犬と暮らす

ドッグフードの原材料チキンミールが犬に危険だと言われる本当の理由。

2018年5月3日

愛犬のドッグフードの食い付きが悪いので、ネスレが販売するドッグフード「ピュリナワンほぐし粒入り成犬用」を購入しました。

購入してみたものの「ピュリナワンの品質ってどうなんだろう?」と、気になって調べてみると、グーグルの検索結果に表示されるドッグフードを紹介している多くのサイトで、原材料のチキンミールが危険だと書かれていました。

しかし危険性の元となる参考資料は記載されておらず、根拠ははっきりしていませんでした。

ドッグフードの原材料チキンミールが犬には危険と言われる理由はどこにあるのでしょうか。

「チキンミールが入ってるドッグフードは避けたほうが良い。」とわざわざ書きたくなる理由が何かあるような気がしたので自分で調べてみることにしました。

 

ネスレピュリナワンほぐし粒入り成犬用は低品質って本当?

ネスレ通販で「ピュリナワンほぐし粒入り成犬用」を購入しました。値段は高くないし、会社もネスレだから大丈夫だろうと思ってこの時はよく調べずに買いました。

アマゾンや楽天でも購入できます。

700gずつ小分けにパックされていて衛生面にも気遣いが感じられます。

おにぎりせんべいみたいな形をしているドッグフードに、噛み応えのあるほぐし粒が混ざっていて、噛むとカリカリといい音がします。

 

ドッグフードに好ましくない原材料が入ってる?

犬を飼い始めたころに、動物病院の先生に「ドッグフードだけはいいものを買わないとダメですよ。」と言われていたのを思い出し、ネスレ「ピュリナワン」の品質について調べてみました。

グーグルの検索上位に出てきたものを読んでみると、ピュリナワンの評価はよくありませんでした。

理由は下記のものが原材料に含まれているからでした。

  • コーングルテン
  • とうもろこし
  • チキンミール
  • 小麦
  • 大豆ミール
  • たんぱく加水分解物

 

チキンミールについて調べてみました。

ドッグフードの原料「チキンミール」って何?

「チキンミールが原材料に使われているドッグフードは危険です。」と書かれている記事が、インターネットを検索するとたくさん出てきます。だいたい理由として書かれているのは下記の内容。

チキンミールとは、鶏の様々な部位を集めて混ぜ合わせ粉々にしたもので、クチバシ・トサカ・羽根・足・骨・内臓・毛・糞尿などが含まれている
病死・腐敗した鶏やガン細胞や寄生虫に感染した部位、汚染された血液などが一緒にレンダリングされることもある。

参考ドッグフードの原材料『チキンミール』とは?犬に危険の意味/ドッグフードの達人

内臓が混ざっているくらいならあり得る話かと思うのですが、「病死・腐敗した鶏が混ざっている」って、そんなものが大手メーカーの商品に使われているなんてありえますか?

ドッグフードは外国産が多いので、「チキンミール」を英語で検索にかけてみました。
ちなみにピュリナワンの原産国はアメリカ。

Chicken meal is the dry rendered product from a combination of clean chicken flesh and skin with or without accompanying bone, derived from whole carcasses of chicken, exclusive of feathers, heads, feet and entrails.

出典:Chicken meal / wikipedia

exclusive of は「~を除いて、~を入れないで」という意味。

clean chicken flesh は「清潔な鶏肉」という意味。

羽・頭・足・内臓を除く清潔な鶏肉」と書かれているのは間違いありません。

 

日本語に訳されているサイトを見つけました。

家禽(チキン)ミールは骨の有無を問わない清潔な肉と皮をレンダリングして乾燥した製品です。羽毛、頭、足及び内臓は含まない家禽もしくは家禽の一部を使用したものです。

参考家禽ミールとは?清潔な肉と皮、骨を使用した鳥類の乾燥肉だった/キャットフードの学校

こちらのサイトで訳されている文章の原文は、私が見たウィキペディアではなく「AAFCO(Association of American Feed Control Officials)」の定義でした。

AAFCOとは、ペットフードの栄養基準を提示している米国の機関。

AAFCOのホームページで、チキンミールはChicken mealではなく、Poultry Meal(家禽ミール)と表記されています。

“Poultry Meal is the dry rendered product from a combination of clean flesh and skin with or without accompanying bone, derived from the parts or whole carcasses of poultry or a combination thereof, exclusive of feathers, heads, feet and entrails.

