エッセイ 副業介護士の動機

介護士のやりがいを名前を呼ばれる瞬間に感じる。

投稿日:2017年4月29日 更新日:

長い間正社員として勤めた介護施設を辞めて、数年が経ちました。

今も副業で介護士として働くのは、あの頃のように、私の名前を呼んでくれる人がいる場所を、今度はまた違った場所で築きたいからかもしれません。

 

居ない所で名前を出してくれる人がいる。

新しく職員が入り、初めて同じ勤務になった日のこと。

様子をうかがっていたら、向こうのほうから話しかけてくれました。

「YLikeさん、はじめまして。」

「〇○○で働いてました?」

「娘が私の勤務表を見て、YLikeさんって○○○で働いてた人じゃない?って。」

「△△△事業所でヘルパーをしている私の娘から聞いたんだけど、障がい者のSさんが、YLikeさんのことをよく話してたから知ってるって。」

前の職場を離れてから聞いていなかった「Sさん」の名前を聞けて嬉しかったし、Sさんが私がいなくなった後も、私の名前を口に出してくれていたのが嬉しかった。

悪いことを言われていたかもしれないけど。

それを聞いて、当時のことを思い出していました。

 

名前を呼ばれるのは存在する証。

新入職員のその話を聞く数か月前にも、

前の職場の上司と久しぶりに食事へ行っていました。

もう直属の上司ではありませんが、会うといつも、こっそり利用者の近況を教えてくれます。

「Aさんが亡くなった。」「Bさんが入院している。」「Cさんが別の施設に移った。」

そして、ちょうどその時にも、Sさんの話をしていたんです。

「Sさんは入院した先で、気管切開することになり、退院後はうちの施設の利用はできなくなった。」

医療行為が必要になると、介護施設では受け入れができなくなります。

Sさんは、年齢が私より一回りくらい上の男性で、障害認定される難病を患っていました。

進行性の病気で、四肢が思うように動かせなくなる重い病気。

奥さんと子供がいたけれど、子供に病状が悪化する姿を見せたくないという理由で離婚していました。経緯を聞いて私は切なくなったけれど、本人はいつもふざけていて、悲しい別れを経験しているようには見えない人でした。

病気のせいでうまく声が出ないので、彼が何を言っているのか、はじめはさっぱりわかりませんでした。

隣に座ると何やらたくさん話しかけてくれて、聞いているうちに少しだけ聞ききとれるようになっていました。

「オンナノコ ショウカイ シテ・・・」彼はとてもくだらないことを話していました。

話しにくいにも関わらず、頑張って話すのがそんな内容ばかり。こんなくだらない話を頑張って聞き取ろうとしていたのかと思い、バカらしくなることもありました。

「カノジョ サンニン イル。」意味不明。

このくだらない会話は、いつも決まって私の名前を呼ぶところからはじまっていたんです。

私の苗字の2文字だけ。あだ名で呼ばれていました。

名前を呼ばれて、私が彼の隣りの空いた席に腰掛ける。すると、彼は嬉しそうに話しはじめ、私はくだらない話をなんとか聞き取りながら頑張って聞いていました。

弱気な話はしないし、くだらないことばかり言っていましたが、目が優しい人だと私は感じていました。

彼の纏う空気に、介護士の私が和まされていました。

そのSさんが、気管切開することになってしまった。

もう彼の口から私の名前が呼ばれることはないんだなって、元上司の話を聞きながら思ってた。

 

 

wind and sun
「北風と太陽」両方になることが介護士の対人援助技術のコツ。




YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

!4138,

今回のBGM-AppleMusicを利用している方は からライブラリに追加できます。

-エッセイ, 副業介護士の動機
-

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.