LGBTQのQ エッセイ

浮気しない人なんているの?できないの間違いじゃなくて?クリぼっちが浮気を考察する。

投稿日:2016年12月24日 更新日:

クリスマスに会えないなんて。

仕事だと言っておいて他の誰かと浮気してるんじゃないだろうか。

あぁ、そんな頃もあったなと犬の頭をいつもより強く撫でながらイブを迎えるクリぼっち。

 

男も女も浮気心は標準装備。

浮気をしない人というのは、浮気できそうな場面に遭っても、ぐっと堪えられる人をイメージしますよね。

だけど実際は、浮気しない人は、浮気しないんじゃなくて、浮気できないだけと私は考えます。

浮気するかしないは置いておいて、浮気心なんてほんとは誰もが持ってるもの。

だからどこからともなくタイプの人が現れてお誘いされたら誘いにのって当然。

浮気をする人は、どこからともなくタイプの人が現れる環境に身を置いているのです。

浮気をしない人は、どこからもタイプの人が現れない環境に身を置いているのです。浮気がしたくてもできないのです。

交友関係の広い人が浮気するのは確率の問題。

それを理解し相手の浮気心を許せるかどうかで、2人の関係がこれからも続いていくのかがわかります。

恋人が浮気心を持つことすら許せないという人の恋愛はそう長くは続かないでしょう。

浮気ができる環境がばっちり整った状況で、浮気をしない人なんてそうそういないのです。

 

浮気を防止するために何をどう頑張る?

ちょっと私のセクシャリティがマイナーなので参考にならないかもしれませんが。

恋心なんて三年続けば良いほうでしょう。そこからは、恋人同士でも友達に近い関係へ近づけたほうが気が楽かもしれません。

友達だったら他の誰かと抱き合ってても許せるし。同性愛者は交際相手を「パートナー」と呼ぶ人が多いけど、「パートナー」っていい表現だと思う。恋愛関係としては落ち着いてしまったけれど、別れる理由もないから一緒にいる。そんな相手を「パートナー」という言葉で表しているのだと思う。異性間の夫婦も恋人夫婦を無理に続けようとするんじゃなく、時期が来れば「パートナー」だと思えばいいんじゃないかな。

浮気心なんて食欲みたいなもの。

食欲があったって、さすがに同じものばかり食べていたら飽きてしまう。たまには他のものが食べたくなるのが普通です。

そんな時に、手の届く所に美味しそうなものがあったら手を伸ばすだろうし、手の届く所になければ自分から探しに行く人だっているでしょう。食べ飽きたものを食べなくなっても、食欲がなくなるわけではありません。

食べなければ腹は減るのです。満たすには食べるしかないのです。

つまり欲を満たしてやらなければ浮気は防止できないのです。

互いに飽きた肉体を使って、どうやって今更相手を満たしてやることができるというのか。若い者にかなうはずがありません。

何をどう頑張ることができるでしょうか?

自分だけがボディを磨いて振り向かせようとするのも何か違う。

自分において考えてみても、欲求をコントロールできるくらいなら、私は今頃とっくに同性愛者をやめて、女性と結婚して子供に囲まれて暮らしてるはず。欲というのはほんとにどうにもならないものなんです。

かといって恋心や浮気心が悪いものかというとそうではなく、それらがあるおかげで見ず知らずの他人に興味っているのは間違いないし。

浮気心は止められません。

クリスマスイブに浮気も疑われず放っておかれる私。

浮気をしない良い人なんかじゃない。

浮気もできないただの甲斐性無し…

 

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-LGBTQのQ, エッセイ

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.