出典:What is in Pet Food/AAFCO

そのAAFCOが「チキンミール(Poultry Meal)は骨の有無を問わない清潔な肉と皮をレンダリングして乾燥した製品で、羽毛、頭、足及び内臓は含まない。」と定義しています。

チキンミールには「4Dミート(腐っていたり、病気をもっている動物の肉)が使用されている可能性がある」という説明をされているサイトもありますが、AAFCOの定義ではチキンミール(Poultry Meal)に4Dミートは含まれません。

 

AAFCOが定義する「チキンミール(Poultry Meal)」は「肉骨粉」ではありません

参考にしたサイト「家禽ミールとは?清潔な肉と皮、骨を使用した鳥類の乾燥肉だった/キャットフードの学校」に、チキンミールになんでも入っていると誤解されるようになったのは、「肉骨粉」からきているのではないかということが書かれていました。

AAFCOを見てみると、同じページにPoultry Mealと並んで、Meat MealMeat and Bone Mealの記載があるのですが、ぱっと見どれがチキンミールなのかわかりません。

Meat and Bone Mealという単語を見て、これをチキンミールだと思った人がいたとしたらどうでしょう。

Meat and Bone Meal is the rendered product from mammal tissues, including bone, exclusive of any added blood, hair, hoof, horn, hide trimmings, manure, stomach and rumen contents except in such amounts as may occur unavoidably in good processing practices.

出典:What is in Pet Food/AAFCO

AAFCOのサイトに書かれているMeat and Bone Mealの説明を英語が読める人であれば、「血、髪、蹄、角、トリミング、排泄物、胃などを除いたもの」であることがわかるのですが、

英語を読めない人が、Meat and Bone Mealをグーグルで日本語に訳すと「肉骨粉」と表示されます。

そして、「肉骨粉」の意味を検索すると下記の説明が表示されます。

肉骨粉(にくこっぷん)は、牛・豚・鶏から食肉を除いたあとの屑肉、脳、脊髄、骨、内臓、血液等を加熱処理の上、油脂を除いて乾燥、細かく砕いて粉末としたもの

出典:肉骨粉/wikipedia

肉骨粉だと、血も内臓も含まれており「なんでも入っている」というのが当てはまります。

また、「人間が食べる部分をすべて取り除いた副産物が入っている」という説明がされるのも、肉骨粉には当てはまりますが、AAFCO基準のチキンミールには当てはまりません。

チキンミールをMeat and Bone Mealだと勘違いした人が、翻訳機で日本語に訳した段階で意味が変わってしまったのではないでしょうか。

 

ここまででわかったこと

AAFCOガイドライン表示のチキンミール(Poultry Meal)

AAFCOが定義するチキンミール(Poultry Meal)は、骨の有無を問わない清潔な肉と皮をレンダリングして乾燥したものです。羽毛、頭、足及び内臓は含まれません。また、AAFCO基準のチキンミールに、4Dミート(腐っていたり、病気をもっている動物の肉)が使用されることはありません。

米国ではAAFCOのガイドラインに沿って原料に"Poultry Meal"と表示されていても、日本向けに作られたときに「チキンミール」と訳されていることがあります。別物である鳥由来肉骨粉も「チキンミール」です。

 

国産の鳥由来肉骨粉は「チキンミール」です

AAFCOのPoultry Meal(チキンミール)は肉骨粉ではないことはわかりました。

そしてさらに、肉骨粉について調べてみると意外な事実が判明。

日本国内で製造されるドッグフードには、肉骨粉を原料に使用することが認められていました。つまり、国産のドッグフードには肉骨粉が原料として使われているものが実在しているということです。

