エッセイ 揺さぶる音楽

片思いソングがあなたの叶わない恋を昇華する【槇原敬之おすすめ名曲集】 

投稿日:2018年12月1日 更新日:

片思いソングがあなたの叶わない恋を昇華する【槇原敬之おすすめ名曲集】 

片思いや叶わない恋をしているときって、抑え込んでいても思いがどんどん溢れてきて、感情の行き場がみつからなくて困りますよね。

「映画やアニメのように上手くいかない恋だと頭ではわかっている。」

そんな時は、せめて音楽に浸りながら、恋に恋してるだけだと思えるくらいに酔ってしまってもいいと思うんです。

自分の心に傷をつけてしまう恋愛ではなく、前を向いて歩いていけるような思い出にしましょ。

今回紹介する槇原敬之の片思いソングには、情けない自分をも愛せてしまえるほどの包容力があります。

聴けば聴くほど好きになっていくし、聴き飽きてしばらく離れたとしても、ふとまた聴きたくなる周期が自然と訪れてくる。

そんな槇原敬之の魅力ある名曲の中から、片思いや叶わぬ恋をしている人におすすめしたい曲、立ちすくんでいたら霧が晴れて一歩を踏み出そうと思えた歌を集めてプレイリストを作ってみました。

曲の世界観に合うように書いたので、ぜひ試聴しながらこの先を読んでみてください。

ボタンをクリックするとプレイリストが試聴できます

彗星

「彗星」は、2000年に発売された10枚目のアルバム「太陽」の1曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

この瞬間にも人は産まれ亡くなっている。

人の生死ですら奇跡とも言える確率で起きているのだから、小さな願いが叶わないのは当然のこと。

自然と優しく現実を受け入れて、静かに強く今を生きようと思える一曲。

>>>彗星の歌詞を見る

 

キミノテノヒラ

「キミノテノヒラ」は、1994年に発売された12枚目のシングル「SPY」のカップリング曲で、2013年発売のベストアルバム「春うた、夏うた。〜どんなときも。」の8曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

願いが叶わないのを誰かのせいにするのはもうやめよう。

だからといってもちろん自分を責める必要もない。

憧れの人だから良いところばっか目について、幸せそうに見えるし羨ましくもなる。だけど、よくよく見れば同じような経験をしていて、どこかに残している傷跡が見えてくるような一曲。

>>>キミノテノヒラの歌詞を見る

 

東京DAYS

「東京DAYS」は、1994年に発売された5枚目のアルバム「PHARMACY」の12曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

人から見れば寂しそうに思われる生活をしているかもしれない。

だけど、家族を守る友人のように、自分だって人を愛する気持ちを知っている。

恋をして喜んだり悲しんだり怒ったりできる日常が素晴らしいと思える一曲。

>>>東京DAYSの歌詞を見る

 

うたたね

「うたたね」は、1997年に発売された7枚目のアルバム「Such a Lovely Place」の1曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

叶わなかった辛い恋も、いずれは振り返って穏やかな気持ちになれるような「思い出」へと形をかえる。

巻き戻すことはできないと受け入れたとき、あの時の出来事が「思い出」になると教えてくれるような一曲。

>>>うたたねの歌詞を見る

 

PEAGUIN

「PEAGUIN」は、1996年に発売された6枚目のアルバム「UNDERWEAR」の2曲目に収録されています。

 

曲を聴いてひと言

「君」と「僕」、二人が互いに同じ気持ちでいても、人に許してもらわなければ叶えられない恋愛がある。

どんな結果であれ、あの時の選択は間違っていなかったんだと思える一曲。

>>>PENGUINの歌詞を見る

 

ズル休み

「ズル休み」は、1993年に発売されたアルバム「SELF PORTRAIT」の10曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

人知れず誰かを想う私がいるように、どこかで私に片思いしくれる人がいるかもしれないとも思う。

そんな人の気持ちは私に届いていないように、私の気持ちが届くこともないんだと悟ってしまう。

愛されたいと願う人に気持ちを届けるには、誰かが愛してると勇気を出して伝えないといけないんだとわかる一曲。

>>>ズル休みの歌詞を見る

 

LOVE LETTER

「LOVE LETTER」は、1996年に発売された6枚目のアルバム「UNDERWEAR」の11曲目に収録されています。

王道の片思いソング。

曲を聴いてひと言

音楽が素晴らしいのは、言葉にして伝えられない思いを、託して手渡せてしまえるところ。

過去にした片思いを愛しく思える一曲。

>>>LOVE LETTERの歌詞を見る

 

林檎の花

「林檎の花」は、2011年に発売された18枚目のアルバム『Heart to Heart』の5曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

誰かに愛される人もまた誰かを愛する人である。

ただ愛されるだけの人なんていなくて、みんな誰かを想う気持ちで生きているんだと思える一曲。

>>>林檎の花の歌詞を見る

 

In love again?

