副業介護士の動機

副業で介護士として働いている私がそれでも介護を続ける理由など。

エッセイ 副業介護士の動機

「介護拒否には強引に対応するしかないですね。」っていう話。

副業介護士の私が夜勤専従で働くグループホーム(認知症対応型共同生活介護)での話。 日勤の介護職員さんから「(入居者の)~さん先月に入浴してからもう1ヶ月お風呂に入ってないの。どうしたらいいかな。」と話 ...

エッセイ 副業介護士の動機

副業でも介護士は疲れる。心が弱い介護士とありがとうを言わない認知症の婆さん。

たとえ週に一度、副業で勤務しているだけの職場でも、介護士という仕事をしていると、どうしようもないくらい疲れるときがあります。 心が折れそうになり、やるせなさでいっぱいになってくるのです。 心の底から、 ...

エッセイ 副業介護士の動機

嫌う事を言って愛される介護士がプロ/映画【世界一キライなあなたに】の感想。

映画「世界一キライなあなたに」を観ました。 今は副業で介護士をしている私ですが、介護士としての職歴は16年になります。 今日は、この映画を観た感想を、介護士の視点から書いてみたいと思います。 「世界一 ...

エッセイ 副業介護士の動機

亡くなった人のためにも時々は思い出して騒ぎたてたい。

「亡くなった人を話題にして騒ぎたてるのはやめて。家族のためにそっとしてあげてほしい。」 そんな一文を目にして思うことがあったので書いています。 この記事を書いている前日に小林麻央さんが亡くなりました。 ...

エッセイ 副業介護士の動機

施設管理者の業務内容は、介護士が楽をして笑顔でいられる現場をつくること。

「私が生きているせいで、介護士が大変な目にあっている。」と話す利用者がいれば、 「私が大変そうな表情を見せてしまったことで、利用者が罪悪感を感じている。」と話す介護士がいました。 利用者と介護士、どち ...

エッセイ 副業介護士の動機

介護士のやりがいを名前を呼ばれる瞬間に感じる。

長い間正社員として勤めた介護施設を辞めて、数年が経ちました。 今も副業で介護士として働くのは、あの頃のように、私の名前を呼んでくれる人がいる場所を、今度はまた違った場所で築きたいからかもしれません。 ...

エッセイ 副業介護士の動機

介護士の言葉遣いが悪くなるのは利用者がただ憎いから?

言葉遣いの悪さに気付く介護士もどこか悪い。 見ていて明らかに言葉遣いや態度がおかしい介護士さんいませんか? もしいたとしたら要注意です。「その人が」ではなく、「その現場が」です。 その介護現場に見習う ...

エッセイ 副業介護士の動機

あったらいいのに。介護施設併設のドッグカフェを開業したい。

保護犬の居るドッグカフェがあったらいいのになあと思い、今日は書いてみようと思います。 高齢者住宅&若年ひきこもり(もしくは自立度の高い障害者)住宅&LGBT独居中年住宅に併設されるドッグカフェwith ...

エッセイ 副業介護士の動機

認知症がもたらす負の連鎖。介護士は辞めれるけど家族は辞めれない。

仕事だと割り切っている介護士でも認知症を患った高齢者の相手をしていると負の連鎖を引き起こしそうになることがあります。今日はそんな話です。   怒りっぽいボケ婆さんに煽られる介護士。 婆さん「 ...

エッセイ 副業介護士の動機

利用者主体とは認知症の高齢者にハンドルを握らせ続けることではない。

爺さん「家帰るわ・・・」 若者A「じいさん、乗せてくやん。」 爺さん「(こんな若造の言うことなんて信じられるか。)わしは独りで家に帰るんや!!」と大声を出して暴れ出す。 この爺さんと若者のやりとりのど ...

Copyright© ワイライク , 2018 All Rights Reserved.