 

一般社団法人ペットフード協会より抜粋。

平成13年に日本国内でBSE(牛海綿状脳症)が発生したことに伴い、農林水産省より安全性が確認されるまでの措置として国内における肉骨粉等の製造、流通、使用が一時禁止されました。 その後、牛由来原料の混入が全く無いことが確認された原料業者が製造した豚、鶏由来の肉骨粉等はペットフード原料としての利用禁止が解除されています。 又、平成19年12月4日からBSE非感染が確認された牛から抽出される食用油脂の製造工程から発生する肉粉等に限り、ペットフード用への利用が解除されております。

これらの豚、鶏由来の肉骨粉等、及び牛由来の肉粉等を使用したペットフードを国内で製造する場合、製造工場,生産設備について、 独立行政法人農林水産消費安全技術センターの立ち入り検査により製造基準適合確認を受け製造されておりますので、現在流通しているペットフードは安心してご利用いただけます。

輸入製品についても安心してご利用いただけるよう、ペットフード協会では、BSE汚染国からの牛由来の肉骨粉等を原料として使用しないよう、指導を徹底しております。

ペットフードの原材料

そして安価な国産ドッグフードの成分表示に「チキンミール」と記載されているのを確認できました。このドッグフードはAAFCOの表示がなく日本国内で製造されているため、おそらく「国産の鳥由来肉骨粉」が使用されていると思われます。

国産で、AAFCO表示がなく、原材料にチキンミールが使用されているドッグフード↓↓

 

ここまででわかったこと

国産のチキンミール

国産のドッグフードに使用されるチキンミールは「鳥由来肉骨粉」である可能性が高い。

原材料の表示に「鳥由来肉骨粉」ではなく「チキンミール」と表記されていることがあります。

「チキンミール」と表示されていても、「鳥由来肉骨粉」なのか「AAFCO基準のPoultry Meal」なのかは正直わかりません。

 

ピュリナワンに入っているチキンミールは"Poultry Meal"ではなかった

ピュリナワンのチキンミールは"Poultry By-Product Meal"

ずっと、ピュリナワンに入っているチキンミールはPoultry Mealだと思って書いていましたが、「ピュリナワンの値段ではAAFCOが定義するチキンミール(Poultry Meal)は調達できませんよ。」とコメントをいただきました。

アメリカで販売されているピュリナワンの原料表示を見てみました。商品名が興味深くて、「チキン&ライス」なんです。日本では「生チキンが主原料」って大きく書いてます。

INGREDIENTS: Chicken (source of glucosamine), rice flour, corn gluten meal, whole grain corn, chicken by-product meal (source of glucosamine), whole grain wheat, soybean meal, beef fat naturally preserved with mixed-tocopherols, glycerin, liver flavor, calcium carbonate, mono and dicalcium phosphate, salt, caramel color, dried carrots, dried peas, potassium chloride, VITAMINS [Vitamin E supplement, niacin (Vitamin B-3), Vitamin A supplement, calcium pantothenate (Vitamin B-5), thiamine mononitrate (Vitamin B-1), Vitamin B-12 supplement, riboflavin supplement (Vitamin B-2), pyridoxine hydrochloride (Vitamin B-6), folic acid (Vitamin B-9), menadione sodium bisulfite complex (Vitamin K), Vitamin D-3 supplement, biotin (Vitamin B-7)], MINERALS[zinc sulfate, ferrous sulfate, manganese sulfate, copper sulfate, calcium iodate, sodium selenite], choline chloride, L-Lysine monohydrochloride, sulfur.   X-4154

Manufactured and guaranteed by: Nestlé Purina PetCare Company, St. Louis, MO 63164 USA

Animal feeding tests using AAFCO procedures substantiate that Purina ONE SMARTBlend Chicken & Rice Formula provides complete and balanced nutrition for maintenance of adult dogs.