「In love again?」は、2010年に発売された17枚目のアルバム『不安の中に手を突っ込んで』の9曲目に収録されています。

 

曲を聴いてひと言

いい年して油断をしてしまって、また人を好きになってしまった時に聴きたくなる曲。

片思いしてるだなんて言うのは恥ずかしいから誰にも伝えはしないけど。

>>>In love again?の歌詞を見る

 

君の後ろ姿

「君の後ろ姿」は、2008年に発売された16枚目のアルバム『Personal Soundtracks』の4曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

君と向かい合っているだけで十分幸せなのに、君の後ろ姿を見るとそれ以上を求めてしまう。

不甲斐ないのは自分だけじゃないと思えてくる一曲。

>>>君の後ろ姿の歌詞を見る

 

運命の人

「運命の人」は、2016年に発売された21枚目のアルバム『Believer』の5曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

何度も経験して、片思いなんて風邪みたいにじっとしてれば熱が冷めると頭ではわかってる。

上手くいかないのに、運命の人だと勘違いしてしまうのが恋のやっかいなところ。

片思いで終わらせる恋をしている時に聴きたくなる曲。

>>>運命の人の歌詞を見る

 

PAIN

「PAIN」は、1996年に発売された6枚目のアルバム「UNDERWEAR」の10曲目に収録されています。


曲を聴いてひと言

笑っていれば、幸せそうな人だと思ってもらえるんだから、それでいいのかもしれない。

この笑顔で同じ痛みを抱える誰かを癒すことができるのならそれもいいなと思える一曲。

>>>PAINの歌詞を見る

 

四つ葉のクローバー

「四つ葉のクローバー」は、2012年に発売された19枚目のアルバム『Dawn Over the Clover Field』の9曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

目に見えないものを人が信じなくなってしまったら、世界が夢や希望を失ってしまう。

愛を大切にできる人は、世界が目に見えないものを失わないために必要な存在だと教えてくれる一曲。

>>>四つ葉のクローバーの歌詞を見る

 

Firefly~僕は生きていく

「Firefly~僕は生きていく」は、2008年に発売された16枚目のアルバム『Personal Soundtracks』の10曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

あなたの感じている孤独がいつか誰かを救う小さな光になる。

生きている意味がないとか価値がないだなんて思う必要はないと教えてくれる一曲。

>>>Firefly~僕は生きていくの歌詞を見る

 

Turtle Walk

「Turtle Walk」は、2002年に発売された12枚目のアルバム『本日ハ晴天ナリ』の12曲目に収録されています。

曲を聴いてひと言

ついつい周りに合わせて無理に走ってしまって、現実はコツコツ亀のように歩く方が難しい。

自分らしく歩いていくのは難しいけど、後ろから見た時に僕の背中だとわかるように歩いていこうと思える一曲。

>>>Turtle Walkの歌詞を見る

 

まだ見ぬ君へ

「まだ見ぬ君へ」は、1996年に発売された6枚目のアルバム「UNDERWEAR」の12曲目に収録されています。


曲を聴いてひと言

未来の恋人に出会う時まで、とりあえず目の前の暮らしを頑張って生きようと思える一曲。

>>>まだ見ぬ君への歌詞を見る

 

I got a friend

「I got a friend」は、2002年に発売された12枚目のアルバム『本日ハ晴天ナリ』の9曲目に収録されています。

友人とカラオケに行ったときは、いつもこの曲で締めるくらい好きな曲。

曲を聴いてひと言

その場に合わせて笑うことが辛くなってダメになりそうな時もあるけれど、そばにいてくれる君に感謝してる。

「ありがとう」を伝えたくなる一曲。

>>>I got a friend

 

どんなときも。

「どんなときも。」は、1991年に発売された2枚目のアルバム『君は誰と幸せなあくびをしますか。』の11曲目に収録されています。

槇原敬之といえばこの曲。定番なので外そうかと思いましたが外せませんでした。

曲を聴いてひと言

「(生きていれば)どんなときも(ある)」このひと言にいろんな思いが詰まっている一曲。

>>>どんなときも。の歌詞を見る

 

最後に。

Youtube

行きたかったけど行けなかったコンサートのライブ映像「Makihara Noriyuki Concert 2018“TIME TRAVELING TOUR"1st season」が発売されたので観ました。

