エッセイ 少額寄付

保護犬をセラピードッグに育成!日本レスキュー協会に少額寄付。

投稿日:2017年3月15日 更新日:

保護犬をセラピードッグに育成!日本レスキュー協会に少額寄付。

前回の千円寄付「殺処分ゼロ活動とセラピードッグの繁殖を同時に掲げる違和感。|ドッグセラピージャパンに少額寄付」で学んだことを今回は活かしたいと決めていたので、わりとスムーズに寄付先は決められました。

「盲導犬 殺処分ゼロ」

検索結果を見ていると、デヴィ夫人のブログにヒットしました。

デヴィ夫人は盲導犬制度反対という内容をブログに綴っています。

参考〝盲導犬制度の廃止〟に 沢山のコメント ありがとう/デヴィの独り言

私も前回の寄付で感じた違和感がそういうことなんですよね。

私は盲導犬の繁殖には反対しませんが、殺処分ゼロ活動を掲げながら繁殖することに反対します。

そんな違和感を全て解決してくれるような活動をされていたのが、今回の寄付先である、認定NPO法人日本レスキュー協会です。

 

認定NPO法人 日本レスキュー協会とは。

動物福祉・保護の観点から殺処分ゼロを目指している日本レスキュー協会。

兵庫県伊丹市に、日本レスキュー協会のセラピードッグメディカルセンターがあり、犬舎では犬達がセラピードッグやレスキュードッグになるための訓練を受けています。ほぼ毎月見学会を行っているそうです。

セラピードッグメディカルセンター見学のご案内

毎月 見学会を開催しております。見学希望日の前日までに日本レスキュー協会事務局(TEL.072-770-4900)までお申し込み下さい。

※夏季や都合により見学会を開催出来ない月もありますので予めご了承下さい。
出典:セラピードッグメディカルセンター

 

日本レスキュー協会3つの活動

  1. 災害救助犬(レスキュードッグ)の育成・派遣
  2. セラピードッグの育成・派遣
  3. 動物福祉・保護・愛護活動
    出典:活動内容

文字だけをみれば、他の団体との違いというのはわからないです。本当にぱっと見じゃわからない。詳しく知ろうとしなければみな同じ活動をしているようにしか見えません。が実際は違うのです。それを私は500円寄付をすることで最近気づき始めました。

犬はペット。ペットは人間のもの。という勝手な思い込みをしてしまいがちですが、そうではなくて、犬は犬として本来の生き方がある。けれど、どうか人間に力を貸してほしい。そういう想いで活動をされているように感じられるのが、日本レスキュー協会の活動です。

 

元保護犬にセラピードッグとして生きる道を与える。

まず保護することが目的であり、その次にセラピードッグの育成があります。

ここが前回のドッグセラピージャパンとの違いです。

 

セラピードッグ訓練中の「希(のぞみ)」を応援する。

2015年3月に高知県幡多福祉保健所から、殺処分される予定だった3頭の仔犬を緊急保護いたしました。
3兄妹の中で一番小さな女の子に「希望に溢れる未来になるように・・・」との思いを込めて、「希(のぞみ)」と名付けました。
保護当時、人の手からおやつを食べることも出来ない程怯えていましたが、毎日人と接する事によって、徐々にスタッフになつくようになり、1ヶ月後くらい経つと、スタッフの姿を見つけると元気いっぱいシッポを振ってくれる程になりました。ただ、少しずつ人と触れ合うことに慣れてきたものの、知らない人や知らない場所には未だに怖がってしまう希ちゃん…。
兄妹で7月に受けた潜在性テストで課題はあったものの無事に合格。現在は少しずつセラピードッグになるための訓練を続けています。

 

今回私はこのセラピードッグ訓練中の保護犬「希」に千円寄付(500円寄付ができなかったので)をしようと思います。

保護犬「希」の寄付はこちらから >>> 希(のぞみ)のスポンサーお申し込み

災害救助犬として訓練を受ける保護犬「龍馬(りょうま)」もスポンサーを募集しています。

日本レスキュー協会のサイトでは、きちんと活動の収支報告が掲載されているので、どのように寄付金が使用されているのかを知ることができます。

 

余談:広告費を払って得るのは知名度?活動費?

寄付先を探すのに、毎度グーグルで検索するわけですが、広告費を払って掲載していると思われる団体が多いんですよね。まんまと私はグーグルの検索上位に載っている団体からクリックしていくわけですが。

グーグルの広告枠に表示される動物愛護団体は広告費を払って掲載しているのでしょうか。

動物愛護団体が得られる資金は広告費を上回るということを意味しているのでしょうか。

今後、動物愛護団体のお金の使い方みたいなものを知れたらなと思います。

何事においても実際に足を運んで自分の目でみて確認することの大切さみたいなものを感じます。今のままでは、グーグルのオススメに踊らされている感が半端ないです。

検索窓に打ち込む言葉選びが本当に重要なんだと思います。

知らないことは一生知ることができない気がするし、気付かないうちにグーグルに導かれている情報を自分で知りたくて知ったような気持ちになっていたりすることも多々あるように感じます。

保護犬をセラピードッグに育成!日本レスキュー協会に少額寄付。

るる子
後日パンフレットを送ってくださいました。ありがとうございます。

 

肉を美味しそうと思うのはなぜ?アニマルライツセンターに少額寄付。




-エッセイ, 少額寄付

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.