ガジェット 支出 暮らしのアイテム

ソフトバンク系の格安SIM。b-mobileが通話とデータ1Gで990円プランを発表。DMC‐CM1/CM10のプラエリ化はもう不要。

投稿日:2017年2月3日 更新日:

 

b-mobileの新プランは通話とデータ1ギガで990円。

2017年11月2日、DMC-CM1に良さそうな新プランが発表されました!

通話とデータ(1ギガ)の両方が使えて、月990円。

これで、ソフトバンク系の格安SIMが、auやドコモよりも料金が高くなるという心配をせずに利用できますね。

b-mobileがソフトバンク系の格安SIMを発売してくれたことによって、DMC-CM1/CM10をプラスエリア化する必要はなくなると言っていいと思います。

参考電話とデータが両方使えて月額990円/b-mobile

 

DMC-CM1で通話するならプラチナバンドは必須。

私はプラスエリア化したDMC‐CM1にドコモ系格安SIMを刺して使用しているので、プラチナバンドの電波をつかむことができ、ほとんどの場所で圏外になることなく使用することができています。旅行で山間部に入った時も快適です。

意外な改善として通話品質が向上したのには驚きでした。当方田舎に住んでいるのでプラエリ化する前は頻繁に途切れてしまい電話なんてできたもんじゃなかったのですが、プラエリ化後には途切れることもなく快適に使えています。たぶんこれが原因でLUMIX CM1から通話が除かれてしまったのだと考えています。

DMC‐CM1の通話には3G回線を利用しています。DMC-CM10の方で、データ通信SIMでIP電話アプリを使用して通話をしたいと検討されている方にもおすすめできます。もちろん、通話はしなくても、あちこち持って出かけたいなら、プラチナバンドがつかめるので快適になるでしょう。

 

DMC-CM1の対応バンドはソフトバンクと一致する。

WCDMA(3G)1119
ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
DMC‐CM1+A+A

ドコモFOMAプラスエリアと同じような役目をしているのが、ソフトバンクのBand8で、表の通りDMC-CM1はソフトバンクのプラチナバンドに標準で対応しています。ドコモFOMAプラスエリア・Band6/19(800MHz)は、主に山間部や都市部の建物内での電波状況改善を目的として使用されます。DMC-CM1は、ドコモのプラスエリアに対応していないのが欠点でした。(+Aのマークはプラエリ化でつかめるようになるバンドです。)

かけ放題の維持費を一番安くするには?ソフトバンクと格安SIMのデュアルシムがおすすめ。




YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-ガジェット, 支出, 暮らしのアイテム

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.