ブロガー

集客できる書き方を指導するブログからは技術だけを頂戴する。

2018年2月3日

集客できるブログの書き方について調べていると、自然と指導者側のブロガーさんを目にする機会が多くなります。

するとブログの書き方について学んだあと、勉強させてもらったブログを真似して、ブログ運営を教えるブログを同じように作ってしまいがち。

だけど、できれば習得した技術を使って、自分を表現できるようになりたいですよね。

先日、大阪であったB'zのLIVE-GYM 2017-2018″LIVE DINOSAUR”へ行って、そう強く思ったんです。

2017年年末のイベントでは、ボーカル稲葉さんの声が出なくなって中止するという前代未聞のハプニングがあったそうで。

その後もずっとコンサートを続けていたので、喉の調子を心配していた私でしたが、喉の不調を一切感じさせない稲葉さんの姿に度肝を抜かされました。

自身が歌い表現することに拘るボーカリスト稲葉浩志から学んだ、ブログの運営方法についてが今回のテーマです。

 

ボーカリスト稲葉浩志から得たブログ運営のコツ。

ライブで Dinosaurを歌っている稲葉さんを見ていたら、表現するっていうのはこういうのをいうんだなーといつの間にかブログに照らし合わせて考えていました。

B'zさん『Dinosaur』の歌詞

 

表現するのに技術を使う

稲葉浩志の歌唱力と頭脳があれば、指導者として生きることも容易いでしょうが、そんな選択はきっと彼の中に存在していません。

彼が歌って伝えるのは、歌い方ではありません。指導するために歌うのではなく、表現するために歌う。

それなのに「こんな歌い方もあるよね。」ってのは、歌い方を知りたい人にも伝わっているはず。

ブログに例えると、

ブログの書き方について書いているわけじゃないのだけどこんなブログも作れるよね。っていうのをブログの運営方法を知りたい人には楽しんでもらえるような。

たぶんそんな感じになると思う。

 

「維持」ではなく「変化」

歌うことへの探求心が半端ない稲葉さん。

「結果はどうでるかわからないけど、まだまだ変われる気がするから、他人には構ってられない。」と言っているよう。

アルバム「DINOSAUR」の中からだとCHAMPくらいしか好きな曲が無かったのですが、生で聴いたDINOSAURが良かった。なぜ表題曲なのかがわかりました。

最近の稲葉さんの歌詞の傾向には、念書声明 CHAMPといった、自身に敢えて重圧をかけるような内容のが多く、この曲もまさにそう。ある意味声明よりも声明している曲。

▼念書

▼声明

▼CHAMP

稲葉浩志さん『念書』の歌詞

B'zさん『声明』の歌詞

B'zさん『CHAMP』の歌詞

YOUTUBEでPVを見たときには楽そうに歌っているので気付きませんでしたが、生の歌声を聴いたときには喉に負担のかかるギリギリのところで歌っている感じがしました。感情がのっている時の稲葉さんていう感じ。

不調を感じた2006年LIVE-GYM"MONSTER'S GARAGE"から12年経った2018年現在。衰えないように維持するだけでも大変なはずなのに、12年前より声が出るようになっています。体力が衰えた分を補っていた技術力がまさかの限界突破。信じられない。

その結果はきっと現状維持ではなく、変化しようとしたから訪れたもの。

 

同じ失敗は繰り返さない

CHAMPは昔の Deep Kissくらい挑戦している曲なんだと思う。

DEEPKISSを声を潰しながら歌いきっていたように、今回のイベントも中止せず、やり切ろうと思えばやり切れたはず。

だけど、ここで無理をして声を潰すと10年かけて取り返したものを失ってしまいます。
同じ失敗を繰り返さないという稲葉さんの考えなんでしょう。

昔だったらDEEPKISSからギリギリchopへ行ってた流れの手前で抑えてる感じ。

それくらい今が調子いいんだと思います。

歌声からは無骨なイメージを受けるが、頭の良さを感じるクレイジーさがほんと大好き。

今回の話をまとめると、

  1. 集客方法を書いたブログからは、技術だけを頂戴し真似をしない。
  2. 習得した技術を使って自分が好きなことを書いてみる。
  3. 変化を求めながらも同じ失敗は繰り返さない。

 

▼″DINOSAUR”の骨太シャフトをほんとに聴いてほしい!

