる応援ソング。

投稿日:2017年2月10日 更新日:

journey song

旅立ち、出発、卒業、出会い、別れと、人生の節目となる門出を迎えるあなたの旅立ちを後押ししてくれる応援ソングを厳選してみました。

十数年勤めた職場を離れることになった私は、自由になって嬉しかったのと同時に、次の目標をもって自分で動き出さないと何も始まらないプレッシャーもすごく感じていました。そんな時に聴いて心の支えとなった応援歌を紹介したいと思います。

 

足音 〜 Be StrongーMr.children

歌詞はコチラ>>>Mr.Childrenさん『足音 ~Be Strong』の歌詞

めちゃくちゃ聴きました。歌詞の言葉ひとつひとつが当てはまって、転換期を迎えたその当時の自分の気持ちを代弁してくれているような錯覚になりました。一歩踏み出せたら、夢に一歩近づけると思えた一曲。

Youtube

 

Anything-安室奈美恵

歌詞はコチラ>>>安室奈美恵さん『Anything』の歌詞

この曲は全英語詞で、詳しいことまでは何を言っているのかわからないのですが、サビを聴いていると人間という小さな生き物は、自分の体より何倍も大きな山を登り、広い海を渡れるんだから何だってできるさ、と当時の私に見えていた障壁を乗り越えるための勇気をくれた一曲です。

Youtube

 

Elderflower Cordialー槇原敬之

歌詞はコチラ>>>槇原敬之さん『Elderflower Cordial』の歌詞

仕事を辞めて三十代を後半にして、初めて海外一人旅というものを経験しました。この曲を聴きながら、もしかしたら海外という新しい土地に足を運べば新しい人との出会いがあるかもしれない、と胸を膨らませて旅に出たのを覚えています。出会いなんてものは何ひとつなかったのですが、それもまた良い思い出。

 

青空の下、キミのとなりー嵐

歌詞はコチラ>>>嵐さん『青空の下、キミのとなり』の歌詞

サビの盛り上がり方が気持ち良い。嵐が特別好きというわけではありませんが、大野君の歌の上手さだけはほっておけません。リズムのノリがアイドルではないと思います。簡単そうにさりげなく歌っているけどめっちゃ難しい歌うたってます。

Youtube

 

Solo-Iyaz

ポップで明るいメロディーなんですが哀愁が漂っています。私がただ秋に聴いていたからかなぁ。独りになったら今度は二人になって三人になる。今までに別れた人と同じくらいの出会いが待っていると思える一曲。

Youtube

 

Day 7ー西野カナ

歌詞はコチラ>>>西野カナさん『Day 7』の歌詞

いい年のおじさんが西野カナを聴いてるなんてリアルでは人には言えないですが、ここでは自信をもってオススメしておきます。性別関係なく聴ける曲だと思います。CMでも使われていましたよね。今日より明日、明日より明後日。理想の自分にどんどん近づいていけそう。この曲を聴いていれば引き寄せの法則で夢が実現するんじゃないかと思える一曲。

 

Yellow Busー遊助

歌詞はコチラ>>>遊助さん『Yellow Bus』の歌詞

門出を迎えた人に、ぴったりな一曲。仕事を辞めて旅に出る、という夢を実現できたときに聴いていた曲です。旅が楽しみでワクワクという気持ちの裏で、旅が終わってしまったらまた新しい環境に自分の足で突っ込んでいかないといけないという不安もありましたが、ちょっと強気になれます

Youtube

 

 

Braveーナオト・インティライミ

歌詞はコチラ>>>ナオト・インティライミさん『Brave』の歌詞

自分の気持ちを信じて決断することは間違いじゃないと思える一曲。失敗したと思った道でも、ただの遠回りでしかなく、ちゃんと願ったゴールに辿り着けるんだと自分を信じて行動する勇気を持つことの大切さを教えてくれました。

Youtube

 

仲間ーケツメイシ

歌詞はコチラ>>>ケツメイシさん『仲間』の歌詞

仕事を辞める前の気持ちを思い出します。うまくいくよう頑張っても結局うまくいかず、最後には諦めた。「グダグダ言ってないで負けを認めて新しい目標に向かっていけ!と、強めに尻を叩かれているような身が引き締まる一曲。

Youtube

 

Each Other's Way ~旅の途中~ーEXILE

歌詞はコチラ>>>EXILEさん『Each Other's Way~旅の途中~』の歌詞

私の中でEXILEは清木場俊介がいた頃で終わっているのですが、この曲だけはリピートして聴いていました。作詞をATSUSHIがしているのですが、この曲ってSHUNのことを想って書いた曲でしたっけ。近づいたり離れたり、一生を通して、良きライバルと思える存在がいるのって心強いだろうなと思える一曲。私にも年に一度会うかどうかな幼馴染がいますが、死ぬまで友人でいられたらいいなと思う。

