ガジェット 暮らしのアイテム

auスマートバリュースタートサポートを申請する。解約後でも明細書はショップで簡単に発行してもらえます。

投稿日:2017年2月27日 更新日:

先日docomoからauに乗り換えてきたのですが、auのほうで契約した内容がキャンペーンの対象となり、docomoの解約金相当額のポイントが還元されることになりました。

当然ショップのほうで手続きしてもらえるのだろうと思っていたのですが、「docomoの解約金がわかる明細書が届いてから自分で記入して明細書を同封して郵送してください。」と何やら書類を渡されました・・・

auスマートバリュースタートサポートというキャンペーンが適用されたようです。

 

2017.3.17(追記)

結果から申しますと申請が通らずキャッシュバックがもらえなくなりました。

理由は、auIDを統合してしまったから。

新しく契約した回線すべてに1枚ずつau wallet カードが発行されます。届くまでに数日かかりますが、届いたらすべて1枚ずつ利用開始手続きをしてください。そうすることで、キャッシュバックは1回線につき1枚ずつau wallet カードのほうの返還されますので。私のようにキャッシュバックを1枚のカードにまとめようとすると失敗しますのでご注意ください。

申請書を送った後に、ポイントを一枚のカードにまとめたいと考えて、auIDを統合したのですが、不安になってきたので157のサポートに電話をかけて確認しました。

すごく冷たく、「今回はキャッシュバックの対象外となります。」とのこと。ちょっと意味がわかりませんが、サポートの人の冷たさにもう何も言えませんでした・・・

もうひとつ確認したのが、申請が通らなかった時もメールで通知がいただけるのかどうか。

申請が通らなかった時は、何も連絡はされない、とのことです。ご注意ください。

(追記終り)

 

auスマートバリュースタートサポートとは。

auスマートバリュースタートサポートとは、

1、対象のauスマートバリュー提携固定通信事業者に新規加入することで、他社インターネットサービスの解約違約金相当額がau WALLET プリペイドカードに還元されます。

2、auスマートバリューに新規お申し込みで他社携帯電話の解約違約金相当額が還元されます。

auスマートバリュースタートサポート

今回私は固定代替ルーターという契約でポケットWiFi(Speed Wi-Fi NEXT W03)を購入したことでスマートバリューが適用され、2の他社インターネットサービスの解約違約金相当額の還元を受けることができることになりました。

固定代替ルーターとは、auひかり等のスマートバリュー提携固定通信事業者のサービスがエリア外(エリア外かどうかは自己申告で可)の方が、ルーターを固定通信サービスの代わりとして契約することでスマートバリューが適用されるといったものです。料金やサービス内容も一部異なるところがあります。

参考対象の固定通信サービスが提供エリア外の方:auスマートバリュー

 

スタートサポート申請書。

そして渡された書類がコチラ↓

他社固定インターネット回線の解約違約金があれば、そちらも還元されます。

解約したdocomoの明細書の入手方法。

ショップで店員さんがMNPの手続きをしてくれていた時に、私はこの申請書が気になりずっと眺めていたのですが、ひとつ疑問が浮かびました。

ドコモを解約→ID消える→web明細見れない→明細手に入らない?!

もうソワソワして落ち着きません。ひと通り事務手続きが終わり、ショップを出てもいいと言われたので、その足でドコモショップへ行って確認してきました。

結果から言うと、解約した月の翌月になれば、解約後も明細書はドコモショップに行けば出してもらうことが可能です。

「auのほうで、解約したドコモの明細書が必要なのですが~」と伝えると、

「すぐお出しできるのでお待ちいただけますか?」

「はい、待ちます~」と伝え、店員さんしばらくして戻ってきたのですが、

「2月の明細書は3月に入らないと出せないので、3月7日以降に来ていただけますか?」とのこと。

手に入らないかもと思っていたものが、手に入るとわかったので、喜んで「ではまた来ます!」と言って店を後にしましたが、良く考えると3月まで待ってられない・・・

 

還元時期について。

さきほどの書類には、申請受付から約1か月後に還元されると記載されています。つまり、郵送をして向こうに届いてから申請受付が完了するので、

3月7日にドコモの明細書を入手して、すぐに郵送したとしても、申請受付は3月中頃になるでしょう。そこから還元対象者として確定するのにも日にちが掛かることが予想されます。

そこから、1か月後と言うと4月に入ってしまいますので、キャッシュバックを得るためには少なくとも2か月は解約できないことになり、2か月分の利用料がかかることになります。

今回私が得られるキャッシュバックは3回線で3万円くらいなので、2か月間の利用料が3万円を超えるなら、還元を待たずに解約したほうが良いということになります。

 

かけ放題の維持費を一番安くするには?ソフトバンクと格安SIMのデュアルシムがおすすめ。
固定回線代わりに使える!モバイルルーター「SAKURAWiFi」をレビュー。




YLike

YLike

数あるサイトの中からお越しいただきありがとうございます。 私にとってセミリタイアとは好きに働き暮らすこと。 限りある時間を好きなモノだけで埋めていく暮らしを実現するために、 「あの時しておけばよかった。」 と思うことを、今はじめればきっと間に合う

-ガジェット, 暮らしのアイテム

Copyright© ワイライク , 2019 All Rights Reserved.