▼この頃と比べて聴いてみて!

 

音楽

【槇原敬之の片思いソング】きっとあなたの叶わない恋を昇華してくれます。

片思いや叶わない恋をしているときって、抑え込んでいても思いがどんどん溢れてきて、感情の行き場がみつからなくて困りますよね。 「映画やアニメのように上手くいかない恋だと頭ではわかっている。」 そんな時は、せめて音楽に浸りながら、恋に恋してるだけだと思えるくらいに酔ってしまってもいいと思うんです。 自分の心に傷をつけてしまう恋愛ではなく、前を向いて歩いていけるような思い出にしましょ。 今回紹介する槇原敬之の片思いソングには、情けない自分をも愛せてしまえるほどの包容力があります。 聴けば聴くほど好きになっていく ...

ReadMore

音楽

大切な人を亡くしたあなたに寄り添ってくれそうな曲を集めました。

祖母が最愛の人を亡くして半年が過ぎました。 受け止められない時期を超え、本当にこの世にいないのを日々実感しはじめているようです。 母親から「松任谷由実の『ひこうき雲』持ってたら、おばあちゃんにCD作ってあげてほしいねん。あの曲が頭に浮かぶらしいわ。」と言われ、オリジナルのプレイリストを作ってみました。 デイサービスでは元気に笑って過ごしているだろうから、ひとりの時くらい自分の気持ちに正直になって悲しんで、また明日からは元気を出そうと思ってもらえるよう、亡き人を思うときにそっと寄り添ってくれるような歌を集め ...

ReadMore

音楽

Spotifyプレミアムの3ヶ月100円に登録してみた。

今回は、3ヶ月100円キャンペーン中のSpotifyプレミアムに登録をして、次の旅のお供にするプレイリストを作成してみました。 Spotifyプレミアムに登録すると、データ通信が行えない飛行機の中などでも、あらかじめ聴きたい曲をダウンロードしておくことで好きな時好きな場所で音楽が楽しめます。 旅に音楽が欠かせない私は、ひとつのプレイリストに聴きたい曲を入れて、旅行中は同じ曲を何度も繰り返し聴くようにしています。 そうすると、何年か経ったあとでも旅先で聴いていた音楽を聴くだけで、その曲を聴いていた場景が自然 ...

ReadMore

音楽

三浦大知のおすすめはバラード曲!真っ直ぐな優しさに癒されるはず。

仮面ライダーの主題歌「EXCITE」の影響で人気に火が付き、激しい曲でも歌って踊れる人として定着しつつある、三浦大知。 ですが、3曲に1曲くらいの割合でシングル曲としてミディアムテンポの曲をリリースしています。 耳に伝わる優しい歌と、音の隙間を埋めるように目に訴えかけるダンス。 ストーリー仕立ての歌詞ではないのに、歌と踊りが合わさることで不思議とメッセージが伝わってきます。音符を結びながら流れるように踊る、三浦大知のバラードをぜひ聴いてみてください。   AMAZON MUSIC HD ハイレゾ ...

ReadMore

安室奈美恵 ワッペン

音楽

安室奈美恵オススメのミディアムナンバー17曲!

安室奈美恵Finallyツアー会場限定ワッペン 「安室ちゃんのHERO聴いたら元気でるわ。」 六十過ぎの母親の口から曲名が出るほどの知名度を獲得した楽曲「HERO」は、2016年8月に開催された、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング。 この楽曲の登場で、初めて安室奈美恵を聴いた若い人もいれば、改めて安室奈美恵を聴きはじめた昔のファンもたくさんいると思います。 安室奈美恵「HERO」を聴くなら、ぜひ一緒に聴いてほしい楽曲がたくさんあるので、今回は私がおすすめしたいミディアムナン ...

ReadMore

-ブロガー
-

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.