LGBTQ

健康寿命を終えても人生は終わらない。人生最後の十年を自分らしく生きるために。

「人生100年時代」なんて言われると、長い人生なんだから老後に好きな事をすればいいやと思って今を犠牲にしてしまいがちですが、平均寿命の算出には介護施設にいる寝たきりの高齢者も含まれていることをご存知ですか?

 

寝たきりで介護を受けながら10年間生きたいですか?

気にすべきは「健康寿命」

WHOが2000年にこの概念を提唱した。

平均寿命から日常的・継続的な医療・介護に依存して生きる期間を除いた期間が健康寿命になる。
出典:健康寿命

要は、何歳まで身の周りの事を自分自身で行えるかです。

介護施設で働く私は、自分の力で食べることができなくなってしまった寝たきりの高齢者が胃に開けられた穴から栄養を送られ、点滴や注射で延命されるのそばで見ていました。そのような自分の意思ではなく家族の希望で(生きていれば年金が入るので)生かされる高齢者も平均寿命には含まれているのです。

昔なら亡くなっていたような方が医療や介護のおかげで長生きしている。それを知らずに「長生きできる」と喜んでしまうのは考えが浅はかといえるかもしれません。

だから、徐々にですが医療や介護を必要としなくても健康で生きられる年齢「健康寿命」を延ばしましょうというのが現代の方針となってきました。

医療や介護なしでは生きられなくなり、健康寿命を迎えてから亡くなるまでの年数ですが、男性9年、女性12年と言われています。つまりみなさん寝たきりになってから10年間は医療や介護など他人の手を借りて生きているということです。

10年って長いですよね。90歳で健康寿命を迎えてからの10年であれば仕方ないとも思えるかもしれませんが、70歳で健康寿命を迎えるかもしれません。

都道府県別で「平均寿命(亡くなる年齢の平均)」が、男女ともに最長なのが長野県、最も短いのが青森県です。

対して「健康寿命」が最も長いのは、男性は愛知県、女性は静岡県。最も短いのは、男性は青森県、女性は滋賀県となっています。

実際に介護現場で働いていると健康寿命の大切さを痛感します。寝たきりになってしまうのもつらいですが、身体は元気なのに認知症のせいで自宅で生活することができなくなってしまった高齢者を見るのがすごく辛いです。

健康寿命をのばし、平均寿命までの十年を自分の意思で生きられるように心がけましょう。

 

健康寿命は伸ばせる

wang-deshun

中国の俳優である王德順(wang deshun)。

彼は、2016年9月に80歳で人生初のランウェイデビューを果たしました。

背筋が伸びているだけで、これほどまでに若々しくそして力強く見えるんですね。

筋肉は何歳になっても努力次第で低下を防ぐことができるといいます。

日ごろの取り組み次第で、80歳になっても若々しくいられるということです。

 

【寝たきり予防】健康寿命をのばす方法。

健康寿命を左右する3つの年齢を若く保つ

  • 血管年齢・・・痴呆の1/3が脳血管によるもの。血管を若く保つことで確実に痴呆になる確率を減らすことができます。
  • 骨年齢・・・寝たきりになる大きな原因が、脳卒中と骨粗しょう症。骨年齢を若く保つことで寝たきりを防ぐことができます。
  • 腸年齢・・・加齢に伴い悪玉菌が優勢となる。腸年齢を若く保つことで感染症やガンのリスクを抑えることができます。

 

健康寿命を延ばす食生活のポイント

  • 塩分と動物性脂肪を控え、栄養素が偏らないようバランスよく腹八分目にして食べること。

 

運動を継続的に行う

  • 運動は何歳から始めても遅すぎることはなく、身体を動かすことによって開発される能力は高齢になっても向上することが専門家のあいだで確認されています。人と笑って話しながらできる程度の運動を1日30分から1時間を2日に1回くらいおこなうのが中高年者の体力づくりに丁度いい運動の目安となっています。

 

孤独死したくない人が知っておくべきこと。

-LGBTQ

Copyright© ワイライク , 2020 All Rights Reserved.