エッセイ 副業介護士の動機

いつも笑顔の人が幸せとは限らない。

投稿日:2016年12月30日 更新日:

 

笑顔を見て幸せそうだと思うのは勝手。

介護士として働いている私は、時々福祉施設を別のものに例えて考えることがあります。

デイサービスのような通所施設をテーマパーク、で老人ホームのような入所施設を家として。ちなみに私が長年働いていたのは障害者の入所施設。

テーマパークはみんなが笑顔になれる時間を提供する場所であるのに対して、家というのは喜怒哀楽が存在する場所。

なのに家の中でいつも笑顔でいることをもとめられたら?

テーマパークに行くと、こんな楽しい時間がずっと続けばいいのにと思いますよね。でも、実際はそう思いながら家へと帰ります。そして家ではそれなりにホッとした時間を過ごすことができますよね。刺激はないけれど安心できる場所なのが家。過去には泣き顔を人には見せまいとぐっと堪えて家に帰った日もあったんじゃないでしょうか。

「毎日がテーマパーク」をモットーに笑顔になれる時間を提供できるのであれば良いけれど。介護士として仕事をするなら、常に笑顔で過ごすことが本当に人間らしい生き方なのかを考えてみてほしい。

家での生活を支えるという仕事は、人生をサポートするということ。人生には喜びだけじゃなくっていろんな感情を感じながら生きることが付き物です。そんな生活ができるようにサポートしなければなりません。喜怒哀楽のどれかひとつでも欠けているならそれは人間らしく生きているとはきっと言いきれない。

わざと怒らせたり、泣かせたりするのも、時と場合によってアリだと私は思います。マイナスの感情には気づかないふりして、明るく振る舞うのは雰囲気作りにはいいけれど、どうしても胡散臭さが醸し出されてしまいます。少しでも負の感情をみせたら、まずその感情を吐き出させることからはじめたい。

人の喜んでいる姿しか評価しない人がたまにいます。マイナスの感情を表に出すと、「何怒ってるの?」「何泣いているの?」と、その姿を見せることが間違っているかのような言葉を掛ける。

笑っていれば感情はあとからついてくるという考え方はよく聞きますよね。けれど笑いたくない時に笑顔を要求されるのは結構苦痛です。逃げ場を与えず笑顔を押し売りしてはいけません

「この場は笑わないといけない」と思ったら、空気を読める人は嘘でも笑うのが普通です。

面白くなければ「面白くない・・・」と言ってくれる利用者に対してのほうが、特に気も遣わず暮らしてくれているのだなと安心できます。怒りの感情や、悲しみの表情を見せてくれたときも嬉しかったりします。原因が自分にあったらそれは喜んでいる場合ではなく反省しなければなりませんが。

だから笑ってくれているから大丈夫と考えるのは早計かなと思います。

 

自然と笑顔になれる人の側にいたい。

私のことを少しだけ。私は同性愛者です。12歳で人を好きになったことで気付き、その時は悲しみや苦しみでいっぱいでした。だけど誰にも言うことができなかったので、自分の部屋を出ればいつも笑って過ごし、何ら他の子と変わりのない生活を送っていました。

そして夜中になると、布団の中で一人泣いていました。親を恨み、神に願いました。

けれど泣いても泣いても、どうにもならなかった。人のせいにしたりもするが、だんだんといくら誰を責めようと何も変わらないことに気付きはじめました。すると変われないのは自分に勇気がないからだと次第に自分自身を責めるようになります。それでも現実は変えられなかった。死にたくはないけれど、誰にも迷惑を掛けることなく消えることができるなら、もし自分の体に電源をオフにするスイッチがあったら自分でそのスイッチを消す勇気があるだろうか。そんなことを考える日々。

だれかが「大丈夫だよ。」って言ってくれればすぐに解決することは知っていたけれど、私は誰にも助けを求めることはできませんでした。

結局だれにも「大丈夫。」だなんて言ってもらえないまま年をとってしまった。

だから、無理をして笑っている人をみるたびにそんな事を考えてしまうのです。

今自分のために言えることは、自分の心が喜ぶことを自分の価値観で探しながら生きて幸せになろうということ。

他人から幸せそうに見えているならそれでもいいかもしれないが、できるなら自分が幸せだと思う生き方をしたい。

そしていつか、そばにいる人を自然と笑顔にさせられるような人になれればいいなと思う。

 

ひきこもりと高齢者が暮らす家
ひきこもりのブロガーが管理する高齢者向け住宅があってもいいと思う。

続きを見る

気づいていないだけであなたにもLGBTQの可能性がある。
安心を得ようとするから幸せが遠ざかる。

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-エッセイ, 副業介護士の動機

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.