エッセイ 老後

自分の居場所は世界が終わるまでわからない。

投稿日:2017年11月19日 更新日:

この動画のオジサン(元WANDSのボーカル上杉昇)は全盛期に「こんな世の中に媚びた曲を歌いたくない。」って言ってグループを脱退し表舞台から去りました。あれから21年が経ち、また歌ってる。

あんなこと言ってたけど、アレンジもせず当時の歌い方を維持してるし。

それでわかったのが「過去を粗末にさえしなければ、また元の場所へ戻りたくなったら戻れる。」ということ。

だから「自分の居場所がわからない。」と悩む人は勇気を出して一旦そこを離れてみればいい。

居場所を転々と変えていけば、自分の居場所は自然と増えていくかもしれませんよ。

今回は元WANDSの上杉昇が歌う姿から感じた「自分の居場所とは一体どうやって作られるのか?」について書いてみます。

 

居心地が良い場所へと向かう。

「売れる楽曲ではなく自分が歌いたいものを作りたい。」

脱退理由としてそんなことが当時の雑誌に書かれていたと思います。

ボーカルの上杉昇はWANDSを抜けて、新たにal.no.coというグループを作りました。

WANDSのファンだった私は、濁声で歌う新しい彼の作品を好きになることができず、追うのをやめました。

そこからも彼は自分の好きな音楽を制作し続けていました。

自分が好きな音楽を作れる環境が彼の目指す心地の良い居場所だったのでしょう。

自分が「心地良い」と思える居場所を作るには、今いる場所をただ嫌って捨てるように離れてしまうのではおそらくダメで。

他に行きたいと思える場所があるからその場を離れるんだと思うことが大切。

というのも、また戻りたいと思ったときに戻れるかどうかは、自分の気持ちではなく、受け入れてくれる人がその場にいるかどうかだからです。

嫌いなものから離れるためではなく、好きな場所へ向かうために仕方なく離れることを強く意識しなければなりません。

それをちゃんと意識できていれば、自分に合った居場所が見つかったときには、元いたところでさえも居場所に変わっていることに気づくことでしょう。

 

誰かに求められて居場所ができる。

「歌うことをずっと大切にしてきたんだな。」というのが動画を見た私の感想。

「世界が終わるまでは」を今風に編曲して濁声で歌われてしまっていたら、この記事は書いていないと思います。

できる限り原曲を忠実に歌っている姿を見て、ファンの気持ちに精一杯答えようとしてくれているのが伝わりました。WANDSの上杉昇としてまた帰ってきてほしい。

歌うことにただまっすぐな人だからあの時あの場所を離れたのは仕方のない選択だったんだ。

そういう想いが生まれます。

当時WANDSの上杉昇として歌う場所は、自分の居場所ではないと感じていた場所。しかし、今彼は多くの人に求められ、離れたくて離れた場所へと戻ってきました。そして求められて戻った場所というのは、きっと自分の居場所なんだと感じられていることでしょう。

 

自分の居場所は今居る場所だけじゃない。

「どこにも自分の居場所がない。死んだほうがマシ。」

自分が知っている世界が全てのように感じてしまいますが、今の私たちが知っている世界はほんの一部にすぎません。今知っている世界に居場所がないだけ。

今までの行動範囲から少し広げてみれば、案外とすぐに居場所は見つかるかもしれません。

ほんの少しでいいから、今まで行ったことのない場所へ足を運ぶことが大切。

自分の居場所とは、自分ひとりが居心地よく過ごせる場所だけではなく、自分以外の人に求められることで見つけられる居場所というのがあったりします。

行動したぶんだけ居場所は増えるだろうし、立ち止まっていれば、いつまでたっても自分の居場所は見つからないとも言えます。

人を嫌って避けて逃げ回っている人は歓迎されませんが、何かひとつでも夢や目標を追う前向きな人でいられたなら、過去に通り過ぎた今は自分のいない場所に居場所ができていることもあります。今居る場所以外にも自分の居場所があるというのはどれほど心強いことでしょう。戻りたくなったらまた戻ればいいんです。

 

 

安心を得ようとするから幸せが遠ざかる。
journey song
新たな旅立ちを後押ししてくれる応援ソング。

スマホ記事下

-エッセイ, 老後
-

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.