ブロガー ライフスタイル

10年で何者かになれるよ。どのタイプのブロガーを目指す?

投稿日:2018年10月2日 更新日:

このブログをはじめて、もうすぐ3年目に突入しようとしています。

時が経つのは早いものです。

正職員として介護福祉士をやっていた時からだと5年が経ちます。

私が最後に指導した新人君も今では中堅介護士になって、新人に教える側へと成長していることでしょう。

仕事が出来ないと周りから散々ボヤかれていた同期の彼も、ハードな介護施設のリアルな最前線の現場経験を5年間も私より多く積んできて、もうすぐ職歴20年です。

楽をしている私なんかより、そんな彼の方が今では介護士として上にいるのは間違いない。

会社で5年も仕事をしていれば、気づかぬうちに自分が何者であるかを人に説明できるくらいの肩書は得られます。

ただブログの場合はそうはいきません。

 

ブログを書きながら専門家を目指す?

ブログなんてただのツール。

ブログを書く人は誰でもブロガーを名乗れます。

ブロガーを名乗るだけでは何の説得力もないので、「〇○○について書いているブロガー」と言えるのが理想です。つまり「〇○○の専門家」。

すでに「〇○○の専門家」がブログを書き始めれば、何も迷う必要なんてないんです。

ブログをはじめてから「〇○○の専門家」になろうとするからおかしな事になるし、ものすごく大変。

自分の考えを書くところまで知識がないから、とにかく既成事実を並べます。

それをすると、正直誰が書いてもいい内容の記事しかできません。

「〇○○の専門家」になれるまで、続けられるのかどうか。

本気で「〇○○の専門家」になりたいのかどうか。

新卒フリーのブロガーよりも、今後現れてきそうな定年退職して金も時間も体力も持て余す高齢のブロガーのが圧倒的脅威です。高齢者の方が多いので需要もあります。

仕事では負ける気がしなかった同期が定年まで勤め上げ、定年後に介護ブログを立ち上げられたら、私は専門性で勝てる気がしません。

そんな高齢ブロガーとタッグを組むと良さそうなのが、学校では満足いかない好奇心旺盛な十代かなと思います。

本業として20歳からブログを書き始めた30歳がブログに書く内容と、会社勤めしてきた50歳が60歳で定年退職して暇つぶしにはじめたブログに書く内容。

一方は何者かになるために一生懸命ブログを10年書いてきた、もう一方は他の仕事を10年してきて今からはじめてブログを書く。

同じ10年間なのに、ブログを書きながら何者かになろうとする方が難しいのが現実。

今から10年間与えられます。

あなたは好きなほうを選ぶことができるとしたら、どちらを選びますか?

 

憧れたのはエンタメブロガー。

ブログをはじめようとしたきっかけを思い出してみる。

おそらくきっかけとなっているのは専門家ブロガーではなく、自分にも書けそうな内容のブログでお金を稼いでいるエンタメブロガー。

 

一般人がブログをはじめて偶然短期間で簡単に収益化を成功させる。

簡単に短期間で収益化に成功するという情報に人が集まる。

人が集まるところにはお金が生まれる。

 

今流行りの変なサイクル。

要は芸能人なんだけど、一般人との境目をほとんど感じさせないのが特徴。

Youtubeでも最近よく見かけます。

ヒカキンさんが良い例。

一般人が稼いでいるイメージを維持していますよね。

不本意でも、エンタメで売れたのだから専門家としての振る舞いは不要なんですが、誰にでも書けるような文章で稼いでいるから需要あるのに、「ブログはタイトルが大事!日記みたいな内容はダメ!」とかブログ論を展開していて、なんかもったいないブロガーさんもいます。

下ネタ好きと言ってみたり、セクシャルマイノリティーを名乗ってみたり、何とかして非凡な何者かになりたくなるのでしょう。

何者でもない人間がブログで大金を稼ぐという夢を与え続けるポジションから離れられないでいるエンタメブロガーを見ていると、大人になってしまっているのに、いつまでも子供の演技を求められる子役を見ているような気持ちになる事があります。

エンタメブロガーはほぼ芸能人と言ってもいいでしょう。

エンタメブロガーを目指し、成り切れずに30歳で廃業してしまったとしたら、人生の軌道修正がものすごく大変ですね。

そう考えると楽にお金を稼げそうだからと賭けに出るのは危険。

エンタメブロガーを目指すにしても大変な思いをする覚悟はあったほうがいい結果に結びつきそうです。

 

マッシュアップしたブロガーになりたい。

ブロガーには2タイプあることがわかってきました。

  • 専門分野のブロガー
  • 親近感で人を集めるエンタメブロガー

今のままでは私はどちらにも成りきれません。

ブログをはじめた頃は、ブログ界隈の情報が全てのように感じていましたが、最近になって本業でライターの仕事をされている方々の発言を追っていたら、ブログ界とは全く違う世界で文章を扱っている人たちがいることを知りました。

ブログ界隈で良く聞く「お金を稼ぐためにブログをはじめたけど何書いたらいいの?」というところから抜け出たいなと思うようになりました。

ライターさんのように金銭価値のある文章を書けるようになりたい。

「月収~万円」とか言っている人はまずいなくて、仕事の内容がはっきりしています。

本当に月収100万円を稼いでいるブロガーさんが、「月収100万円の~です。」と自分自身を紹介しているのだとしたら、他人から何者かとして認めてもらいたいほどに、何者でもない自分を自覚している表れかもしれませんね。

ブログに10年を注ぐのであれば、私だってブログを通して何者かになりたいです。

性格上、一つの事で突き抜けられないのはわかっています。

色んな事に興味があって気が多い。

悪く言えば中途半端なんですが、専門知識と文章力と発信力をマッシュアップしたブロガーになりたい。

残りの8年で、何者かになる。

 




-ブロガー, ライフスタイル

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.