Youtube

 

Day by day-AAA

歌詞はコチラ>>>AAAさん『Day by day』の歌詞

小室哲哉が逮捕された後、作詞作曲トータルプロデュースアーティストとして選ばれたのがAAAでした。明るく元気よく勢いで毎日を乗り切るんじゃなく、悩みや課題はゆっくり時間をかけていけば、体に溶け込むように薄らいでいく、そんな気持ちになれる一曲。

Youtube

 

Journeyー清水翔太

歌詞はコチラ>>>清水翔太さん『Journey』の歌詞

人生は長い旅。共にしてくれる誰かがいればいいのになと思える一曲。辛いこと楽しいことなんでも共有し合える相手と出会えるかどうかはわからないけど、とりあえず一歩を踏み出して進んで行けば景色は変わる。この曲を聴いているとブログタイトルが思い浮かびます。私と一緒に旅しませんか?

Youtube

 

 

エッセイ 揺さぶる音楽

片思いソングがあなたの叶わない恋を昇華する【槇原敬之おすすめ名曲集】 

片思いや叶わない恋をしているときって、抑え込んでいても思いがどんどん溢れてきて、感情の行き場がみつからなくて困りますよね。 「映画やアニメのように上手くいかない恋だと頭ではわかっている。」 そんな時は、せめて音楽に浸りながら、恋に恋してるだけだと思えるくらいに酔ってしまってもいいと思うんです。 自分の心に傷をつけてしまう恋愛ではなく、前を向いて歩いていけるような思い出にしましょ。 今回紹介する槇原敬之の片思いソングには、情けない自分をも愛せてしまえるほどの包容力があります。 聴けば聴くほど好きになっていく ...

ReadMore

エッセイ 揺さぶる音楽

ひとりで悲しむのが辛いときに聴いてほしい曲。

祖母が息子(私の母親の弟)を亡くして半年が過ぎました。 信じられず受け止められなかった時期を超え、本当にこの世にいないのを日々感じているようです。 母親から「松任谷由実のひこうき雲のCD持ってたら、おばあちゃんにCD作ってあげてほしいねん。あの曲が頭に浮かぶらしいわ。」と言われ、せっかくなのでオリジナルのプレイリストを作ってみました。 デイサービスでは元気に笑って過ごしてるだろうから、ひとりの時くらい自分の気持ちに正直になって悲しんで、また明日からは元気を出そうと思ってもらえるような曲を集めました。 &n ...

ReadMore

エッセイ 揺さぶる音楽

三浦大知のおすすめはバラード曲!真っ直ぐな優しさに癒されるはず。

仮面ライダーの主題歌「EXCITE」の影響で人気に火が付き、激しい曲でも歌って踊れる人として定着しつつある、三浦大知。 ですが、3曲に1曲くらいの割合でシングル曲としてミディアムテンポの曲をリリースしています。 耳に伝わる優しい歌と、音の隙間を埋めるように目に訴えかけるダンス。 ストーリー仕立ての歌詞ではないのに、歌と踊りが合わさることで不思議とメッセージが伝わってきます。音符を結びながら流れるように踊る、三浦大知のバラードをぜひ聴いてみてください。   Knock Knock Knock (作 ...

ReadMore

エッセイ 揺さぶる音楽

集客できる書き方を指導するブログからは技術だけを頂戴する。

集客できるブログの書き方について調べていると、自然と指導者側のブロガーさんを目にする機会が多くなります。 するとブログの書き方について学んだあと、勉強させてもらったブログを真似して、ブログ運営を教えるブログを同じように作ってしまいがち。 だけど、できれば習得した技術を使って、自分を表現できるようになりたいですよね。 先日、大阪であったB'zのLIVE-GYM 2017-2018″LIVE DINOSAUR”へ行って、そう強く思ったんです。 2017年年末のイベントでは、ボーカル稲葉さんの声が出なくなって中 ...

ReadMore

エッセイ 揺さぶる音楽

安室奈美恵「HERO」と一緒に聴いてほしいオススメの17曲!

「安室ちゃんの<HERO>聴いたら元気でるわ。あんたもってないの?」 と、60過ぎの母親が言い出した。 「HERO」は、2016年8月に開催された、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング。 このHEROという曲は、幅広い年齢層に届いているようですね。安室奈美恵の楽曲を改めてまた聴いてみようかな、そんな風に思える一曲になっているのではないでしょうか。 安室奈美恵「HERO」を聴くなら、ぜひ一緒に聴いてほしい楽曲がたくさんあります。せっかくなので今回は管理人おすすめのプレイリストを ...

ReadMore

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-エッセイ, 揺さぶる音楽
-

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.