参考Purina ONE® SmartBlend® Chicken & Rice Formula Natural Adult Dog Food

チキンミールのところには、chicken by-product mealと記載されていました。Poutry Meatじゃありませんでした。

AAFCOのサイトには、”Poultry By-Product Meal”と表記されています。

Poultry By-Product Meal consists of the ground, rendered clean parts of the carcasses of slaughtered poultry such as necks, feet, undeveloped eggs and intestines, exclusive of feathers except in such amounts as might occur unavoidably in good processing practices

What is in Pet Food/AAFCO

Poultry By-Product Mealは、屠殺された鳥から清潔な首・足・未発達の卵・腸をレンダリングしたもの(羽は除いて)。

ピュリナワンに入っているチキンミール(Poultry By-Product Meal)は、限りなく肉骨粉に近いものであることがわかりました。

別に「チキン(Chicken)」と原料に記載されているので、鶏肉が入っていないわけではありません。

「チキンミールは肉骨粉ではない!」と私は考えていましたが、そうではなくて、「AAFCO基準のPultry Meal、Poultry By-Product Meal(どちらも日本語に訳すとチキンミール)」が原料のドッグフードと「国産鳥由来肉骨粉のチキンミール」が原料のドッグフードが存在しています

 

チキンミールは健康に悪いのか?

なんでか「チキンミール(鳥由来肉骨粉)は体に悪いもの」と決めつけてここまで書いてきましたが、本当にそうなのでしょうか。鳥由来肉骨粉についてさらに調べてみると、わかったことがありました。

国内で製造される鳥由来肉骨粉が何に使われているものなのかっていうと、「飼料」なんです。

「飼料」とは、家畜のエサです。

日本では、鳥由来肉骨粉は、鶏、豚、魚への飼料利用が認められています。

そんな鶏や豚や魚に肉骨粉を与えて飼育する理由って何のためかわかりますか?

そう、人間の食料のためです。

牛乳や卵だったり、お肉だったり。

「肉骨粉」は間接的にですが、確実に人間の身体に取り込まれているんです。

参考BSE根絶のために飼料規制について/農林水産省

 

肉骨粉が入っていないドッグフードを選ぶ飼い主さんは、一度自分が口にしている食品に肉骨粉が関わっていないかどうかを調べたほうがいいかもしれませんよ。

飼料安全法をもとに製造される肉骨粉と、ペットフード安全法をもとに製造される肉骨粉では、品質に違いがある(食料になる畜産動物の飼料に使われる肉骨粉のほうが品質がいいという噂)といわれたりしますが、国産の肉骨粉(チキンミール)がどこでどんなふうに作られているのか知ることができない限りは、AAFCOを基準にして作られたドッグフードの方が安心ですよね。

 

AAFCOの基準を満たすドッグフードが低品質と言われる業界。

「AAFCO」について詳しく調べてみました。

すると検索結果にとても興味深い内容の記述があるのを見つけました。

「AAFCOの基準を満たしています」と記載されていても、それが良いドッグフードとは限りません。むしろ、総合栄養食と記載されていたり、AAFCOの基準を満たしていますと記載されているフードで、良いフードに出会ったことがありません。データ上の数字だけ、無理やり基準値に合わせている場合が多いです。

