LGBTQ ライフスタイル

我が子が同性愛者だと思ったなら居ることを求めてほしい。

投稿日:2016年11月7日 更新日:

modern-family

http://tv.foxjapan.com

「なぜ我が子が同性愛者に?」

その疑問を投げかけて白黒はっきりさせようとするのはちょっと待ってください。

同性愛者として生きる私からのお願いです。

 

理想の家族像は海外ドラマ・モダンファミリーにある。

家族が同性愛者であるかもしれないと悩んでいるのなら、ぜひ参考にしてもらいたい海外ドラマモダンファミリーを紹介したいと思います。

ドキュメンタリー形式で展開するアメリカのコメディ・ドラマ。放送開始以来、3年間プライムタイム・エミー賞 作品賞 (コメディ部門) を受賞。ゴールデングローブ賞コメディ/ミュージカル番組部門で作品賞を受賞。2010年度の高視聴率ランキングで16位を獲得し、1話あたり160万ドルの利益を生み出す。
出典:モダン・ファミリー

三家族が交わる日常をコメディタッチで描いているドラマ。

若い女と再婚した父親家族、個性豊かな3人の子供がいる娘家族、同性愛者のパートナーと養子に迎えた少女と暮らす息子家族。

アメリカへ行けば、リアルに存在しているのはないかと思うくらいに親近感を持ってしまい、見ている自分も同じ世界で生活しているような気になってしまいます。

基本はコメディドラマですが、家族や友人にセクシャルマイノリティがいたらどのように接するかというのを意識してぜひ観ていただきたいです。

家族全員が同性愛の息子を受け入れていることが前提に物語がすすんでいくのがモダンファミリーの特徴です。

同性愛を取り扱うドラマには、カミングアウトされた親が泣き、悲しみを乗り越え最終的に受け入れる、というお決まりの流れがあります。

この一連の流れを終えなければ同性愛のドラマは成り立たないものだと思い込んでいましたが、この家族はフランクです。すごく頭使って頑張って受け入れましたみたいな感じではないところがポイントです。

観てもらうとわかるのですが、誰一人として彼らが同性愛者なのを特別視して接してません。同性愛者特有の習慣なんかは、ジョークにして盛り込んでいるけど、同性愛者が「良いとか悪い」「間違っているとかそれでいい」とかは全く言及しません。笑いにはするけれど、笑いにするために着目しているポイントが、日本と少し違います。

日本のテレビでは、同性愛者は笑いのネタとして扱われていることが多いですが、このドラマでは一般人として暮らす同性愛者の日常が描かれているので、私のように同性愛者であることを隠している人が観ても、将来はこんな世の中になるかもしれないと思えるし心が温かくなります。

 

 

同性愛者と障がい者。

ここからは、海外ドラマ・モダンファミリーの話題から逸れますが。介護の仕事をしている私が思う「同性愛者と障害者」について書かせてもらいます。

私がはじめて介護の仕事をさせてもらったのが重度障害者の入所施設でした。家族に見放されて施設に入所することになった人たちの世話をすることが仕事だと、その当時の私は思っていました。

何も生み出すことのない生きる価値のない人間を、多額の税金を使ってまで無理やり生かせている。それが自分の仕事。意味のある仕事なのか疑問を抱いていました。つまり私は相模原障害者施設で事件を犯した犯人と同じことを思っていたのです。

だけどずっと側でみていると、ちょっとした体の動きや声で訴えている、快・不快くらいはわかってくるんですね。同じ人間とは思えないような見た目をしている人でも、頭ははっきりしていてこちらの言っていることが伝わっているとわかったり。

はじめは「私が手を貸して無理矢理この人たちを生かす意味はあるのだろうか。」という疑問をもちながら仕事をしていたのが次第に、

私の気の持ちようひとつだけでも、目の前にいる人に生きる理由を与えられるのではないかと考えるようになりました。

うまく説明できないけれど、

求められれば、人はその場所に居ることが許されると思うんです。

誰かひとりにでも「居てほしい。」って言ってもらうことができた人は、その場にいる言い訳ができるんです。

マイノリティかどうかなんて関係なく、誰か一人にでも居ることを求められれば、人はそこに居る理由ができる。

生きる理由の見つけられない人に、生きる理由を与えられるのが家族の役目ではないでしょうか。

ただ「居てほしい。」と求めるだけでいいんです。

 

>>>モダンファミリーは「U-NEXT」で配信中です。

 

 

 

母の日に贈る12曲。ありがとうが伝わるおすすめの歌。

-LGBTQ, ライフスタイル

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.