エッセイ 介護士

同僚の介護士の言葉遣いの悪さを治すには?

投稿日:2017年3月29日 更新日:

言葉遣いの悪さに気付く介護士もどこか悪い。

見ていて明らかに言葉遣いや態度がおかしい介護士さんいませんか?

もしいたとしたら要注意です。「その人が」ではなく、「その現場が」です。

その介護現場に見習うべき優秀な人がいない可能性があります。優秀な介護士がいれば、すでにみんなが、その人の言動を真似しているはずなので、同僚の言動に納得できない人も含めて、その現場はうまくいっていない可能性があります。

他者からみて不快な対応をし続けるのは、その人にとってその対応がベストとなってしまい、それ以外の方法がわからないからでしょう。

問題行動をスムーズに治めている人がそばにいれば、誰もがその人のマネをしているはずです。

「あの人言葉遣いが悪いな」と眺めているその人自身もうまく問題行動を解決できていない可能性があります。

そばで良くないと思いながらみているけれど、実際のところその良くない対応以外に思いつく対応が見つけられていないのではないでしょうか。

もし職場に言葉遣いが悪い介護士がいて不満に思っているのであれば、あなた自身が人にマネをされる介護士を目指すといいかもしれませんね。

良くも悪くも、マネされるというのは結果を出していると思われているからです。そしてマネをされるようになったら今度は自分の介護方法が間違ったほうへ向かわないように修正していくことが大事です。

 

介護に目的は単一、技術は多様。

介護施設の健全性を示すのに「笑顔」が取り上げられることが多々あります。それを目にするたびに違和感をおぼえ、「介護施設ってもっと自然体でいられるる場所でもいいのにな。」私はそう思って介護士をしています。

「この人の前では楽しい」と思えるだけじゃなく、「この人の前でなら泣ける」とか「この人の前でなら怒れる」とか。

それをひとりの介護士がすべて担えればパーフェクトですが、私はいろんな介護士がいて、それぞれが違った役目を担っていていいと思うんです。

介護施設には笑顔ばっかりじゃなくって、泣き顔や怒った顔があってもいいと思う。

介護士の仕事に誇りをもっている方からすると、自分が正しいと思っていることとは違った振る舞いをする同僚の態度が気に食わなかったりすることも多々あると思います。けれど、それが全て利用者にとってマイナスだと決めつけるのは良くない気がします。

みんながみんな同じ振る舞いで対応をする介護環境というのは、人間味にかけてしまう気がするのです。

目的は決めておくべきだと思います。この人にはこういう目的があって接しているという目的。

その為の方法は個性があってもいいのではないでしょうか。それも介護技術のうちのひとつ。拳法の流派のような違い。

以前にも話しましたが、北風と太陽のようなことです。目的は同じだけれどアプローチの仕方が違う。どちらかが悪いということではなく、どちらも結果としては同じかもしれないということ。

ただ介護される側の人の気持ちは考えないといけません。

考えないといけないけれど難しいのは、喜ばせていればいいかというとそうでもなく、それが介護のおもしろいところです。

 

 

wind and sun
「北風と太陽」両方になることが介護士の対人援助技術のコツ。

続きを見る

嫌う事を言って愛される介護士がプロ/映画【世界一キライなあなたに】の感想。

続きを見る





-エッセイ, 介護士

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.