「総合栄養食」と記載されていたり、「AAFCOの基準を満たしています」と記載されているフードを見ると、逆に品質の悪いドッグフードだと思ってしまいます。

そもそも、ペットフード公正取引協議会に加盟している団体だけの任意のルールであって、加盟していない会社には全く関係のない話なのです。

私どもはこのペットフード公正取引協議会には加盟しておりませんし、最近設立された良質なドッグフードを発売している会社などは、ほとんど加盟しておりません。

参考ドッグフードの総合栄養食(AAFCO基準)について/日優犬高松

わけがわからなくなってきましたが、落ち着いて考えてみると少しわかってきました。

AAFCOの栄養基準を満たしているくらいでは商品の売りにはならないのがドッグフード業界なんですよね。

他の商品と差別化するために、何か特別感が必要なのでしょう。

「健康に良い原材料を入れている」とか、逆に「健康に悪い原材料を入れていない」とか。

さらに、「ペットフード公正取引協議会には加盟しておりません」という記載があり気になったので、ペットフード公正取引協議会について調べてみました。

当協議会は、「不当景品類及び不当表示防止法」(昭和37年法律第134号)第31条第1項に基づき、昭和49年10月に公正取引委員会の認定を受けて、 ペットフードの表示に関する事項を定めた『ペットフードの表示に関する公正競争規約』及び『ペットフードにおける景品類の提供の制限に関する公正競争規約』を 円滑かつ適正に運営することにより、事業者間の公正な競争を確保し、もって、一般消費者の合理的な商品選択に資することを目的とし設立されました。

日本国内で販売されるペットフードの90%以上は、会員社でカバーされています。

現在は、非会員社も含めて市場にあるほとんどのペットフードが、この表示ルールに則っていますのでペットフードの一般的なルールとなっています。

出典:ペットフード公正取引協議会

 

ピュリナワンを販売する「ネスレ」、セレクトバランス(今与えているドッグフード)を販売する「ベッツチョイスジャパン」の名前が会員一覧の中にありました。

Windowsだと下記のリンクを開き「CTR+F」で検索窓が出るので、そこに調べたい名前を入れるとわかります。

参考会員一覧/ペットフード公正取引協議会

ペットフード公正取引協議会に加盟せず良質を謳う販売店の目的が私にはわかりません。良質で公正なものを作っているのなら加盟すればいいだけのことでは。

それこそ良質なのは文字だけで、実際の品質は異なるドッグフードを作っていそうではありませんか?

そう考えると、ペットフード公正取引協議会に加盟している製造元のAAFCO栄養基準をクリアしているドッグフードは、原料の質については不明ではあるが、栄養バランスがとれていることは保証されているわけなので、「健康に良いドッグフード」だと言えます。

ピュリナワンのパッケージには「ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています。また、AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たしています。」と記載されています。

ペットフード公正取引協議会の基準をクリアした栄養バランスの良いドッグフードにのみ「総合栄養食」の表示が認められています。

ドッグフード業者のサイトで、「AAFCOの基準を満たしていても入っている原料の品質が良くないかもしれません」「AAFCOの基準を最低ラインしか満たしていない」と書いてあるのをよく見かけますが、栄養基準には、下限量だけでなく上限量も定められています。栄養素に偏りがないことを証明するために表示されているので、たくさん入っていればいいというわけではありません。それに体に悪い原料を混ぜて栄養バンスが取れたものが出来上がるとしたらそれは奇跡の調合ですよね。

何かを特別に多く入れたり抜いたりすることで、栄養バランスが崩れたドッグフードが出来上がっているのであれば、原料の品質が良かったとしても健康面からすると逆効果です。

合成着色料・香料 無添加の表記もあり。

 

チキンミールと同様に犬に良くないといわれる「穀物」について。

ドッグフードの品質を比較する際に、チキンミール以外にも、「穀物」が入っていることが犬にとって良くないと書かれていることがあります。

以前に「犬が食べてはいけない禁止食品まとめ。」を書いた時には出てこなかったトウモロコシや大豆があるのはなんでだろうとさらに調べてみました。

穀物が良くない理由として書かれているのは大体がこのふたつ。

  1. 犬には穀物を消化するための酵素が少ない。
  2. アレルギーを起こしやすい。

犬の祖先のオオカミが肉食であるため犬は穀物をうまく消化できないと説明されていることが多いです。

しかし、ネスレの見解はというと、

穀物は、他の原料と相乗効果を発揮します。ピュリナの長年の研究により、トウモロコシなどの穀物は、フードに含まれる他の栄養素の消化吸収をうながすことが確認されています。
多くの人が犬は肉食だと思っています。 実際犬は雑食です。野生の狼でも植物と動物の両方から栄養を摂取しています。