過去に一度でも、このコンサートで歌われている曲のどれかを好きになったことがある人には、ぜひ見てもらいたい。このツアーは選曲がものすごくいいです。

マッキーは、当時私たちが大切に聴いていた曲を、今も変わらず大事そうに歌い続けています。

当時はマッキー自身も、歌詞に自分を重ねて恋愛ソングを歌っていたと思います。

しかし、このツアーで聴くマッキーのラブソングは、聴く人ひとりひとりが自由に歌の世界の主人公になれるように歌ってくれているようでした。マッキー自身が年を重ねて恋愛から距離をおいているからか、少し離れたところから恋する人を見守り応援するような歌声に聞こえました。

聴く人の心の動きを感じ取りながら歌うことが出来る、本当に繊細な人なんだと思います。

聴いていると格好悪かったり情けなかったりする自分を許せてしまうから不思議。

曲が終わって冷静に考えるとやっぱりダメな自分なんだけど、「明日はきっと今日よりもいい日だろうな。」と思えるくらいには気持ちが軽くなっているはず。

 

 

 

エッセイ 揺さぶる音楽

片思いソングがあなたの叶わない恋を昇華する【槇原敬之おすすめ名曲集】 

片思いや叶わない恋をしているときって、抑え込んでいても思いがどんどん溢れてきて、感情の行き場がみつからなくて困りますよね。 「映画やアニメのように上手くいかない恋だと頭ではわかっている。」 そんな時は、せめて音楽に浸りながら、恋に恋してるだけだと思えるくらいに酔ってしまってもいいと思うんです。 自分の心に傷をつけてしまう恋愛ではなく、前を向いて歩いていけるような思い出にしましょ。 今回紹介する槇原敬之の片思いソングには、情けない自分をも愛せてしまえるほどの包容力があります。 聴けば聴くほど好きになっていく ...

ReadMore

エッセイ 揺さぶる音楽

ひとりで悲しむのが辛いときに聴いてほしい曲。

祖母が息子(私の母親の弟)を亡くして半年が過ぎました。 信じられず受け止められなかった時期を超え、本当にこの世にいないのを日々感じているようです。 母親から「松任谷由実のひこうき雲のCD持ってたら、おばあちゃんにCD作ってあげてほしいねん。あの曲が頭に浮かぶらしいわ。」と言われ、せっかくなのでオリジナルのプレイリストを作ってみました。 デイサービスでは元気に笑って過ごしてるだろうから、ひとりの時くらい自分の気持ちに正直になって悲しんで、また明日からは元気を出そうと思ってもらえるような曲を集めました。 &n ...

ReadMore

エッセイ 揺さぶる音楽

三浦大知のおすすめはバラード曲!真っ直ぐな優しさに癒されるはず。

仮面ライダーの主題歌「EXCITE」の影響で人気に火が付き、激しい曲でも歌って踊れる人として定着しつつある、三浦大知。 ですが、3曲に1曲くらいの割合でシングル曲としてミディアムテンポの曲をリリースしています。 耳に伝わる優しい歌と、音の隙間を埋めるように目に訴えかけるダンス。 ストーリー仕立ての歌詞ではないのに、歌と踊りが合わさることで不思議とメッセージが伝わってきます。音符を結びながら流れるように踊る、三浦大知のバラードをぜひ聴いてみてください。   Knock Knock Knock (作 ...

ReadMore

エッセイ 揺さぶる音楽

集客できる書き方を指導するブログからは技術だけを頂戴する。

集客できるブログの書き方について調べていると、自然と指導者側のブロガーさんを目にする機会が多くなります。 するとブログの書き方について学んだあと、勉強させてもらったブログを真似して、ブログ運営を教えるブログを同じように作ってしまいがち。 だけど、できれば習得した技術を使って、自分を表現できるようになりたいですよね。 先日、大阪であったB'zのLIVE-GYM 2017-2018″LIVE DINOSAUR”へ行って、そう強く思ったんです。 2017年年末のイベントでは、ボーカル稲葉さんの声が出なくなって中 ...

ReadMore

エッセイ 揺さぶる音楽

安室奈美恵「HERO」と一緒に聴いてほしいオススメの17曲!

「安室ちゃんの<HERO>聴いたら元気でるわ。あんたもってないの?」 と、60過ぎの母親が言い出した。 「HERO」は、2016年8月に開催された、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング。 このHEROという曲は、幅広い年齢層に届いているようですね。安室奈美恵の楽曲を改めてまた聴いてみようかな、そんな風に思える一曲になっているのではないでしょうか。 安室奈美恵「HERO」を聴くなら、ぜひ一緒に聴いてほしい楽曲がたくさんあります。せっかくなので今回は管理人おすすめのプレイリストを ...

ReadMore

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-エッセイ, 揺さぶる音楽

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.