エッセイ ブログの書き方

ワードプレスでブログを開始して2か月目の報告。

投稿日:2016年12月1日 更新日:

はてなブログが流行っているなんて知らないから。

ワードプレスでブログを開始してしまい2か月が経ちます。

何の反応もないブログを書き続けることにも少しづつ慣れてきました。

3か月は我慢。」「とりあえず100記事。」といった他のブロガーさんの意見を信じて続けてみようと思います。

ネタに余裕があるのであれば、半年後くらいに読まれることを意識して書いてみましょう。

せっかく書いたのに内容がトレンドのものであれば、旬が過ぎてしまうと記事が埋もれて読まれにくくなる可能性が高くなります。自信を持って言えるのは、ワードプレスでブログを開始し、2か月目で書かれた記事が読まれるのは今ではありません。

AFFINGER4とAll in One SEOで直帰率一桁の2重カウント。

このブログのテーマはAFFINGER4を使用しています。ブログを開始した当時からずっと直帰率が一桁だったのですが、そういうものだと思っていました。

関連稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

アナリティクスで直帰率一桁の場合はトラッキングコードが重複しているかも。

プラグインのAll in One SEOのほうでGoogleアナリティクスのコードを入力し、affinger4の設定にもコードを入力していました。さらに、アナリティクスの説明で自分でコードを埋め込むとか書いていたのでどこかに埋め込んでしまっているようで、実際には3重になっていました・・・。

chromeにTag Assistantを導入することで調べられます。

月末にそのことに気づき、ようやく直帰率30%くらいまで上がってきています。

そんな状態なので、全然正確な数字ではないのですが、PVは1300ほどでした。

アドセンス初クリック。

有難いことです。この1クリックで報われた気がしました。

PINコードは収益が1000円になると発行してもらえます。

早く欲しい。

オウンドメディアを意識して継続する。

どうやらこのインターネットの世界で人と違うことを書くなんてことはほぼ不可能で、似たような内容の記事が量産され続けているそうです。どこかで仕入れた知識を自分のものとして記事を書いているわけですから当然といえば当然のことですよね。

つまり張り切って何かを知ってもらおうと記事を書いても、それはアレンジされたコピーでしかないということになります。一生懸命書いたものだから読んでもらいたい。

なら書く記事すべてで検索上位を目指す、もしくはブログの運営者自身に興味をもってもらう。

私は10年間でセミリタイヤを目指すという目標を設定しています。記事のひとつひとつはセミリタイアとは関係ないけれど、トータルして読み進めていくとセミリタイアに繋がる。10年かけて長い物語を完成させる。そんなブログにしたいと思っています。その経過を見守っていただければ嬉しいです。

月に15万〜20万円あれば生きていけるという確信をもってから、自分にとっての好きな事をしながら生きていくという生き方が現実味を帯びてきました。

 

自分にとって必要なお金と時間はどれくらい?それらを使ってしたい事とは?

大金が欲しいなら、ずっと際限なく頑張らないといけなくなります。したい事に必要なお金がいくらなのかをはっきりさせて、稼いだ後は好きな事をして生きていく。

年を取ってくると時間がすごく貴重に思えてきました。私が好きな夏も寿命で数えると、健康に迎えられるのはもうあと30回くらいしかないんですよね。10年後にセミリタイアに成功できたとして自由に動き回れる夏を過ごせるのは、残り20回もないかもしれない。

ブログ失敗例から学ぶ。ドメインパワーを効果的に上げる方法。

スマホ記事下

YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-エッセイ, ブログの書き方

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.