参考犬の健康のための穀物/ピュリナ

犬の消化に関しては他に下記のような記事がありました。

2013年、スウェーデンの大学の研究チームによる、科学専門誌『Nature』の中で、「デンプンを分解するためのアミラーゼという消化酵素の遺伝子のコピーを犬はオオカミの2~15倍持っていて、犬のアミラーゼ活性はオオカミの28倍にもなっていることが明らかになった」との発表。

参考穀物(穀類)が与える犬への影響は?グレインフリーなドッグフードのメリットとは/POCHI

消化に関しては問題なさそです。

しかし、稀に穀物アレルギーで体を痒がったり便が緩くなったりする犬がいるそうなので、そういうときはグレインフリー(穀物不使用)に変えてあげたほうがいいでしょう。

ネスレのピュリナワンには、グレインフリーはありませんが、食物アレルギーに配慮し主原料にサーモンを使用する「ピュリナワン食物アレルゲンケア」があります。

 

ネスレピュリナワンの総合評価。

ネスレのドッグフード・ピュリナワンは、

  • 合成着色料・香料が無添加。
  • ペットフード公正取引協議会の給与試験で総合栄養食に値すると証明されている。
  • 穀物や鳥の副産物が原料に入っているが栄養バランスはAAFCOの基準値をクリア。

ピュリナワンは、ヒューマングレードの食材(人間の食品に使われるレベルで管理された品質の原材料)は使われていないけれど、低品質なドッグフードではないことがわかります。主原料にチキンが入っているくらいで本当に特徴がない。

ドッグフードの原材料にヒューマングレードが必要か悩むときは、人間だって間接的にヒューマングレードではないものを体に取り込んでいること(人間が食べている鳥豚魚のエサはヒューマングレードじゃない)を基準に考えるといいかもしれません。人間が食べないものを自然界の生き物が食べるのは普通にあることですし。

ドッグフードってどちらかというと、人間でいうとサプリメントに近いんじゃないかと私は思います。栄養を摂ることが目的。

動物愛護に関しては日本よりも欧州のほうが進んでいるのは確かなので、海外の高級ドッグフードをすすめられると選びたくなる気持ちはわかります。(米国のAAFCOのように、欧州にはFEDIAFがあって、そちらもまた機会があれば調べてみたいです。)

だから、海外のドッグフードを食べる犬のほうが長生きしているのかどうか、欧州と日本で暮らす犬の寿命で判断してみようと思って調べましたが、データを見つけられませんでした。しかしデータがなくても、海外と日本で犬の寿命に大差があるんだったらみんな知ってるくらい情報が出回ると思うんですよね。

「チキンミールは危険!」「穀物は入っていないほうがいい!」とか言われると入っていないものを選びたくなる愛犬の健康を願う飼い主の心理をうまく利用されているのかもしれません。

本当に安心安全なドッグフードかどうかを知りたければ根拠となるデータを自分で探す必要があります。

AAFCOの基準を満たし、ペットフード公正取引協議会の給与試験の結果、総合栄養食(毎日の主要な食事)と証明された、合成着色料・香料・無添加のドッグフード、ネスレのピュリナワンの品質を「低品質」というのが、今の日本のドッグフード業界。

愛犬の健康は飼い主の知識と判断に委ねられています。

 

ルル
あなたはピュリナワンをどう評価しますか?

>>>ピュリナワン製品詳細/ネスレ

 

ちなみに、「ネスレの純利益24%増、スキンケア事業売却で 19年通期/日本経済新聞」「ペットフードに頼る食品大手、健康志向で競争も激化/WSJによると、ネスレ(スイス)が発表した2019年12月期決算は、純利益が前の期比24%増で、ピュリナワンの売れ行きも世界的に好調のようです。

 

inugatabetehaikenaimono
犬が食べてはいけない禁止食品まとめ。

続きを見る

犬用ふりかけでドッグフードを食べない犬のわがままを克服!?

 

-犬と暮らす
-

© 2020 ワイライク