エッセイ ブログの書き方

プロブロガーとは何なのか。

投稿日:2016年10月14日 更新日:

Note

収益化に成功したことを売りにしてしまった者が使う肩書きが「プロブロガー」。

追記

ブログを書き始めて4か月目に入り、プロブロガーとは何なのかわかってきました。

タイトルに書いた通り、プロブロガーとはブログを収益化する技術をもつ者のことを指します。

一般的なブロガーとは、ブログを使って自分の好きなことを文章にして届ける人たち。彼らは、収益化にも成功し、多くの人に読まれるブロガーとなっていても「プロブロガー」と自称しない人が多い気がします。

なんでかというと、彼らには突出した個性があり、プロブロガーという肩書に頼る必要がないから。

収益化している・していないに関わらず、多くの人に読まれる文章を書くことができています。

本当の意味で彼らのような人たちをプロブロガーと呼ぶべきだけれど、彼らはプロブロガーなんていう肩書は必要としていない。「~のブログの運営者」というだけで充分通用する存在になっているから。

その余ったポジションをうまく利用しているのが、ブログの収益化を目的に活動しているブロガーたち。お金を稼ぐことができているので、プロブロガーという肩書は、プロテニスプレイヤーやプロゴルファーのように、一種の職業として人から認められやすくなります。

収益化のプロ(プロブロガー)になると、収益化に興味のある人たちばかりが集まりはじめ、ブログに書くのも収益化に関する内容のものがほとんどになってしまうのが特徴。

そうなると、ブロガー自身の個性は必要とされなくなるので出しにくくなります。

本当のプロブロガーは収益化には成功しつつも、収益化に関するノウハウには触れず、自分の好きな事を書き続けています。

「プロブロガー」なんて名乗らずに、しっかり稼いでいるブロガーがたくさんいます。

この前、「ファッションプロブロガー」と名乗っている人を見かけました。

はじめは、「ファッションプロブロガー」という言葉に違和感しか覚えず、何を言っているんだと思って見ていました。しかし、こういう違和感あるものの方が世間に広まっていくのではないかと興味をもってしまったのも事実。

本人はファッションに興味があるから始めたブログのようだったが、「ファッションに関しては素人だけど、ファッションを扱ったブログでさえも収益化できます!」と言っているのだと私は理解しました。

これを見たプロモデルのブロガーが収益化に興味を持って「プロモデルブロガー×ファッションプロブロガー」でひとつのサイトを成功させてもいい。だけれど、もしファッションプロブロガーがファッションモデルとしてやっていきたいならうまくはいかないかもしれない。

ファッションブログをプロモデルブロガーに譲り、メイクアッププロブロガーにでも肩書を変えてやりなおさなければならない。

そこで、またプロメイクのブロガーとの出会いがあり、メイクアッププロブロガーはブログの収益化に協力する。

そして彼女はどんどんブログ収益化のプロとして成長していくのです。

結局は、プロブロガーと名乗ってしまったブロガーの売りはブログ収益化でしかなくなってしまう。

ブログ収益化のアドバイザーとしてブログを書きたいのでなければ、いくら稼ぎたくてもプロブロガーという肩書は名乗らない方が自分のためでしょう。そうならないためには、例え収益化に成功しても、それを売りにしてはいけない。

収益化のプロを名乗るには、収益化に成功している証拠として自分のブログが必要になる。しかし、プロブロガーを目指す人を対象として訪問者数を上げること、収益化にある程度の知識がある人から、コンバージョン率を上げることが困難なのは、ブログをはじめて間もない私でもわかること。

プロブロガーの多くがブログ収益化のプロとして活動を継続することに限界を感じているように思います。最終的にプロブロガーとしておすすめできるのは、初心者に向けたサーバー、ドメイン、ワードプレステンプレートくらいではないでしょうか。

しかし、それを売るのはブロガーでなくても、アフィリエイターでもできること。そこでノートの有料化やサロンといったサイト運営者の名前を活かす流れになってしまうのはもはや仕方がありません。

「プロブロガー」を名乗るより、「成金ブロガー」のほうが収益を上げやすいのではないかと昨今のブームを見ていて思います。プロブロガーを目指す人より、お金持ちになりたい人の方が圧倒的に多いのだから。インスタグラムから多くの人をブログにひっぱってこれそう。

プロブロガーくらいになっていれば、そのくらいはわかるはず。でもそれをしないのは「成金ブロガー」と名乗れるほど稼げてる人はいないということ。そう考えるとプロブロガーとは意外と地味な職業なのかもしれない。

追記終り

 

※ここから先はブログを開始して1か月目の私が書いた内容になります。

ひたすら書き続け収益化する。

仕事を辞め、ブログで生計を立てることを夢見てブログ(このブログではない)を一度だけ始めた事があった。その時に知ったのは、家にこもってブログに専念するのは難しいということ。

ブログに専念するためには、ブログ以外の事に専念しないと何も書くことがなくなっていく。自分の好きなことを書いて収益化できるのが理想だが、自分の好きなことをする&その出来事を他の人にも知ってもらうために書く。その両方ができる人が本当のブロガーなんだと思う。

そんな本当のブロガーでもブログで生計を立てている人のことをプロブロガーだと呼ぶのだとしたら収入には繋がらないブログを書くブロガーはプロとは言えない。そこから、アフィリエイトやアドセンスの知識をプラスすることで収益化がはじまるが、はたして収益化の知識を得る過程までもを自分の好きなこととして行動できている人がどの程度いるのか疑問が浮かぶ。

プロブロガーに適しているのは好きなことを書き続ける能力と収益化する能力の両方を兼ね備えている人

 

素人がブログで収益化できるのか挑戦する。

ここまで書いていて自分はプロブロガーには程遠いとはっきりわかる。私はどちらかというと自分の好きなことをしたって別に人に知ってもらわなくてもいい人だ。ツイッターもフェイスブックもやってなかった。SEOの知識もほとんどない。

なのにまたブログを始めてしまった。つまりこれは趣味ではなく収益化を目的にしてブログを書くことを意味するが、続けることが一番難しいとわかっている。楽して大儲けしようと考えてはじめたわけじゃないし、実際記事を書くのは楽じゃない。仕事をしながら書き続けることで千円でもいいから副収入を得られるようになるのか実験のつもりでやっていく。

その過程をみなさんにも知ってもらいたい。

 

10年で何者かになれるよ。どのタイプのブロガーを目指す?

続きを見る

blogger
ブログを始める前にお金以外の目標を設定したのが良かった。

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。
限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、「あの時しておけばよかった。」と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-エッセイ, ブログの書き方

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.